コミュニケーション不足解消のための職場環境改善

経営相談

どのような時代でも、世代間のコミュニケーション格差はあるようです。

職場でのコミュニケーション不足が発生すると、さまざまな問題につながります。

ワンチームになるためにも密なコミュニケーションが必要です。

コミュニケーション不足解消のための職場環境改善方法を説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

コミュニケーション不足が生みだす問題

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーション不足な職場ではさまざまな問題が発生します。

その代表的なものは、生産性の悪化とストレス要因の増加により、「休職」「退職」の発生です。

 

 

生産性の悪化

コミュニケーション不足とは、「報連相が無い」「アイデア提案などの発言が無い」といった状態です。

例えば問題が見つかったとします。

それがすぐに「報告」されるのと、問題が大きくなるまで放置されるのとでは、生産性が大きく変わることがわかるでしょう。

「連絡」「相談」もそうです。

「提案などの発言」が無いという状態は、主体性が無いということで、発展性が無いということにつながります。

 

 

「休職」「退職」の発生

コミュニケーションの質が悪い職場環境は、ストレスが多い職場になります。

上司がいつも怒鳴っている、イライラしている、お互いに足の引っ張り合いをしているなどあれば、ストレスが大きくなります。

職場にあるストレス要因ランキングで上位にあるのは人間関係です。

社員が退職する理由ランキングで上位にあるのは人間関係です。

コミュニケーションの質が悪いと人間関係が悪化します。

社員の「休職」「退職」へとつながり、結局生産性の悪化につながります。

 

 

 

コミュニケーション不足が改善しない理由

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーションを改善しなければならないということは大昔から言われています。

そしていまだに言われ続けています。

いつまでたっても改善しない課題となっています。

どうして改善しないのでしょうか?

 

 

コミュニケーション不足の原因は誰?

若手社員のコミュニケーション能力が低いという話をよく耳にします。

もし、そう言っている人のコミュニケーション能力が低いとしたら・・・

ずっとコミュニケーション能力が改善されません。

上司の立場の人は、確かに若手社員よりもコミュニケーション能力が高いです。

しかし、それは「話す力」に限ります。

 

 

コミュニケーション能力とは

コミュニケーションは通信です。送信と受信が存在します。

「話す力」だけでなく「聴く力」も必要なのです。

話す力は、相手に自分の考えを伝える力です。

聴く力は、相手の考えを受け取る力です。

部下の報連相が無いという上司は、話かけづらい空気を出している上司なのかもしれません。

「聴く力」が弱いことが考えられます。

 

 

 

コミュニケーションの質を上げる職場環境改善

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーションの質を上げる職場環境改善方法について説明します。

まず大切なのは上司のコミュニケーション能力です。

上司のタイプ次第で、和気あいあいとした組織にも、ピリピリした組織にもなります。

 

 

上司の聴く力を強化する

もし部下が活発にコミュニケーションを行うようにしたいなら、活発に発言しやすい環境を作る必要があります。

まずは上司が、「聴く力」を強化する必要があります。

報告しても、怒鳴られる。

提案しても、否定される。

このようなことが繰り返されると、部下は報連相や発言をしなくなります。

上司自身がまず部下を認めるという「聴く力」を強化することが大切です。

 

 

お互いを認め合う仕組みづくり

上司が部下を認めることは当然ですが、同僚同士も認め合う組織風土にすることが大切です。

同僚同士否定し合うと、いがみ合った関係になり、コミュニケーションが行われなくなります。

どうしてそのようなことが行われるというと、お互いネガティブな点でレッテルを貼ってしまうからです。

一点ネガティブなポイントを見ると、全体をネガティブな印象を持ってしまいがちです。

ハロー効果と呼ばれる心理効果です。

お互い良く知らないから発生してしまうのです。

そこで、お互いを少しずつでも知るようなきっかけ作りの仕組みを取り入れることをオススメします。

一つ「Good&New」という方法がオススメなので調べてみてください。

 

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

コーチング・コミュニケーション

職場のコミュニケーションの質を改善するためには、「聴く力」を強化することがオススメです。

しかし、「聴く力」を強化してください。と言われると多くの方が方法を知りません。

そこでオススメするのが、コーチング・コミュニケーションを取り入れることです。

コーチングは聴くに重点をおいたコミュニケーションスキルです。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】