エクスプレッションライティングとは(ストレス解消法)

人事評価制度

働き方改革やストレスチェック制度が始まっているにもかかわらず、毎年のように精神疾患による労災申請が増えつづけています。それは、職場でストレスが増えつづけていることが原因です。

社内の人間関係などの内部要因によるストレスや、コロナウイルス感染拡大による影響など外部要因によるストレスなど、さまざまなストレス要因があります。

そのため、社員自身、ストレスマネジメントすることがもとめられています。このコラムではエクスプレッションライティングというストレス解消方法を紹介します。

エクスプレッションライティングの実施方法と注意点について説明します。

【対人関係ストレスをマネジメントするコミュニケーション研修セミナーはこちら】

 

【目次】

 

 

エクスプレッションライティングとは

解雇ルールを再設計
マインドフルネスの手法の一つであるマインドフルネスジャーナリングに似ています。具体的に何をするのが説明します。

 

 

心の中をアウトプットし「見える化」する

エクスプレッションライティングは心の中、思考を見える化するものです。「見える化」する方法は、ライティングの文字通り、ペンで紙に書き出します。

頭の中に浮かぶ言葉や映像、メロディなど浮かんできたものをすぐさま文字に書き出します。そして自分の頭の中でどのようなことを考えているかを「見える化」ができます。

頭の中のモヤモヤやイライラがストレスとして頭の中に維持されているものをアウトプットして客観的に見ることで解消されるのです。モヤモヤやイライラは口で説明できない「わからない」という状態によって生まれるものだからです。

 

 

マインドフルネス

エクスプレッションライティングはマインドフルネスジャーナリングとも呼ばれ、マインドフルネスのやり方の一つともされています。マインドフルネスとはメディテーション、瞑想のことです。

基本は「呼吸に集中する」ですが、さまざまな行動に対して「集中する」でも可能です。「集中することに集中する」、メタ集中ともいいます。マインドフルネスジャーナリングでは、頭の中に巻き起こる情動に集中します。エクスプレッションライティングも同じく頭の中に浮かぶことに集中して書き続けます。

【対人関係ストレスをマネジメントするコミュニケーション研修セミナーはこちら】

 

 

エクスプレッションライティングの方法

人材育成

エクスプレッションライティングの方法は、とてもシンプルです。ただし、慣れるまでは難しいかもしれません。方法について説明します。

 

 

感情や思考を紙に書く

紙とペンを用意します。頭の中に浮かぶもの(感情や思考)を書き出します。一定時間ひたすら書き出します。

「手を止めず書き続ける」が大切です。

 

 

ルールを決める

大切なのは、毎日、短くても良いので「続ける」です。5分だけでも、ノート1ページ分だけでも良いでしょう。とにかく「続ける」が大切です。

そしていったん始めたら、手を止めないというルールもあります。頭に何も思い浮かばないなら「思い浮かばない」と書き続けてください。

【対人関係ストレスをマネジメントするコミュニケーション研修セミナーはこちら】

 

 

 

エクスプレッションライティングの効果

安心して働ける職場
エクスプレッションライティングはストレスを軽減させる効果があります。それは、頭の中の見える化とマインドフルネスの効果があるからです。

 

 

ストレスを軽減する

ストレスは、「わからない」という状態の時発生します。「なんかモヤモヤするんだけど」「なんかイライラするんだけど」感じているけど言葉にできないとき、ストレスを感じます。

モヤモヤしている感情やイライラしている感情のとき、頭の中に浮かぶことを書き出していきます。「見える化」により、問題を客観視でき、整理ができます。不安が見えなかったときよりスッキリします。ストレスを軽減する効果があります。

集中力が高まる

マインドフルネスの一種、マインドフルネスジャーナリングと同じです。マインドフルネスは集中力のトレーニングでもあります。「頭の中に集中して書き出す」を繰り返すことにより、集中力が鍛えられます。集中力の強化により、さまざまな効果を得られます。

・仕事の効率が上がる
・相手の話の理解力が深まる
・外部からの刺激に対して、考えるて対応できる
・アンガーマネジメント効果が得られる
・直感力が高まる
 
集中力の強化で、生産性が高まります。

【対人関係ストレスをマネジメントするコミュニケーション研修セミナーはこちら】

 

 

 

エクスプレッションライティングの注意点

イノベーション

エクスプレッションライティングを効果的に行うためには、注意点があります。

注意点について説明します。

 

 

短い時間でも継続することが大切

「継続」が大切です。1回行っただけでは、大きな効果は感じられません。短い時間でも3ヵ月以上続けることが大切です。

そして辞めてしまったら、元に戻ります。「継続」が大切です。

 

 

手を止めない

上述しましたが、頭の中に集中して書き続けます。

「手を止めない」が大切です。

【対人関係ストレスをマネジメントするコミュニケーション研修セミナーはこちら】

 

 

エクスプレッションライティング続けてみましょう

働きがい

外部環境の変化が激しくなっていることから、仕事に関するストレスが増えつづけています。会社側が健康経営や働き方改革、ストレスチェック制度など、社員のストレスケアに取り組んでいるところがあります。

しかし、精神疾患による労災申請が増えつづけていることから、あまりストレス解消効果につながっていないようです。そのため、社員自身がストレスマネジメントをすることが大切です。

本コラムではストレス解消法としてエクスプレッションライティングを紹介しました。エクスプレッションライティングの大切なことは毎日継続することです。

ところで、ストレスは解消することも大切ですが、ストレス要因自体を減らすことも重要です。ストレスの大きな要因として挙げられるのが、職場の人間関係です。

職場の人間関係、対人関係のストレスをマネジメントするコミュニケーション研修セミナーを実施しています。ひご活用ください。

【対人関係ストレスをマネジメントするコミュニケーション研修セミナーはこちら】