AIによって無くなる仕事~不安に感じているのなら早めに行動しよう~

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

「AIによって10年後無くなる仕事」というニュースが話題になって、半分が過ぎました。実際に、仕事がなくなっているなという実感はありますでしょうか?

業種によってはあるかもしれません。大切なのは話題になってから5年間、どのような対策をとってきたか?です。AIによってなくなる仕事についてと、その対処法について書いてみます。

【AIが進化しても必要なコミュニケーション能力について】

【目次】

 

AIやロボットが進化した未来

ビジョナリー経営

近年、AIやロボットの進化が急速に早まってきた感じがします。

ホームページ上で問い合わせをすると、AIが回答してくれるサイトも存在します。ホテルの受付がロボット、銀行窓口の削減、人が活躍していた場面が消えて行くようにも見えます。自動運転技術も日々進化しています。トラックやバスの運転手といった仕事も無くなるかもしれません。

 

 

AIによってなくなる仕事

AIの進化によって10年後なくなる仕事として、下記リンク先にオックスフォードが発表した一覧があります。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925

電話オペレーター、レジ係、ネイリストなどが挙げられています。大切なのは2014年に発表された論文だという点です。

 

 

途中経過の評価は?

オックスフォードの論文による10年後は2024年です。あと4年で、挙げられた仕事が無くなるようには感じません。確かにAIによる、パラダイムシフトは避けられないでしょう。しかし、スマホの使い方に慣れない高齢者が存在し、かつ人口比率が高い状況もあり、なかなか思うように進まない傾向も見えてきました。政府のデジタル化も全然進んでいないことが明るみになりました。

ここで大切なのは、まだまだ大丈夫という視点ではありません。将来「AIによって仕事が無くなる」と指摘されてきて、この6年間何をしてきたか?という視点です。例えばレジ係の人は、何か準備に動いてきたでしょうか?来月から無人レジに変更すると言われるのと、10年後無人レジに変更すると言われるのでは、準備にできることが大きく差があります。

【AIが進化しても必要なコミュニケーション能力について】

 

 

将来を中立的な視点で見る癖をつけよう

コーチング・コミュニケーション

「AIによってなくなる仕事」関連のニュースはどうしても不安をあおっているように感じます。マスコミは基本不安をあおった方が売り上げが上がるので、どうしてもその傾向があります。どうしてもネガティブな面に目が行きがちです。しかし、ポジティブな面も意識して観るようにすることが大切です。

 

 

不安で動けなくなってない?

ネガティブな面に飲み込まれると、思考が停止して動けなくなる場合があります。上述したように、10年後無くなる仕事についていたとしても、10年間準備する期間があるとも言えます。

10年間あれば、宅建士やアドバイザー系の資格が取得できるかもしれません。10年間、好きなことをYouTubeなどで紹介を続けていたらプロになっているかもしれません。10年間、人脈を広げ続けたら、新しい仕事が見つかっているかもしれません。10年間あるといろいろできると思います。不安も身を守るために大切な感情ですが、ポジティブな面も意識してみるようにしましょう。

 

 

AIのメリットを活かす

AIを導入することによって、無くなる仕事はありますが、そのおかげでできる仕事が増えることもあります。農家さんや水産業でも新しい技術を導入することにより、何時間もかかっていた作業が短時間で済むようになりました。その浮いた時間を新商品開発であったり、販路開拓であったり異なる仕事の時間に使えるようになります。AIによって仕事が無くなるのではなく、AIのおかげで新しい仕事ができるようになるという視点が必要です。

AIによって便利になったとしても、必ず課題は生まれます。なぜならビジネスの世界は競争で成り立っているからです。競争相手が同じ無人レジを使っていたとしたら、違う点で差別化できた方が競争に勝つのです。違う点で差別化するという新しい仕事が生まれます。

【AIが進化しても必要なコミュニケーション能力について】

 

 

AI時代に対応する

自己啓発

AIの進化は止められないでしょう。だから、AIが進化して、じょじょに社会が変化していくことを前提で考えていく必要があります。AIは「過去のデータをもとに、最適な解を導く」という作業は得意ですが、「過去のデータにない、斬新なアイデアを出す」ということは苦手です。AI時代は、人間のアイデア発想力の強化がもとめられます。

 

 

AIに依存したら終わり

AIは確かに進化し、精度の高い答えを導くでしょう。しかし、AIの指示通りにしか行動できなくなったら危険と感じます。

AIに使われる側になるか、AIを使う側になるかの議論があります。デジタル化がどんなに進んでも現実世界はかなりアナログです。人の意思決定が、誰かの意思決定に影響を与え、その影響が他の人に影響を及ぼすように複雑に絡み合います。AIが決定したとしても、何か想定しない条件が一つでも加われば、計算通りにいかないことも現れます。

そのとき、あたふたしてAIに対して文句を言うしかできないか、臨機応変に考えて対応できるかは思考力の差です。

 

 

未知の問題に対する思考力、発想力を高める

AI時代になると、ますます人の思考力や発想力がもとめられると考えています。特にビジネスの分野では。

例えばAI1が戦略Aを決定したとします。そこでAI2が戦略Aに対抗した戦略Bを決定したとします。すると即座にAI1が戦略Cに変更したとします。すると即座にA12が戦略Dに・・・と、ふらふらする意思決定に振り回されることになります。

このAIの種類が増えれば増えるほど複雑に絡み合い、決められなくなります。そうなると結局、人が考えて意思決定しなければならなくなります。そのため、思考力や発想力の強化はAI時代も必要になります。

【AIが進化しても必要なコミュニケーション能力について】

 

 

AI時代はアナログの価値が高まる

デザイン思考

AI時代になると、すべてAIがやってくれて何も考えなくても物事が進むと思うかもしれません。しかし、AIが進化すればするほど、人の力が競争力を左右する大きな要因になるでしょう。もし、AIのデファクトスタンダードができて、全員が同じAIを使うようになったら、そのAIをどのように使うかの人の力が影響するのです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でテレワークが広がっています。Zoomなどのツールを使えば、みんな同じように生産性が高くなるわけではありません。人間関係の悪い職場では、逆に生産性が悪化するかもしれません。どのような便利なツールも使い手に左右されるのです。デジタル化が進めば進むほどに、アナログの価値が高まると感じています。10年後を見据えて、早めに備えましょう。

【AIが進化しても必要なコミュニケーション能力について】