コーチングを「受ける・学ぶ」前に知っておきたい注意点

コーチング大阪コミュニケーション

コーチングときいて、どのようなイメージを持ちますか?

 

怪しい、よくわからない、カウンセリングみたいなもの?などさまざまなイメージを耳にします。

一方で、習得しておいた方が良いスキルと気にされている方も多いです。

 

コーチングは、社員教育などで活用するイメージが強いかもしれません。企業間競争がグローバルに広がる中、競争に勝ち抜くには、社員の主体性がとても重要だからです。

 

ーチングは社員教育以外の場面でも活用されます。コーチングは幅広い効果があります。

 

コーチングといっても、定義がさまざまです。コーチングには「受ける効果」「学ぶ効果」の両方が存在します。

 

コーチングを受ける際にも、学ぶ際には、さまざま注意点も説明します。

 

 

【コラム】コーチングのビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

【目次】

 

コーチングを受ける

コーチングという言葉を耳にする機会が増えています。個人の目標達成や課題解決に、コーチングセッションを受けてみたいと考えられる方が増えています。

 

どのようにコーチングセッションを受ければ良いかわからない人も多くいます。近年では、対面でもオンラインでもコーチングが受けやすい環境が整っています。

 

コーチングセッションを受ける前に、理解しておいてほしいポイントについて整理しました。

 

 

 

コーチングを受ける目的

コーチング・コミュニケーション

コーチングセッションを受ける方の理由はさまざまです。大雑把にいえば、「目標達成や課題解決のために相談する」となります。

 

コーチング自身、とても汎用性のあるスキルであるので、さまざまな課題に対応ができるのです。

 

同じような目的に、アドバイスや提案をくれる、アドバイザーやコンサルタント、代理で解決してくれるサービスなども存在します。

 

さまざまなサービスがある中、コーチングを選ぶ理由を説明します。

 

 

 

コーチングとは(受ける場合)

コーチングが他のサービスと異なる点は、「アドバイスや提案がない」です。解決方法を教えてもらえません。問題や悩みを自分で考えなければなりません。

 

それで解決するの?教えてもらった方が解決早いのでは?と感じます。

 

これらの疑問はその通りです。教えてもらった方が早いです。

 

しかし、教えてもらったらできるかどうかは別問題です。たとえば、「簡単ダイエット本」「簡単英会話の本」が何冊も販売されるのはどうしてでしょう?

 

教えてもらっても、できない場合も多いのです。情報はインターネット上にもあふれています。

 

問題の解決方法は人それぞれ自分に合った方法が存在します。それぞれに合った方法は、本人しかわかりません。

また、方法がわかったところで、それを実施するかしないかは、本人のモチベーションに左右されます。

 

いくら方法を教えたところで、本人のモチベーションが低ければ行動にうつりません。そのモチベーションの種を引き出すのもコーチングを受ける目的です。

 

 

 

コーチングを受ける効果

コーチングを受ける効果はさまざまです。モチベーションや自分に合った解決方法を引き出せます。

 

コーチングを受ける効果、その他には以下のようなものがあります。

 

・目的、目標が明確になる
・視野が広がる
・考え方が柔軟になる
・考える力が高まる
・発想力が高まる
・ポジティブな面にも目が向けられるようになる
・行動力が高まる
・自己理解が深まる
・自信が高まる
・人間関係が良くなる
・成長する

 

コーチングを受ける大きなメリットは「考える力」です。「考える力」が高まるから、問題解決力が高まります。

解決方法を教えてもらう習慣がついていれば、逆に「教えてもらってないから動けない」と言い訳するようになります。

 

【コラム】コーチングの勉強方法~コーチングの資格は独学でも取得できる?

 

 

 

 

コーチングの受ける方法

コーチング・コミュニケーション入門セミナー

コーチングの受ける方法は、大きく分けて2通りです。

実際に会って、対面セッションを行う方法と、電話やインターネット通話を活用してセッションを行う方法に分かれます。

 

都市部では、対面セッションも可能ですが、地方の場合はオンラインセッションがメインになると考えられます。それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

特徴を理解の上でコーチングセッションを受けるのが大切です。

 

 

対面セッションを受ける

直接会って、カフェなどでコーチングセッションを受けます。その際、コーチの交通費やドリンク代はクライアントが負担する場合が多いです。

 

対面セッションを受けるメリットは、コーチングセッションの効果が高まりやすいという点です。

コーチのタイプに左右されますが、対面の方が声だけでなく、表情やしぐさなどの情報が得られるからです。

 

デメリットは物理的な距離になります。近くに受けたいコーチがいなければ、対面でのコーチングセッションは難しいでしょう。

 

