大阪でコーチングを受ける-体験セッションや入門セミナーを活用する

コーチング大阪コミュニケーション

コーチングという言葉を耳にする機会が増えています。そして、個人の目標達成や課題解決のために、コーチングセッションを受けてみたいと考えられる方が増えています。しかし、その時、どのようにしてコーチングセッションを受ければ良いかわからない人も多くいます。

大阪では、対面でもオンラインでもコーチングが受けやすい環境が整っています。しかし、コーチングセッションを受ける前に、理解しておいてほしいことがあります。それらを整理しました。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

コーチングを受ける目的

コーチング・コミュニケーション研修

コーチングセッションを受ける方の理由はさまざまです。大きな理由で言うと、「目標達成や課題解決のために相談する」となります。

コーチング自身、とても汎用性のあるスキルなため、さまざまな課題に対応することができるのです。同じようなテーマの相談対応についてアドバイスや提案をくれる、アドバイザーやコンサルタント、代理で解決してくれるサービスなども存在します。

さまざまなサービスがある中、コーチングを選ぶ理由はどうしてでしょう。

 

 

コーチングとは

コーチングが他のサービスと異なるところは、「アドバイスや提案がない」というところです。解決方法を教えてもらえないということです。問題や悩みを自分で考えなければなりません。

それで解決するの?教えてもらった方が解決早いのでは?と感じると思います。

これらの疑問はその通りです。教えてもらった方が早いです。しかし、教えてもらったらできるかどうかは別問題です。

たとえば、「簡単ダイエット本」が何冊も販売されるのはどうしてでしょう?アドバイスされてもできない場合も多いのです。情報はインターネット上にもあふれています。

問題の解決方法は人それぞれ自分に合った方法があります。それぞれに合った方法は、本人しかわかりません。また、方法がわかったところで、それを実施するかしないかは、本人のモチベーションに左右されます。いくら方法を教えたところで、本人のモチベーションが低ければ行動にうつりません。

そのモチベーションの種を引き出すこともコーチングの目的です。

 

 

コーチングを受ける効果

コーチングを受ける効果はさまざまです。上述したように、モチベーションや自分に合った解決方法を引き出すことができるというものがあります。

その他には以下のようなものがあります。

・目的、目標が明確になる
・視野が広がる
・考え方が柔軟になる
・考える力がつく
・発想力が高まる
・ポジティブな面にも目が向けられるようになる
・行動力がつく
・自己理解が深まる
・自信が高まる
・人間関係が良くなる
・成長する

さまざまな効果があります。大きなメリットは「考える力」です。「考える力」がつくから、問題解決力が高まります。

解決方法を教えてもらう習慣がついていれば、逆に「教えてもらって無いから動けない」と言い訳するようになります。

 

 

 

コーチングの受け方

コーチング・コミュニケーション

コーチングの受け方は、大きく分けて2通りです。

実際に会って、対面セッションを行う方法と、電話やインターネット通話を活用してセッションを行う方法があります。大阪などの都市部では、対面セッションも可能ですが、地方の場合はオンラインセッションがメインになると考えられます。

それぞれについて、メリット・デメリットがあります。その特徴を理解した上でコーチングセッションを受けることが大切です。

 

 

対面セッション

直接会って、カフェなどでコーチングセッションを受けます。その際、コーチの交通費やドリンク代はクライアントが負担する場合もあります。

対面セッションのメリットは、コーチングセッションの効果が高まりやすいということがあります。コーチのタイプに左右されますが、対面の方が声だけでなく、表情やしぐさなどの情報が得られるからです。

デメリットは物理的な距離になります。近くに受けたいコーチがいなければ、対面でのコーチングセッションは難しいことになります。

 

 

オンラインセッション

電話やSkype,Zoomなどでコーチングセッションを受けます。直接会わないで音声のみのコーチングセッションになります。通話代はクライアントが負担することが一般的ですが、最近は無料通話やかけ放題プランを活用することが多いです。

オンラインセッションのメリットは、物理的な距離が問題にならないため、移動の時間が必要ないということです。デメリットは、コーチに表情やしぐさなどからの情報のフィードバックがもらえないということです。

コーチによっては音声だけに集中した方が、コーチングセッションしやすいといわれる方もいるので、必ずデメリットかといわれると、そうではありません。

 

 

 

コーチングを受ける際の注意事項

コーチング・コミュニケーション

コーチングを受ける際には、注意していただきたいことがあります。コーチングスキルは効果的なものですが、その効果の強さはコーチごと異なります。最適なコーチを探す必要があります。

また、コーチングセッションにもデメリットは存在します。デメリットを理解した上でサービスを受ける必要があります。

 

 

コーチを探す

コーチングセッションを受ける目的で、コーチをインターネット上で検索すると数多く見つかります。どのコーチを選んだら良いかわからないかもしれません。実際、コーチとの相性もあるためわかりません。何人かのコーチの体験セッションを受けて確認する必要があります。

