離職率の高い職場の原因と対策~組織風土を改善する方法~

コーチング・コミュニケーション

就活ルールの廃止、終身雇用制度の崩壊など、働く人の意識が変わってきています。転職が当たり前になってきました。そのため企業にもとめられるのは、優秀な人材を確保し続けることです。

離職率が高いと会社の業績に大きな影響を与えます。社員の離職率が高い職場環境の原因と対策について説明します。

【職場の雰囲気を改善するコミュニケーションスキルについて】

【目次】

 

社員の離職率が高いと・・・

コーチング・コミュニケーション

社員の離職率が高くなると、さまざまな問題が発生します。会社を経営する上では、連鎖退職が発生すると致命的な問題になる可能性すらあります。

 

生産性が落ち込む

社員の離職率が高くなると、会社の生産性が落ち込みます。退職する社員がベテラン社員であるほど、その影響は大きくなります。退職した社員の生産性を取り戻すには、大きなコストと時間を要します。そのため、生産性が落ち込むと、収益性が悪化し、会社の業績に悪影響を及ぼします。

 

ストレスが大きくなる

社員が退職する理由は、職場でのストレスが大きくなったことが原因の一つと考えられます。そして、一人が抜けると、その仕事のしわ寄せが残った社員にきます。一人退職するごとに、職場のストレス要因は大きくなります。ストレスの大きい職場も生産性を落とします。疲労が広がるため、さらなる退職を引き起こす可能性があります。

【職場の雰囲気を改善するコミュニケーションスキルについて】

 

 

社員の離職率が高い原因

コーチング・コミュニケーション

社員の離職率が高くなる原因について説明します。社員の退職理由ランキングなどを調べると、原因がよくわかります。仕事量が多すぎるなどもありますが、面白くない仕事だから多すぎると感じるのです。そこは上司と部下の人間関係が大きく影響していると考えられます。上司のコミュニケーション能力が大きな原因です。

 

評価されない

退職理由ランキングの上位に評価されないというものがあります。給料が低いも同じでしょう。仕事にやりがいを感じないというのも評価されないからでしょう。雑用ばかりさせられるということも、評価されていないと感じさせます。評価されていないと感じると、仕事をやらされている感になり、ストレスが大きくなります。

 

将来が不安

退職理由ランキングの上位に、会社の将来が不安というものがあります。そして、自分の将来が不安ということにつながります。若手社員は、先輩の姿をみて、自分の将来を理解するとも聞きます。10年先輩が自分と同じような仕事をしていたら、がっかりするでしょう。この会社が10年間成長いていないことのあらわれともいえます。会社の将来に不安を感じたら、その会社にいる理由がなくなります。

【職場の雰囲気を改善するコミュニケーションスキルについて】

 

 

高い離職率の改善策

コーチング・コミュニケーション

高い離職率の改善策について説明します。さまざまな対策方法があると思いますが、重要なのが上司と部下のコミュニケーションの質の改善です。部下のモチベーションを左右させるのが、上司だからです。会社の将来性を期待させるのも、評価するのも上司の役目です。そこで部下のモチベーションを高めるために活用が広がっているのが1on1ミーティングです。

 

 

1on1ミーティングの活用

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談のことをいいます。評価面談と異なることは、目的と頻度です。目的は、評価することではなく、部下の主体性を引き出すことを目的としています。頻度は、週1回~月1回の高頻度で行います。部下自身が仕事を通じて、成し遂げたいことを引き出して、それを上司がサポートするという形をとります。それを高頻度で行うことにより、部下を成長させ達成感を感じてもらいます。部下のモチベーションを高め、成長につなげます。

 

 

コミュニケーション能力強化

1on1ミーティングは、効果的な手法ですが、誰がやっても効果が現れるわけではありません。上司のコミュニケーション能力に左右されます。コミュニケーション能力が無い場合、ただの雑談になってしまいます。もしくは、評価面談と変わらないようになってしまいます。1on1ミーティングでは、上司の「聴く力」がもとめられます。

【職場の雰囲気を改善するコミュニケーションスキルについて】

 

 

高い離職率を下げるには職場の雰囲気の改善を

コーチング・コミュニケーション

働き方改革や終身雇用制度の崩壊によって、一つの会社で最後までという考え方が弱くなっています。転職することが当たり前になってきていることから、優秀な社員を確保し続けられるかが、競争優位性をつくるために重要になってきました。

離職率が高い原因は、上司と部下の人間関係が大きな要因となっています。そこで、上司のコミュニケーション能力の強化がもとめられます。コミュニケーション能力強化の方法としてオススメが、コーチング・コミュニケーションを取り入れることです。セミナーを開催していますのでご参加ください。

【職場の雰囲気を改善するコミュニケーションスキルについて】