社員間のコミュニケーション不足と改善方法

コーチング・コミュニケーション

アベノミクス効果により日本経済は好景気が続いたかと思ったら、コロナウイルス感染拡大による影響によって景気悪化が見込まれています。人材を取り巻く環境が目まぐるしく変化していますが、いかに優秀な人材を囲い込むかが重要になってきます。

少ない人材の中でも、コミュニケーション能力の低下により、離職率の上昇、メンタルヘルスの悪化などの問題が発生しています。コミュニケーション能力の低下の原因は、世代間の価値観の違いなどにもよりますが、さまざまな要因が絡んでいます。コミュニケーション能力の低下を改善するための方法について説明します。

【職場内のコミュニケーションの活性化について】

【目次】

 

人手不足状態に陥る理由

ストレスケア

人手不足が問題になっていますが、全ての企業が人手不足に陥っているわけではありません。人手不足に陥る会社は、どのような問題を抱えているのかを説明します。

 

採用ができない

まず募集をかけても、応募が無いという問題を耳にします。特に中小企業で多くきかれる問題です。応募が無い理由は、その会社で働く魅力が無いからです。

採用活動も商品販売と一緒です。会社という商品を比較されて、求職者は応募をするか決めます。応募してもらうためには、他の会社よりも魅力的であるメリットを伝えなければならないのです。中小企業だから、大企業には勝てないと嘆く経営者もいますが、応募が殺到する中小企業も存在します。

 

退職される

社員に退職されると、採用にかかった費用、それまでの育成費用が無駄になります。そして、その社員が抜けた分、生産性が大きく落ち込みます。意図しない退職を生まないようにする対策が大切です。

社員が辞める理由として上位に来るのは、「人間関係の問題」や「会社に将来性を感じない」などです。給料が低いとか、福利厚生が悪いからを理由にすることがありますが、それは大して問題ではありません。どのような大企業も当初はベンチャーだったわけで、給料は低かったと考えられます。給料が低くても成長が感じられる会社、人間関係の良い会社であれば人材を引き寄せます。

【職場内のコミュニケーションの活性化について】

 

 

社員が辞めたくない会社にする

商品開発

社員の離職率を低下させるためには、退職したくなる理由を逆転させればよいのです。社員が辞めたくない会社にする方法について説明します。

 

将来性を感じられる会社

極端に言えば、数年後つぶれそうな会社には誰も入りたくありません。つぶれないまでも、将来性を感じない会社にも入りたくないでしょう。

もし、会社が将来ますます成長していく期待が感じられたら、勤務し続けた方が得だと感じるでしょう。会社が成長したとしても、自分自身が成長できないと感じたら勤務し続ける理由が無くなるでしょう。上司や先輩が魅力的に成長しているところが見せられる会社にする必要があります。

 

人間関係の良い会社

職場の人間関係が悪くても、社員は辞めてしまいます。いつも怒っていたり、否定してくる上司や先輩がいたら嫌になるでしょう。仕事を頼んでも無視されたりしたら、ストレスがたまるでしょう。「人間関係を良くする」が大切です。人間関係をよくするためには、コミュニケーションの質を高める必要があります。

【職場内のコミュニケーションの活性化について】

 

コミュニケーション能力低下を改善

働き方

「コミュニケーションの質を高める」は大切と言われ続けていますが、なかなか改善しません。人間関係による、ストレスや退職理由が減らない問題から、なかなか改善が難しい問題であるとわかります。

コミュニケーション能力を高めるには、「コミュニケーションの基本を理解する」が大切です。

 

コミュニケーションとは

コミュニケーション能力を高めるためには「話す力」だけでなく「聴く力」の強化も大切です。人間関係を改善するコミュニケーション能力とは、相手を理解する能力のことです。相手を理解しようともせずに、コミュニケーションをとろうとするから人間関係がギクシャクするのです。そして、相手を理解しようとする力が「聴く力」です。

多くの方が「聴く力」の強化方法についてよくわかっていません。「話す力」はスピーチやプレゼンテーション、面接練習、営業力などのトレーニングで磨けばよいとわかります。しかし、「聴く力」はどのようにトレーニングをすればよいかわかりません。「聴く力」をトレーニングする方法としては、コーチングスキルのトレーニングをオススメしています。

 

コーチングと聴く力

コーチングとは、「相手の課題の解決をサポートするスキル」です相手の課題の解決方法としては、アドバイスなど方法を教えるという方法もあります。コーチングが他の方法と違うところは、原則アドバイスしないという点です。「答えは相手の中にある」ということを前提に、気づきを引き出します。

気づきを引き出すために、本音でたくさん話してもらいます。この力が聴く力です。話す力が情報を与える力としたら、聴く力は情報を引き出す力です。

【職場内のコミュニケーションの活性化について】

 

コミュニケーション能力低下にコーチングスキルを

コーチング

社員が辞めない会社は、人間関係の良い会社です。ポジティブなコミュニケーションをとる会社とネガティブなコミュニケーションをとる会社では組織風土が大きく異なるのが分かるでしょう。人間関係をよくするコミュニケーションは、相手を理解しようとする聴く力に重点を置いたコミュニケーションです。

コミュニケーション能力低下を改善し、「聴く力」を強化するためには、コーチング・コミュニケーションを取り入れることがオススメです。コミュニケーションを活発にして、働きやすい職場づくりをしましょう。

【職場内のコミュニケーションの活性化について】