 

 

オンラインセッションを受ける

電話やSkype,Zoomなどでコーチングセッションを受けます。直接会わないで音声のみのコーチングセッションになります。

通話代はクライアントが負担するのが一般的ですが、最近は無料通話やかけ放題プランを活用するケースが多いです。

 

オンラインセッションのメリットは、物理的な距離が問題にならないので、移動の時間が必要ないという点です。

 

デメリットは、コーチに表情やしぐさなどからの情報のフィードバックがもらえないという点です。

 

コーチによっては音声だけに集中した方が、コーチングセッションしやすいといわれる方もいるので、必ずデメリットかといわれると、そうでは無いです。

 

【コラム】モチベーションに社内表彰制度はいらない?

 

 

 

 

コーチングを受ける際の注意事項

コーチング・コミュニケーション

コーチングを受ける際の注意点。コーチングスキルは効果的なものですが、その効果の強さはコーチごと異なります。

 

最適なコーチを探す必要があります。また、コーチングセッションにもデメリットは存在します。

デメリットを理解の上でサービスを受けるのが必要です。

 

 

 

コーチを探す

コーチングセッションを受ける目的で、コーチをインターネット上で検索すると数多く見つかります。どのコーチを選んだら良いかわからないかもしれません。

 

実際、コーチとの相性もあるのでわかりません。何人かのコーチの体験セッションを受けて確認するのが大切です。その際、コーチを絞り込む基準を紹介します。

 

1.コーチングセッションを受ける目的を明確にする

コーチは得意分野を絞り込んでいるケースが多いです。

 

以下のようなカテゴリーが存在します。

・ライフコーチ:人生全般の課題を扱う
・エグゼクティブコーチ:経営者を対象
・ビジネスコーチ:ビジネス全般の課題を扱う
・起業コーチ:起業する人をサポートするコーチ
・メンターコーチ:プロコーチのためのコーチ
・マネーコーチ:お金の課題を扱う
・恋愛、婚活コーチ:恋愛や婚活のテーマを扱う
・英語コーチ:英語の上達を目的
など

 

ライフコーチが一般的に言われるコーチングです。課題を特定したコーチングになるほど、その課題に必要な視点の質問が重点的に行われます。

 

さまざまな肩書のコーチがいるので、まず「なんのためにコーチングを受けるのか」を明確にしてください。「なんのため」がわからない場合は、ライフコーチを選びます。

 

 

2.対面かオンラインか決める

コーチングのセッションを対面で受けるのか、オンラインで受けるのかを決めます。オンラインであれば、全国のコーチから検索ができます。対面であれば、お住まいの地域から検索します。

 

たとえば大阪のライフコーチを探すのであれば「大阪 ライフコーチ コーチングセッション」などで検索します。

 

コーチングスクールに登録されているコーチから探すのも可能ですが、コーチングスクールごとにコーチングセッションの方法が似ている可能性が高いです。

 

複数のコーチから体験セッションを受けるのであれば、スクールをわけてみるのがオススメです。

 

 

3.体験セッションを受ける

気になったコーチと連絡をとって体験セッションを申し込みます。

 

無料で実施しているコーチもいますが、有料の体験セッションが一般的です。コーチによってタイプがさまざまです。相性があるので、何人か試してください。

 

1回の体験セッションですべてが解決するわけではありません。価値観やサービスに対する考え方、セッションの雰囲気など相性を確認する場になります。

 

 

4.コーチングセッションの契約をする

気に入ったコーチが見つかって、価格や期間、セッション方法などに同意できたら、契約に進みます。

 

オリエンテーションを行った後、継続的なコーチングセッションに移ります。

コーチングは1回30分~1時間を2週間に1回もしくは1ヵ月に1回、3ヵ月から1年間の長期契約で行われるのが一般的です。

 

課題を解決するには、行動が重要です。各セッションで決まった行動を、セッションとセッションの間で実行するので、課題解決に向かいます。

 

 

 

 

コーチングの特徴を理解する

コーチングは効果的といっても、やはり苦手な課題やデメリットも存在します。コーチングセッションを受ける際、特徴を理解の上で受けるのをオススメします。

 

コーチングの特徴について説明します。

 

 

・コーチングは課題解決まで時間を必要とする

コンサルティングやティーチングのように、アドバイスした方が課題解決は早いです。コーチングは自分で考えて課題を解決するので、時間がかかります。

 

「課題の解決」と「自身の成長」どちらを優先するか、状況に合わせて判断する必要があります。

一般的にコーチングは「緊急では無いが、重要である課題」に向いているといわれています。

 

