ビジネスコミュニケーション研修【大阪・神戸・京都】

コーチング・コミュニケーション

ビジネスシーンで、コミュニケーションが活発に行われていますか?

 

多くの場合、職場のコミュニケーションが活発で無い場合、個人個人のコミュニケーション能力の問題と捉えられます。

確かにその一面もありますが、個人の能力の問題と捉えると、問題解決が遠くなります。

 

コミュニケーションが活発に行われない理由は、周りの人が原因です。発言しづらい空気があると、なかなかコミュニケーションが行えません。内向的な人だとなおさらでしょう。

 

発言しづらい雰囲気のある職場では、会議での発言や報連相が行われません。発言が無いと生産性が落ち込みます。

 

ビジネスシーンのコミュニケーションを活発にするには、職場環境を改善しなければなりません。

 

職場環境を改善する、ビジネスコミュニケーション能力研修セミナーを開催しています。ビジネスコミュニケーション能力について説明します。

 

【コラム】コーチングに関するビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

【目次】

 

ビジネスではコミュニケーション能力がもとめられる

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ビジネスでは、あらゆる場面でコミュニケーション能力がもとめられます。ビジネスの基本になります。

個別のスキルが高くても、コミュニケーション能力が無いなら仕事が進まないからです。

 

 

 

生産性を高める

コミュニケーション能力が、ビジネスの生産性を決めます。何かトラブルがあっても報連相が無ければ、トラブルの改善が進みません。

 

報連相があっても、それを受けながしてしまう、上手く伝わらないなどがあれば、トラブルの改善が進みません。会議などで誰も意の発言がないのであれば、何も生まれません。

 

コミュニケーションが職場の生産性を大きく左右します。

 

 

 

休職、離職率の改善

社員が退職する大きな理由に、職場の人間関係があります。社員がメンタルヘルスを病んで休職する大きな理由に、職場の人間関係があります。

 

職場の人間関係の悪化は、職場のコミュニケーションの悪化によって発生します。休職、離職が発生すると、職場の雰囲気悪化が発生し、生産性が落ち込みます。

 

休職、離職率の改善にコミュニケーション能力がもとめられます。

 

【コラム】目標設定面談に必要なコミュニケーション能力~魅力的なビジョンを~

 

 

 

ビジネスコミュニケーション能力が高まらない理由

コーチング・コミュニケーション

ビジネスでコミュニケーション能力が大切とは昔から言われています。

しかし、ビジネスコミュニケーション能力が高まりません。コミュニケーション能力が高まらない理由について説明します。

 

 

 

「話す力」に偏重

コミュニケーション能力を強化する場合、何をしますか?多くの方が、説明力、スピーチ力、プレゼンテーション力、交渉力など「話す力」を磨こうとします。

 

相手に上手く伝えられないのがコミュニケーション能力不足の原因だと考えるからです。

 

相手が「自分の話を聴きたくない」状態になっていたら、どんなに上手く伝えようとしても聴き入れてもらえないことに気づかないといけません。

 

コミュニケーションとは、「話す力」と「聴く力」の両方があって初めて成立するのです。「聴く力」の強化が必要です。

 

 

 

「聴く力」の強化方法がわからない

コミュニケーション能力は、「聴く力」の強化も忘れてはいけません。しかし、「聴く力」を強化しなさいといわれても、強化方法がわかりません。

 

なぜなら「聴く力」の強化トレーニングの経験が無いからです。

 

そこで、ビジネスコミュニケーション能力を強化する研修セミナーとして、「聴く力」の強化に重点を置いた研修セミナーを開催しています。

 

 

 

 

 

ビジネスコミュニケーション能力を強化する研修

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ビジネスコミュケーション能力の強化を目的に、コーチング・コミュニケーション研修セミナーを開催しています。特に「聴く力」の強化が目的です。

 

 

聴く力コミュニケーション能力を強化する

職場のコミュニケーションが活発でしょうか?職場のコミュニケーションが活発でないなら、その原因は何でしょうか?部下の話す力が低いという理由もあるかもしれません。

 

その逆に、「部下が発言しづらい」「部下が発言しても無駄だと思っている」という理由があるかもしれません。

その場合、上司や先輩が「聴く耳」を持っていないから、「聴く力」が無いからとも考えられます。

 

 

 

コーチング・コミュニケーション

「聴く力」に重点をおいたコミュニケーションスキルに、コーチング・コミュニケーションをオススメしています。

コーチングとは、クライアントから話を引き出し、気づきを引き出すスキルです。

 

クライアントが本音でたくさん話せる環境づくりをもとめられます。職場でコーチング・コミュニケーションを活用できると、発言しやすい職場環境を構築できます。

 

全社員がコーチング・コミュニケーションを習得するのが望ましいです。

 

【コラム】部下が退職を決意する前にモチベーション低下の理由に気づく方法

 

 

 

聴く力を強化して職場のコミュニケーションを活発に

コーチング・コミュニケーション

職場のコミュニケーションが活発かどうかによって、職場の雰囲気が大きく変わります。職場の生産性が大きく左右されます。

 

職場のコミュニケーションが活発に行われるようにするには、「聴く力」がカギになります。

「聴く力」の強化にコーチング・コミュニケーション研修セミナーを開催しています。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】