リーダーシップとは~ビジョンと意思決定の精度とスピード~

リーダーシップという言葉は、経営者だけのものではありません。

管理職になると、チームを抱えます。管理もリーダーシップを発揮する必要があります。

 

 

リーダーシップを発揮するには、ビジョンを示し、意思決定の精度とスピードをアップしなければなりません。

リーダーシップが無いと、チームの将来性に対してメンバーが不安に感じるからです。

 

 

リーダーシップ発揮について説明します。

 

 

【コラム】コーチングは独学でもマスターできる?~効果的な勉強方法~

【目次】

 

管理職のリーダーシップ

コーチング・コミュニケーション

管理職は、チームの生産性をアップし、成果を最大化する役割があります。

リーダーシップが必要です。

 

 

 

リーダーシップとは

リーダーシップとは、チームのビジョンを示し、状況に応じて適切に意思決定をして、メンバーのモチベーションをひきだし、目的達成へ導くことです。

 

チームにビジョンが明確でなければ、チームメンバーは何に向かって頑張れば良いのかわからなくなります。

 

外部環境が変化するたびに、リーダーが迷って決められなのであれば、メンバーは不安に陥ります。

 

メンバーのモチベーションを引き出せず、メンバーがリーダーに従わないのであれば仕事が進みません。

 

管理職はリーダーシップを発揮しなければなりません。

 

 

 

 

 

リーダーシップに必要なもの

リーダーシップとは、メンバーにリーダーとして認められて初めて発揮できるという考え方もあります。

メンバーに、「こんなリーダーは嫌だ」と思われてしまったらリーダーシップを発揮できません。

 

リーダーとメンバーの間には信頼関係が必要です。

 

信頼関係構築に必要なのは、リーダーのコミュニケーション能力です。

 

 

【コラム】傾聴力・質問力とは~トレーニングとコーチング・コミュニケーション

 

 

 

 

リーダーシップを発揮できない理由

コーチング・コミュニケーション

管理職になったら、全員がリーダーシップを発揮できるわけではありません。

リーダーシップを発揮できなくなる理由について説明します。

 

 

 

 

失敗への恐れ

管理職は、個人ではなく、チームとしての成果をもとめられます。

部下の内は自分だけが頑張ればよかったのが、メンバーも頑張ってもらう必要があります。

 

メンバーが思うように動いてくれないとイライラしたり、強制的に命令で動かそうとします。

メンバーの失敗を恐れるからです。

 

また、外部環境の変化に対して、迷って決められない。結局、会社に判断を仰ぎます。

自分にかかる責任を回避しようとするからです。

 

 

 

 

コミュニケーション能力不足

上述したように、リーダーシップを発揮するには管理職のコミュニケーション能力が必要です。

チームメンバーと信頼関係を構築するためです。

 

極端な例を挙げると以下のようなコミュニケーションをとると信頼関係が壊れます。

 

・部下の意見を聴かず、自分の意見を押し付ける
・部下の発言に対して否定批判を繰り返す
・部下に対していつも怒っている
・部下の成果を横取りし、失敗の責任は部下に押し付ける

 

以上のような状況があると、部下は発言しなくなり、結果としてコミュニケーション不足に陥ります。

 

 

 

 

 

 

リーダーシップの発揮方法

コーチング・コミュニケーション

管理職のリーダーシップの発揮方法について説明します。

 

・ビジョンを示す
・意思決定の精度とスピードをアップする
・メンバーのモチベーションをアップする

 

これらを達成する目的に、コーチング・コミュニケーションを取り入れます。

 

 

 

 

 

コーチングを受ける

管理職になると、コーチをつけることをオススメします。エグゼクティブコーチやビジネスコーチと呼ばれるものです。

 

コーチングはコンサルタントやアドバイザーのように、課題解決に対してアドバイスをくれるものではありません。

 

コーチングは、視野を広げるような質問を投げかけて、課題解決に対して気づきを引き出し、行動を促します。

 

クライアントの考える力と意思決定力を養うものです。

 

コーチングを定期的に受けると、状況に応じて意思決定の精度とスピードをアップできます。

 

 

 

 

 

 

 

コーチングを学ぶ

管理職になると、コーチングを学ぶことをオススメします。

 

近年、部下のモチベーションを高める目的で、1on1ミーティングが活用されています。1on1ミーティングもコーチングスキルが必要です。

 

コーチングとは、聴く力に重点をおいたコミュニケーションスキルです。

信頼関係構築に役立ちます。

 

部下の意見や発言を聴くに集中すれば、部下から気づきを引き出し、行動を促せるようになります。

リーダーシップを発揮するには、部下のモチベーションアップが必要だからです。

 

 

 

【コラム】コミュニケーション能力の評価基準と目標設定方法

 

 

 

リーダーシップと生産性向上

コーチング・コミュニケーション

会社は、小さなチームの集合体です。

その小さなチームをまかされているのが管理職です。

その小さなチームの成果の最大化が管理職の責任です。

 

チームの成果を最大化するには、メンバーの能力を最大に引き出さなければなりません。

 

メンバーの能力を引き出すには、リーダーシップを発揮しなければなりません。

リーダーシップを発揮するには、ビジョンを明確にし、意思決定の精度とスピードをアップしなければなりません。

 

リーダーシップ強化に、コーチング・コミュニケーションを取り入れましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】