体験セッションで課題が解決しなかったからといって、コーチングを受ける効果がないと判断しないようにしてください。体験セッションはコーチとの相性などを確認する場です。

 

 

・コーチングはコーチのスキルに左右される

他のサービスと同じです。たまたま入ったラーメン屋さんが美味しくなかったからラーメンは美味しくないものとは決めつけないと思います。

 

コーチングも、あるコーチの体験セッションが良くなかったからといってコーチングは良くないものとは限りません。

コーチとの相性もあるので、複数のコーチの体験セッションを試してみてください。

 

・「それは目標ではなかった」と気づく場合もある

上司が部下に、親が子どもにコーチングセッションを行う場合の注意点です。

コーチングはモチベーションを引き出すスキルと言われていますが、「やりたくないことをさせる」スキルでは無いです。

 

逆に、「それはやりたい事では無かった」と気づく場合もあります。コーチングスキルでは、それはメリットと考えます。

「やりたくないこと」と気づかずにやり続けるよりも、早く切り替えられるからです。

 

以上のような特徴がコーチングにはあるのだと認識したうえで、コーチングセッションを受けてみてください。

 

 

 

 

 

コーチングを学ぶ

企業では、部下の育成のためにコーチングを学ぶなど、コーチングの企業研修が活発に行われています。

コーチングを学ぶ必要性は、多くの方が気づいておられるのですが、いまだにコーチングは普及していません。

 

コーチングを学ぶ場合は、正確にその特性を理解して学ぶ必要があるからです。コーチングを実際に活用できるレベルにする大切なポイントを整理しました。

 

 

 

コーチングを学ぶ目的

コーチング・コミュニケーション

コーチングを学ぶ上で、まず目的意識がとても重要です。

コーチングに限らずですが、会社の命令で「受けさせられている」など、特に目的が無い方は、やはり上達しません。

 

スクールなどの高額セミナーが特別に他より優れているというわけではないですが、高額支払っている分、受講生の本気度が違います。

 

なぜコーチングを学ぼうと思うのか、「目的意識をしっかり持つ」が大切です。

 

 

 

コーチングとは(学ぶ場合)

コーチングとは、スクールごとにさまざまな定義が存在しますが、弊社では「クライアントの成長をサポートするもの」と定義しています。

 

クライアントがコーチングを受ける目的は、「課題の解決」です。

 

「解決方法を教える」のティーチングに対し、コーチングは「課題を解決できるクライアントに成長する」を促します。

「課題を解決できるクライアント」になれるのは、「コーチングを受ける効果」があるからです。

 

「コーチングを受ける効果」は、コーチングを学ぶことによっても得られます。コーチングを受ける効果を体感しながら学ぶからです。

 

 

 

コーチングを学ぶ効果

コーチングを学ぶ効果は、コーチングを受ける効果が含まれます。

 

コーチングを受ける効果を紹介します。

・目的、目標が明確になる
・視野が広がる
・考え方が柔軟になる
・考える力が高まる
・発想力が高まる
・ポジティブな面にも目が向けられるようになる
・行動力が高まる
・自己理解が深まる
・自信が高まる
・人間関係が良くなる
・成長する

 

コーチングを学ぶ効果を紹介します。

・コーチングセッションが行える
・1on1ミーティングのスキルアップ
・コミュニケーション能力「聴く力」の強化

 

 

これらの効果を活かして、部下の成長をサポートする目的で、企業研修が活発に行われています。

弊社では、「聴く力」コミュニケーション能力の強化を目的に、企業研修を行っています。

 

【コラム】バーナード組織の3要素~共通目的・協働意欲・コミュニケーション~

 

 

 

 

コーチングの学ぶ方法

自己啓発

さまざまなコーチングの学び方が可能です。それぞれの学び方について紹介します。

 

 

独学で学ぶ

本屋でコーチングに関する書籍を買って読む、オンラインの動画で講座を受講などの方法です。どちらもコンテンツは充実しています。

 

メリットは、好きな時間に自由に学べるという点です。コスト面でも有利です。

 

デメリットは、コーチングはトレーニングが必要なスキルという点です。いくら本を読んで理解できても、活用できるかは別問題になります。

 

その点は、英会話や自動車の運転のスキルに似ています。コーチング勉強会やオンラインの練習会などを上手な活用がもとめられます。

 

 

 

 

スクールやセミナーで学ぶ

コーチングを学ぶ一般的な方法です。ただし種類が多すぎて、わかりにくくなっています。1日だけのセミナーもあれば、1年かけて学ぶセミナーもあります。

 

