エグゼクティブコーチングと経営コンサルティング

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

働き方改革による副業の解禁、大企業による早期退職者募集、コロナウイルス感染拡大による失業者の増加などにより起業に興味を持つ人が増えています。

 

起業は簡単ではないです。起業を簡単にできると見せかけて、起業家から稼ぐビジネスモデルもたくさん存在するので注意してください。

 

我流でやっても上手くいく可能性はありますが、先人たちの知識や経験を活かすのも大切です。

 

また、粘り強さも必要になるので、なぜ起業するのか、内省も重要です。

 

起業家対象のサービスにエグゼクティブコーチングや経営コンサルティングが存在します。

 

【コラム】コーチングのビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

【目次】

 

判断力が問われる経営者

マネジメント

経営者の大きな役割は意思決定です。

 

判断力によって会社の将来が変わります。迷って決められないとなると、会社が窮地に追い込まれる場合があります。

 

 

 

 

 

外部環境変化が激しい

競争環境がグローバルに広がり、激しくなっています。

また、各地のカントリーリスクによって、さまざまな影響を受ける。環境変化スピードが速くなっています。

 

瞬間瞬間、経営判断が求められます。

 

 

 

 

 

権限委譲するかしないか

会社の規模が大きくなって来ると、経営者が全て判断するわけにはいけません。

権限委譲も大切になってきます。

 

自分がやった方が早いと権限委譲がなければ、部下は成長しません。仕事の抱えすぎによって、すべての意思決定が中途半端になってきます。

 

 

【コラム】コーチングを副業にする~楽して稼げる仕事は無い~

 

 

 

 

 

経営判断が遅れる理由

ストレスケア

経営判断が、会社の業績を大きく左右します。

 

知識や経験があれば会社の業績が上げられるのか?そうでは無いです。

高学歴の社員が集まっている会社でも業績不振に陥るのは経営判断力が無いからです。

 

 

 

 

 

失敗への恐れ

経営判断を妨げる要因の一つに、失敗への恐れがあります。

 

自分の意思決定によって、会社に損害を与えたらどうしよう。失敗を恐れて、意思決定を先延ばしにします。

「先延ばしにする」意思決定自体が失敗になります。

 

 

 

 

 

こだわりの強さ

こだわりが強すぎるのも判断を遅らせる要因になります。こだわりすぎていると時代変化に取り残されていきます。

 

こだわりの強さは、業界でのトップクラスの機能と品質を確保できる可能性はありますが、外部環境が変われば不要なものにかわります。

 

今後、自動車のエンジン部品に強みのある会社も、モーターへの転換に備えて、変化が求められています。

 

 

 

 

 

 

 

経営相談の種類

コーチング・コミュニケーション

起業家をサポートするサービスに、コーチングやコンサルティングが存在します。

コーチング、コンサルティングの違いについて説明します。

 

 

 

 

 

コーチングとコンサルティング

コーチングとコンサルティングは両方とも目的は同じです。どちらもクライアントの課題解決、目標達成が目的です。アプローチの方法が異なります。

 

 

・コンサルティングとは

コンサルティングは、コンサルタントが知識や経験をもとに、クライアントにアドバイスを行います。

コンサルティングは、全ての答えをコンサルタントが持っているという前提で行います。

 

クライアントはコンサルタントのアドバイス通りに行動がもとめられます。

結果への責任は、コンサルタントの方が重くなります。良いアドバイスかどうかによって結果がわかれるからです。

 

 

 

 

・コーチングとは

コーチングは、原則コーチはクライアントにアドバイスを行いません。

コーチングは、すべての答えをクライアントが持っているという前提で行います。

 

クライアントは、自分で考え抜いて決断しての行動がもとめられます。コーチは、クライアントが考え抜くときのサポートを行います。

 

結果への責任は、クライアントの方が重くなります。クライアントが行動するかどうかによって結果がわかれるからです。

 

 

 

 

 

コーチングとコンサルティングのメリット・デメリット

コンサルティング、コーチングのメリット・デメリットは次のようになります。

 

●コンサルティング

【メリット】
・アドバイスをもらえるので解決が早い
・クライアントに無い知識や情報が入手できる

 

【デメリット】
・アドバイスがクライアントの状況に合うかわからない
・クライアントが考えないので成長が遅れる

 

 

 

 

●コーチング
【メリット】
・クライアント自身が考えて行動するので成長につながる
・考える力がつくので、応用力が身につく
・成長する結果、同じレベルの課題解決力が強くなる

 

【デメリット】
・答えを自分で考えるので、時間がかかる
・今まで持っていない情報や経験は、どんなに考えてもわからない

 

 

コンサルティングもコーチングも一長一短あり、どちらも補完関係になっています。

どちらも併用するのがオススメです。

 

例えば、コロナウイルスの感染拡大による緊急事態の対応について。

 

国の支援をもらうには、コンサルティングを活用した方が早いでしょう。

長期的な戦略を見直すのであれば、コーチングの方が自分自身の納得いくものができるでしょう。

 

 

 

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的とメリット・デメリット~

 

 

 

 

 

起業家に必要なサービス

コーチング・コミュニケーション

起業家に必要なサービスのコンサルティング、コーチングについて説明します。

コンサルティングもコーチングも補完関係にあります。

 

 

 

 

 

起業家コンサルティング

起業家コンサルティングは、さまざまなサービスがあります。

ざまざまなセミナーや起業塾などがあり、コンサルタントが知識や経験を教えてくれます。

 

公的機関でも創業支援などでさまざまなサービスが存在します。

そこで、創業補助金の申請方法や、ビジネスプランの作成方法などを教えてます。

 