その際、コーチを絞り込むための、基準を紹介します。

1.コーチングセッションを受ける目的を明確にする

コーチは得意分野を絞り込んでいることが多いです。

以下のようなカテゴリーがあります。

・ライフコーチ:人生全般の課題を扱う
・エグゼクティブコーチ:経営者を対象
・ビジネスコーチ:ビジネス全般の課題を扱う
・起業コーチ:起業する人をサポートするコーチ
・メンターコーチ:プロコーチのためのコーチ
・マネーコーチ:お金の課題を扱う
・恋愛、婚活コーチ:恋愛や婚活のテーマを扱う
・英語コーチ:英語の上達を目的
など

ライフコーチが一般的に言われるコーチングです。課題を特定したコーチングになるほど、その課題に必要な視点の質問が重点的に行われます。

さまざまな肩書のコーチがいるので、まず「なんのためにコーチングを受けたいのか」を明確にしてください。「なんのため」がわからない場合は、ライフコーチを選びます。

2.対面かオンラインか決める

コーチングのセッションを対面でうけるのか、オンラインでうけるのかを決めます。オンラインであれば、全国のコーチから検索することができます。対面であれば、お住まいの地域から検索する必要があります。

たとえば大阪のライフコーチを探すのであれば「大阪 ライフコーチ コーチングセッション」などで検索します。

コーチングスクールに登録されているコーチから探すのも可能ですが、コーチングスクールごとにコーチングセッションの方法が似ている場合もあります。複数のコーチから体験セッションを受けるのであれば、スクールをわけてみることがオススメです。

3.体験セッションを受ける

気になったコーチと連絡をとって体験セッションを申し込みます。無料で実施しているコーチもいますが、有料の体験セッションが一般的です。上述したように、コーチによってタイプがさまざまです。相性がありますので、何人か試すことが大切です。

1回の体験セッションで何か解決するわけでは、ありません。どちらかというと、価値観やサービスに対する考え方、セッションの雰囲気など相性を確認する場になります。

4.コーチングセッションの契約をする

気に入ったコーチが見つかって、価格や期間、セッション方法などに同意できたら、契約に進みます。オリエンテーションを行った後、継続的なコーチングセッションに移ります。コーチングは1回30分~1時間を2週間に1回もしくは1ヵ月に1回、3ヵ月から1年間の長期契約で行われることが一般的です。

上述したように、課題を解決するには、行動することが重要です。各セッションで決まった行動を、セッションとセッションの間で実行することで、課題解決に向かいます。

 

 

コーチングの特徴を理解することが大切

コーチングは効果的といっても、やはり苦手なことやデメリットも存在します。コーチングセッションを受ける際、コーチングの特徴を理解した上で受けることをオススメします。

コーチングの特徴については以下のようなものがあります。

・コーチングは課題解決まで時間を必要とする

コンサルティングやティーチングのように、アドバイスした方が課題解決は早いです。コーチングは自分で考えて課題を解決するため、時間がかかります。「課題の解決」と「自身の成長」どちらを優先するか、状況に合わせて判断する必要があります。一般的にコーチングは「緊急では無いが、重要である課題」に向いているといわれています。

体験セッションで課題が解決しなかったからといって、コーチングが効果がないと判断しないようにしてください。上述したように、体験セッションはコーチとの相性などを確認する場です。

・コーチングはコーチのスキルに左右される

他のサービスと同じです。たまたま入ったラーメン屋さんが美味しくなかったからラーメンは美味しくないものとは決めつけないでしょう。コーチングもあるコーチの体験セッションが良くなかったからといってコーチングは良くないものとは決めないでください。

コーチとの相性もありますので、複数のコーチの体験セッションを試してみてください。

・「それは目標ではなかった」と気づく場合もある

上司が部下に、親が子どもにコーチングセッションを行う場合の注意点です。コーチングはモチベーションを引き出すスキルと一般的に言われていますが、「やりたくないことをさせる」スキルではありません。

逆に、「それはやりたい事では無かった」と気づく場合もあります。コーチングスキルとして、それはメリットと考えます。「やりたくないこと」と気づかずにやり続けるよりも、早く切り替えることができるからです。

以上のような特徴がコーチングにはあるのだと認識したうえで、コーチングセッションを受けてみてください。

 

 

 

コーチングを受けて目的を達成しましょう

事業承継

コーチングが日本に入ってきて20年ぐらいになりますが、まだまだ普及しているように感じません。そのような中、コーチングセッションを受けてみたいと興味を持ってくれる方がいることを嬉しく思います。

アメリカでは7割の経営者がコーチをつけると言われています。コーチングのセッションを受ける効果が広く知られていると聞きます。

まずは体験セッションを受けてみてください。

そして、コーチングスキルを学ぶことも検討してください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】