コーチングはトレーニングが必要なので、長期間のセミナーの方が効果的ですが、費用が高額になりがちというのがデメリットです。

 

教えている内容も、スクールやセミナーごとに少しずつ異なりますので、慎重に選ぶことが必要です。

種類は基本だけに特化したものから、NLPやアドラー心理学を活用した応用のスクールなども存在します。

 

まずは体験セミナー、入門セミナーを受けてみて確認することが大切です。「なんのために受講するのか」目的意識が大切です。

 

 

 

企業研修で学ぶ

大企業になると、管理職研修などで、コーチング企業研修が行われているケースが多いです。メリットは、会社が費用負担してくれるので、無料で受講できるという点です。

 

デメリットとしては、無料で受講している人ほど、本気度が低い傾向にあり、活用できるレベルに到達できる人が少ないです。

 

「時間と費用を無駄にした」で終わる可能性が高いです。1日や2日、多くても5日程度で終わる企業研修が多いので、トレーニング量が足りなくなる可能性が高くなります。

 

コーチングの企業研修にもよりますが、トレーニング量の少ない研修は逆効果を生む可能性があります。

 

それは、コーチングの習得レベルが低い状態で、コーチングができる気になって、部下にコーチングセッションをしてしまうからです。

 

ただの質問攻め、誘導尋問のようになり、部下から不信感を持たれ、逆効果になるケースも耳にします。

 

上司、部下お互いコーチングに対する不信感となってしまう問題が、コーチングが普及しない原因ではないかと感じています。

 

弊社では、これらの課題を考慮したカリキュラムの企業研修を実施しています。

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

 

 

 

 

コーチングを学ぶ際の注意事項

コーチング・コミュニケーション

コーチングを学ぶ際の注意事項は、「コーチングは難しいもの」という点です。それほど簡単にできるものでは無いです。

なぜなら、多くの日本人が「聴く力」強化のトレーニングをした経験がないからです。

 

多くの方がコミュニケーション能力を強化するというと「話す力」の練習をします。「どのようにしたら自分の考えを相手に伝えられるか」ばかり訓練します。

 

「どのようにしたら相手の考えを理解してあげられるか」も同じぐらい練習が必要です。

 

 

 

トレーニングが必要

繰り返しになりますが、トレーニングが必要です。コーチングを学ぶ際は、どのようにトレーニング環境を整えるかが重要です。

 

多くのコーチングスクールでは、練習環境が整っています。

 

カリキュラムに練習時間が含まれているスクールやセミナーほど、費用が高額になるデメリットはありますが、練習時間が無いなら費用が低額でも無駄になる可能性が高まります。

 

格安のセミナーや独学ではコーチングをマスターできないのか?といわれると、それも絶対ではないです。

 

現在は、多くの勉強会や、オンラインのコーチング練習グループなどが存在します。上手に活用できたら、トレーニング環境を作れます。

 

ただし、独学のデメリットは、それが正しいのチェックするフィードバックが無い点です。フィードバックを得る工夫が必要になります。

 

企業研修もトレーニングが必要です。メリットは一緒に学んでいる仲間が社内にいる点です。練習時間をどのように確保するか、会社側の協力も必要でしょう。

 

 

コーチングの効果に疑問を感じる場合

コーチングの効果が得られないから、といってコーチングから離れて行く方も多くいます。

 

「コーチングは難しい」です。効果が出るまで時間がかかります。また、万能ではありません。

効果が出るまで時間がかかるので、緊急性が高いものに対しては、ティーチングの(教えた)方が早いです。

 

コーチングは、人材育成など「緊急性が低く、重要性の高いもの」に適しています。コーチングは「相手が本音で話してくれる」ようになって、初めて機能します。

 

極端な例を挙げれば、嫌われている上司がどんなに上手くコーチングスキルを活用しても、効果は生まれません。

 

コーチングのメリット、デメリット、機能する条件など、しっかりした理解が大切です。

 

【コラム】ビジネスでワンチームになるために-会社組織の一体感を醸成する方法

 

 

 

 

コーチングの幅広い効果を獲得しましょう

コーチング・コミュニケーション

コーチングが日本に入ってきて20年ぐらいになりますが、まだまだ普及しているように感じません。

コーチングには、幅広い「受ける効果」「学ぶ効果」が存在します。ぜひ活用できる会社が増えてほしいと願っています。

 

弊社がオススメするコーチングの効果は「コミュニケーション能力の強化」です。

職場のチームワークを強化するためには、メンバー間のコミュニケーションが活発かに左右されます。

 

コミュニケーション能力強化の目的に、コーチングに興味をもっていただければと思います。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】