傾聴力強化のコミュニケーション講座【大阪・神戸・京都】

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

会社のコミュニケーションの活発度はどうでしょうか?

 

会社でコミュニケーションをもとめられるシーンは多く存在します。指示命令、報連相、会議、交渉、商品紹介、受注、発注さまざまなシーンがあります。

 

どんなにスキルがあっても、コミュニケーション能力が無ければ、チームでの仕事はできません。

コミュニケーション能力の差が仕事の生産性の差となって現れます。

 

多くの企業が、社員のコミュニケーション能力を課題にしていますが、なかなか改善される様子が見られません。

逆に、パワハラ、セクハラ、メンタルヘルスなど問題が大きくなっているようにも感じます。

 

傾聴力を含む聴く力を強化するコミュニケーション講座を開催しています。社員のコミュニケーション能力を強化する上で、傾聴力を強化できるかどうかがカギとなります。

 

【コラム】コーチングの資格は独学でも取得できる?~コーチングの勉強方法~

【目次】

 

仕事でコミュニケーション能力がもとめられる理由

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

会社が社員にもとめるスキルに、コミュニケーション能力を上位に挙げています。その理由を説明します。

 

 

 

生産性を改善する

コミュニケーションは仕事の生産性を大きく左右します。問題をみつけても報告、連絡、相談が無ければ、改善が進みません。会議で発言が無い場合も何も進みません。

 

コミュニケーションが無ければ仕事の依頼も、進捗の報告もできません。

 

 

 

離職者、休職者を減らす

会社を退職する理由、職場のストレス要因の上位にあるのが人間関係です。人間関係の悪化が、チームワークを壊します。

 

人間関係の悪化は、コミュニケーションの質の悪化により発生します。否定批判、すぐ怒る、嘘をつくなどが多ければ人間関係が悪化します。

 

離職者、休職者を減らすにはコミュニケーションの改善が必要です。

 

【コラム】コーチングに関するビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

 

 

 

コミュニケーション能力がなかなか改善されない理由

コーチング・コミュニケーション

会社が社員にもとめるスキルに、コミュニケーション能力を挙げてしばらくたちます。それは、コミュニケーション能力がなかなか改善されないからと考えられます。

 

 

 

「コミュニケーションとは」がわかっていない

コミュニケーション能力が改善されない理由は、「コミュニケーションとは」を正しく理解できていないからです。

正しく理解できていないので、改善するのに具体的に何をすれば良いかわかっていないから改善されないのです。

 

もしくは「コミュニケーション能力とは、話す力、伝える力である」と解釈しているかもしれません。それは、半分は正しいですが、半分足りません。

 

コミュニケーション能力は「話す力」だけでなく「聴く力」も必要です。

 

 

 

「話す力」に重点を置きすぎ

コミュニケーションとは、通信です。送信と受信、話す力と聴く力の両方が必要です。

 

「話す力」に偏り過ぎると、相手を黙らせる力になります。会議などで他の人の意見を押しのけて、自分の意見を押し付ける可能性があります。

 

何を言っても「話す力」で言い返してくるので、「何を言っても無駄」と思われているかもしれません。聴く耳が必要なのです。聴く耳を鍛えるには、「聴く力」がもとめられます。

 

 

 

 

 

聴く力を強化するコミュニケーション講座

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

「聴く力」が重要であっても、多くの方が「聴く力」の強化方法を教えてもらった経験が無いです。弊社では「聴く力」を強化するコミュニケーション講座を開催しています。

 

 

「聴く力」が重要

コミュニケーションは、「話す力」と「聴く力」の両方が必要です。「話す力」を強化しようと、スピーチ力やプレゼンテーション力などを磨く方はおられます。

 

しかし、「聴く力」を強化するには、何をすれば良いかわかりません。「聴く力」はただ耳を傾ければ良いというわけでは無いです。

 

「聴く力」は、「相手に本音でたくさん話してもらう力」です。「相手に本音でたくさん話してもらう」は、思った以上に難しく、トレーニングが必要です。

 

 

 

「聴く力」を強化するコミュニケーション講座とは

「聴く力」を強化する方法に、コミュニケーション講座ではコーチングスキルのトレーニングを取り入れています。

コーチングとは、聴くに重点をおいたコミュニケーションスキルです。

 

コーチングスキルをつかった、コーチングセッションのトレーニングの繰り返しによって聴く力が強化されます。

コーチングスキルとは、「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるものです。

 

【傾聴】相手に本音で話せる場をつくる
【質問】相手の視点をコントロールして、気づきを引き出す
【フィードバック】コーチが感じたことをそのまま返して、気づきを引き出す

 

これらを駆使して、相手に本音でたくさん話してもらいます。

 

 

【コラム】テレワークによるコミュニケーション不足の課題に対する対策方法

 

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れよう

コーチング・コミュニケーション

仕事ではさまざまな価値観を持った人材が集まります。最近では外国人の人材もいます。

 

定年延長により、シニア層と若手層での価値観の違いも大きくなります。価値観の違いがコミュニケーション不全を起こします。

 

それを解消するには、「聴く力」の強化が重要になります。コーチング・コミュニケーションを取り入れて、仕事のコミュニケーション能力を強化しましょう。

 

※コーチング・コミュニケーション研修セミナー【大阪・神戸・京都】