 

 

 

起業家コーチング

起業家のコーチングは、コーチングスクールでコーチングを学んだ人が、ビジネスコーチングやエグゼクティブコーチングという名前で実施しているケースが多いようです。

 

最近は、起業家向けのコーチングを提供する会社も現れていますが、まだまだ普及はしていません。

 

コンサルティングとコーチングは補完関係にあるので、上手に活用していただきたいと思います。

ドバイスをせずに起業家向けにどのようなコーチングをするのかを説明します。

 

 

 

 

 

 

 

起業家のコーチング、コンサルティングの内容

コーチング・コミュニケーション研修

起業家コーチング、コンサルティングの内容について、簡単に説明します。

対象はビジネス全般になり、広範囲になりますので、一部を紹介します。

 

 

 

 

 

起業家コンサルティングの内容

起業家コンサルティングの内容は以下のようなテーマがあります。

 

・起業に向けての心構え
・起業の方法、手続きなど
・記帳や税金等お金に関する課題
・ビジネスモデルのつくりかた
・ビジネスプラン、事業計画書の作り方
・補助金など起業家支援の種類と活用方法

 

などを教える、チェックするといったサービスを行います。

 

起業直後だとビジネスをわからないので、コンサルタントに随時教えてもらった方が早く前進します。

 

 

起業家向けコンサルタントが困る相談内容は「私は何のビジネスで起業したらよいですか?」という相談です。

それはクライアント以外誰もわかりません。起業家向けコーチングが必要なのです。

 

 

 

 

 

起業家コーチングの内容

起業家対象のコーチングの内容は以下のような質問を投げかけ、クライアントの考えを整理し、行動を促します。

 

 

・そもそもなんで起業しようと思ったのか目的を教えてください
・目的を達成した状態について説明してください
・目的達成までのビジネスプランを教えてください
・お客様はどうして他の会社ではなく、この会社の商品サービスを選ぶのですか?
・お客様像についておしえてください。
・ターゲットとなるお客様の人数、規模について教えてください

 

 

「起業は簡単」とサービスを提供しているところがありますが、実際は、起業は難しいです

10社中9社は5年以内に消えるといわれています。儲かる状態までも時間がかかります。

 

コンサルタントに相談すれば儲かるのであれば、もっと会社が増えているでしょう。実際は、日本の会社の数は減り続けています。

 

確かにビジネスセンスなどに左右される部分もありますが、「どうして起業するのか?」目的の強さが粘り強さになり、起業の成功度合いを高めます。

 

ダイエットの方法も英会話の方法も、世の中には知識も情報も溢れていますが、できる人とできない人にわかれます。

目的意識の差が現れるのです。コンサルティングだけでなく、コーチングも必要なのです。

 

 

【コラム】一体感の醸成方法~チームワークとコミュニケーション~

 

 

 

経営者専門のエグゼクティブコーチング

コーチング・コミュニケーション

経営判断力を高めるには、何をすれば良いのか。外部のエグゼクティブコーチの活用がオススメです。

 

 

 

エグゼクティブコーチングとは

エグゼクティブコーチングとは、経営者を対象のコーチングです。

経営者の意思決定の精度を高める目的で行います。

 

コーチときくと、指導されるようなイメージを持つかもしれませんが、コーチングはアドバイスを原則行いません。

 

経営者自身の自問自答をサポートする触媒のような役割をします。

 

たとえば、経営が安定しているときから、貿易戦争や、ウイルス感染などの問題が起きたらどうするのか?などの質問を投げかけます。

 

 

 

 

エグゼクティブコーチングの効果

エグゼクティブコーチングの効果は、意思決定の精度アップです。

 

急に経営判断をもとめられると短絡的になり、場当たり的になります。とても視野が狭くなりがちです。

意思決定を先延ばしにする場合も、メリット、デメリットの両面の意識が必要です。

 

人、モノ、カネ、情報、マクロ、ミクロ、未来、過去、さまざまな視点から物事をとらえると、意思決定の精度を高められます。

 

 

【コラム】部下のモチベーション低下の理由~退職を決意する前に気づく~

 

 

 

 

コーチングは全体的、コンサルティングは局所的

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

働き方の多様化、ITツールの進化により、起業したい人が広がっているように感じます。初めて起業する人は、すべて自分で解決しようとすると非効率になります。

 

先人が失敗した課題を、知らずに失敗してたら時間がもったいないです。今ある知識や情報をとらえつつ、自分自身のオリジナリティが求められます。

 

局所的な課題、「商品開発方法」「経営分析の方法」などはコンサルティングを受けると早いでしょう。

 

経営全般を俯瞰して、長期的な進捗管理を行うには、コーチングが適しています。

 

 

スタートアップ時は資金など経営資源が少ないと思いますが、コンサルティングに関しては公的機関などのさまざまなサービスがあります。

 

補完的に起業家向けコーチングを活用していただければと思います。

 

 

【コラム】ビジネスでワンチームに~会社組織の一体感を醸成する方法~

 

 

 

欧米の経営者の7割はコーチをつけている

リーダーシップ

欧米の経営者の7割はエグゼクティブコーチをつけているといわれます。

 

経営幹部たちのインセンティブにエグゼクティブコーチが存在する会社もあるそうです。

 

それぐらい、欧米ではエグゼクティブコーチを重視しています。

 

なぜなら、どんなに優れた経営者であっても、成功体験を積み重ねるごとに視野が狭くなるのを理解しているからです。

 

視野を広げるためにも、エグゼクティブコーチが必要とされています。

 

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】