大人の思考力アップ-考える力を鍛える方法

コーチング・コミュニケーション

日本企業はイノベーションがもとめられています。イノベーションには、思考力、考える力をアップがもとめられます。

会社を成長させるためには、思考力、考える力を育てることが大切です。社員の思考力、考える力を育てる方法について説明します。

【思考力を鍛えるコーチング・コミュニケーションについて】

【目次】

 

思考力、考える力がもとめられている

コーチング・コミュニケーション

社員の思考力、考える力がもとめられています。思考力、考える力がもとめられている理由について説明します。

 

指示待ちになる

思考力が無いと、指示待ちになります。自分で考える力が無いから、指示してもらわないと何をしたらよいかわからなくなります。指示待ちになると、行動を上司が考えなければならなくなります。部下は指示されるまで行動が止まります。指示を考えるために上司の仕事が止まります。思考力、考える力が低いほど、生産性が低下します。

 

応用力が効かなくなる

思考力が無いと、トラブルに対応する力が弱くなります。教えてもらわないと、動けなくなります。ビジネスの世界は、これまでに無かったものを考えて創りあげる必要があります。これまで無かったものなので誰も教えてくれません。壁にぶつかるたびに上司や先輩がサポートしなければならなければ、仕事が進みません。

【思考力を鍛えるコーチング・コミュニケーションについて】

 

 

思考力、考える力が低くなる理由

コーチング・コミュニケーション研修

思考力、考える力が低くなる理由について説明します。日本の教育の仕組みが大きな影響を与えていると考えられます。

 

日本の教育システム

日本の教育システムといえば、教室で先生が一方的に教える、詰込み型、暗記優先型の教育システムになっています。「教えてもらう」が基本になります。暗記優先型は、過去のことに対応できますが、未知のことへの対応力が弱くなります。「教える」一辺倒の教育は、生徒の考える機会を奪うのです。

近年、日本の教育も思考力低下を問題視し、センター試験を廃止し、課題解決型のテストを導入する、教育にアクティブラーニングを取り入れたりして思考力アップに取り組んでいます。

 

失敗を恐れる文化

組織風土によりますが、失敗を恐れる文化も思考力低下につながります。自分で考えて行動して失敗したら、自分が怒られるからです。怒られることが怖いので、主体的に行動しません。主体的に行動しないうちに、思考力が低下していくことになります。部下の思考力をアップさせたいなら、上司は部下の失敗を受け止めなければなりません。

【思考力を鍛えるコーチング・コミュニケーションについて】

 

 

思考力、考える力の育て方

コーチング・コミュニケーション

思考力、考える力の育て方について説明します。アクティブラーニングも良いですが、コーチングを取り入れることをオススメします。

 

コーチングを受ける

思考力、考える力を強化する方法として、コーチングを受けることをオススメします。コーチングとは、「クライアントの課題解決をサポートする」サービスです。コンサルティング、ティーチングなどと目的は同じです。ただしアプローチ方法が異なります。

コンサルティング、ティーチングはサービス提供者がアドバイスして、クライアントの課題解決をサポートします。コーチングは、クライアント自身が考えることをサポートするため、原則アドバイスを行いません。そのため、コーチングを受け続けることで、思考力、考える力がアップします。

 

コーチングを学ぶ

思考力、考える力のアップはコーチングを学ぶことでもできます。コーチングを学ぶことは、コーチング受ける効果があるため思考力がアップします。

コーチングを学ぶと、クライアントの考える力をサポートする方法を学ぶことになります。どのような質問を投げかけるか、考え続けることによって、思考力、考える力がアップします。

【思考力を鍛えるコーチング・コミュニケーションについて】

 

 

思考力、考える力アップが会社を成長させる

コーチング・コミュニケーション研修

日本の企業は、外国企業に比べて生産性が低いことが問題視されています。生産性の低さは、思考力、考える力の低さに左右されます。思考力、考える力が無いと課題解決力が低下し、仕事がストップします。思考力、考える力が無いと創造力が低くなり、会社が成長しなくなります。会社を成長させるためにも、社員の思考力、考える力をアップしましょう。

【思考力を鍛えるコーチング・コミュニケーションについて】