信頼関係ができる職場づくりの方法~上司と部下のチームワーク~

人事評価制度

モンスター部下やブラック上司など、世代間による社内の戦いの話題を耳にします。企業間競争よりも、社内間競争が行われているとしたら、その会社の将来性は危ないでしょう。社内のコミュニケーションの質の改善が大切です。そのためには、メンバー間の信頼関係の構築が必須になります。上司と部下が信頼関係の構築方法について整理します。

【職場の信頼関係を強化するコーチングスキルについて】

【目次】

 

チームワークは信頼関係が必要

コーチング・コミュニケーション

2019年ラグビーワールドカップで日本代表が活躍も有り、「ワンチーム」という言葉が流行語大賞になりました。ワンチームとは、その名の通り、チームが一丸になることです。当たり前で、昔から言われている言葉ですが、なかなかチームが一丸になるのは難しいようです。

 

信頼関係が無いと情報共有できない

チームワークが良い状態とは、想いを共有しているなど、ゴールに向かって必要な情報をメンバーで共有できている状態をいいます。正確な情報が無いと、正確な意思決定ができないからです。その正確な情報共有は、信頼関係が無いとできません。報告したらデメリットがあるとなれば、黙っといた方が良いかなと判断される場合があります。

人の成果を奪うような上司には、良いアイデアを提案するのをためらうでしょう。

 

チームワークが無いと生産性が低下する

このように、信頼関係がないと、チームワークはよくなりません。チームワークが悪い状態になると、生産性が大幅に低下します。それが全社的に広がれば、会社自体の業績に大きな影響を与えます。そのため、各社「ワンチーム」という掛け声で一丸になろうと必死になっているのです。

【職場の信頼関係を強化するコーチングスキルについて】

 

 

職場に信頼関係が生まれない理由

コーチング・コミュニケーション

「みんな一丸になって頑張ろう」は昔からいわれてきたので、「ワンチーム」も特に新しいキーワードではありません。一丸にならないと生産性が低下するからです。未だに言われ続けているのは、いまだにワンチームになれてないからなのでしょう。どうしてワンチームになれないのでしょうか。

 

価値観の違い

まず組織内のメンバーの価値観の違いが大きな壁になります。特に上司と部下、世代間の価値観の違いは大きなものになります。終身雇用で、入社した会社に一生を捧げるような世代と、終身雇用が崩壊し、転職が当たり前の世代では価値観が大きく異なります。その価値観の違いにより、上司側は「最近の若い奴は。。。」となり、部下側は「考え方の古い上司・・・」となるのです。

 

相手を敵視する

このように、お互いの価値観を認められない場合、敵視するようになります。「会社のために一生懸命働くのが当たり前」の上司は、部下にそれを押し付けようとします。「一生懸命働いてもメリットがない」と感じている部下は、それに抵抗しようとします。自分をコントロールしようとしてくる相手を敵視します。自分に従わない相手も敵視します。そうして信頼関係が構築されないのです。

【職場の信頼関係を強化するコーチングスキルについて】

 

 

職場に信頼関係を生むために

コーチング・コミュニケーション

では信頼関係を生むためには何をすれば良いのか。まず、大切なのは職場で信頼関係は築くのは時間がかかり、壊れるのは簡単という性質があります。逆にどのような相手なら信頼できるかを考えて見るのも良いでしょう。

 

相手の価値観を認める

まずは、自分の考え方を否定ばかりする人を信頼することはほとんど無いでしょう。つまり、逆をすれば、信頼関係構築の方向に進みます。人それぞれ、育った環境も異なるので、価値観が違うのは当たり前です。価値観が違っても良いのだという考え方が大切です。否定されなければ、相手も敵視してこないでしょう。

 

賛同はしなくて良い

相手の価値観を「認める=賛同する」と捉えるかたもいますが、そうではありません。相手の考えを「そのとおりだな」と賛同するのではなく、「そのような考え方をするのだな」とただ受け止めればよいだけです。受け入れる必要はありません。受け止めた上で、自分の考えと相手の考えを混ぜながら判断したらよいのです。ただし、初めは難しいです。あまりにもかけ離れた価値観を認めるのは難しいでしょう。信頼関係構築には根気が必要です。

【職場の信頼関係を強化するコーチングスキルについて】

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

コーチング・コミュニケーション

外部環境が大きく変化し、世代間の価値観の違いが大きくなっています。インターネットが子供のころからある世代とない世代では、考え方が大きく異なります。その価値観の違いが、世代間のギャップとなり、信頼関係構築を阻む場合があります。信頼関係が無いとワンチームになれません。信頼関係を構築するには、相手を認める力が求められます。

認める力のトレーニング方法として、コーチング・コミュニケーションの導入をオススメします。

【職場の信頼関係を強化するコーチングスキルについて】