エビングハウスの忘却曲線と社員教育の効率化

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

エビングハウスの忘却曲線という言葉をきいたことがありますか?「人の記憶力は長く続かない、だから何度も復習が必要」の説明に用いられるものです。

 

学生時代に暗記を繰り返してきた人にとっては普通ですが、社会人になると忘れられがちです。

 

ノウハウ本を一回読んだだけで、わかった気になる場合もあります。社員教育を効率化するには、継続的にトレーニングするり仕組みの導入が大切です。

 

 

【コラム】アフターコロナのビジネスチャンス-世界経済と仕事の変化に対応する

【目次】

 

学んだ内容覚えてますか?

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

これまで、多くの読書、セミナーの受講を重ねてきたかもしれません。

それらで学習した内容を今でも覚えていますでしょうか?人の記憶力がどれぐらいもつか実験がおこなわれてきました。

 

 

エビングハウスの忘却曲線とは

忘却曲線について、Wikipediaで次のように記載されています。

 

忘却曲線(ぼうきゃくきょくせん)は、記憶の中でも特に中期記憶(長期記憶)の忘却を表す曲線。特に心理学者のヘルマン・エビングハウスによるものが有名である。
(出典:Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/忘却曲線

 

シンプルに表現すれば、「人の記憶力はそんなに継続しないよ」です。

もちろん個人差があるでしょうが、必ず忘れていきます。忘れないように、再度入力を記憶が定着するまで継続が大切です。

 

 

 

ノウハウ本やセミナーの効果

インターネット上には情報があふれています。本屋に行けばノウハウ本が数多く存在します。セミナーの種類も数多くあります。

ですが、効果はいかがでしょうか?

 

生産性改善セミナーも毎年のように行われ、ノウハウ本もインターネット上の情報も数多く存在します。しかし、20年以上日本の生産性は低迷し続けています。

 

それは学んだ、本を読んだだけで、後に何も行われないのが原因です。

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場からメンタル不調者を出さない取り組み~

 

 

 

記憶に定着させる

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

記憶として定着させていくには、何度も繰り返して覚えるのが大切です。そして、忘れる前に覚えないと、ふりだしに戻ってしまいます。

 

 

 

復習が必要

おそらく暗記などの仕方は、多くの方が学生時代に体験したでしょう。

英語も1回聞いただけで覚えられるだけではなく、何度も繰り返しが必要です。だから復習が必要なのは、たいていの方が知っています。

 

しかし、企業研修などビジネスの世界では行われません。それは学校のようにテストが無いからでしょう。逆の見方をすれば、毎日がテストです。

 

学校のテストの場合は、失敗しても減点されるだけで済みますが、ビジネスの世界では、減給されるかもしれません。

ビジネスの世界で使う必要が無ければ、覚える必要もなく、忘れられていきがちです。

 

 

 

体で覚えるも大切

忘却曲線は、何度も復習して覚えるのが大切と説明するものですが、アウトプットも大切です。

 

英語のように、本でいくら学んでも、実際に会話をしてみないと上達しないケースも多いです。セミナーで学習した内容も、実践されなければ忘れられていきます。

 

企業研修を受講した内容、ベストセラーの本を読んだ内容が自己満足で終わって無いでしょうか?企業研修をしっかり行っている大企業でも、業績が悪くなる場合があります。

 

理由が何故か?考えてみるのは大切です。

 

 

 

 

 

行動を促すコーチング

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

セミナーに限らず、人が成長するとき、トレーニングが必要です。英語に限らず、スポーツなどすべてそうです。

 

だから、人材育成を行うには、マスターするまで同じ行動を繰り返すトレーニングを意識するのが大切です。行動を促すスキルとして、コーチングをおすすめします。

 

1on1ミーティングなど、部下の主体性を引き出す方法として活用されています。

 

 

 

コーチングとは

コーチングとは、相手の気づきを引き出し、モチベーションを高め、行動を促すスキルです。行動を促すのに、コーチングセッションを行います。

 

コーチングがオススメの理由は、セミナー受講後、受けっぱなしになって、忘れられていくケースが多いからです。

 

セミナー受講後、学習した内容を定着させていく目的で、行動の継続を促します。行動の繰り返しにより、セミナーなどで学習した内容を定着させていきます。

 

 

 

コーチングの全体像

コーチングのデメリットも人材育成のデメリットも、どちらも1回では達成できない点です。

 

コーチングセッション⇒行動⇒コーチングセッション⇒行動⇒コーチングセッション⇒・・・を繰り返します。行動の積み重ねによって、成長していきます。

 

大切なポイントは積み重ねです。繰り返しになりますが、トレーニングしない限り、学習した内容はマスターできません。

 

セミナーなどで学習した内容をトレーニングするように仕組み化が大切です。方法としてオススメがコーチングの導入です。

 

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

 

 

 

人材育成にコーチングを活用する

コーチング・コミュニケーション

人材育成は多くの会社の課題です。そして課題となる原因は、社員の自助努力に任せるところです。

社員が独自に自己啓発をしてくれれば、会社としてはお金がかかりません。しかし、社員のモチベーションに大きく左右されます。

 

また、生産性改善セミナーや思考力のセミナーなどは、実践の中に組み込まない限り定着しません。

そして、学びたてのものは初級者なのでスピードが遅くなります。慣れ親しんだ従来のやり方でやってしまいます。

 

そして、学習した内容を忘れてしまいます。人材育成を効率化するには、仕組み化が大切です。

 

ぜひコーチング・コミュニケーションを導入し、社員教育の効率化を進めてください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】