1on1ミーティングの目的と効果-人事評価制度と切り離そう!

コーチング・コミュニケーション研修

人手不足、働き方改革、健康経営など、人の問題を改善する取り組みが活発です。そのような中、部下との信頼関係構築と部下の成長を目的とした1on1ミーティングを採用する企業が増えています。

1on1ミーティングで効果を高めるためには、大切なポイントについて説明します。1on1ミーティングは上司のスキルによって効果が大きく左右されるため、注意点はしっかり押さえておきましょう。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

部下の成長を促す1on1ミーティング

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングは、部下の成長を目的に行われることが多いです。仕事量が増えているのに対し、人手不足により、上司と部下とのコミュニケーションが希薄化していることも背景にあります。

1on1ミーティングとはどのようなものか説明します。

 

 

1on1ミーティングとは

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談のことをいいます。ただし、評価面談とは異なります。

評価面談と異なる点は、頻度と内容です。頻度は、週1回~月1回のペースで行います。内容は、なんでもOKですが、仕事の課題以外のテーマにすることが一般的です。

そして、最も大きな特徴は、上司がアドバイスをするミーティングではなく、部下が自分自身で考えることをサポートするミーティングということです。

ミーティングの中ではほとんど部下が話しているという形になります。

 

 

1on1ミーティングのメリット

1on1ミーティングの一番のメリットは、上司と部下の信頼関係が構築されることです。上司と部下で本音で話せる回数を増やすことによって、1on1ミーティング以外でもコミュニケーションをとりやすくなります。そのため、仕事の生産性が向上します。

上司も部下もお互いの考え方を理解しやすくなります。上述したように、働き方改革で働く時間が短くなる一方、人手不足で仕事量が増えています。いかにコミュニケーションの質を上げていくかが課題になっています。

部下の本音を引く出すことによって、内発的動機づけを行う可能性も高まります。

 

 

 

1on1ミーティングの留意点

コーチング・コミュニケーション

有効な1on1ミーティングでありますが、留意点もあります。その効果が出るまで時間がかかること、上司のスキルに左右されることです。極端なことを言えば、部下から苦手と感じられていたら効果が出にくいです。

まずは信頼関係構築から取り組まなければなりません。1on1ミーティングの留意点について説明します。

 

 

人事評価制度と切り離す

1on1ミーティングは評価面談とは異なります。そのため、人事評価制度と切り離すことが大切です。評価されるとわかれば、部下も警戒しながら話をするでしょう。

1on1ミーティングの目的である「本音を引き出す」ということができなくなります。人事評価制度と切り離していても、上司が評価するような返し方をすると評価しているのと同じになります。

「それはもっと頑張った方がいいな」ようなことを言うと評価されているように感じられます。なんでも話しても大丈夫という環境を作ることが大切です。

 

 

継続することが大切

1on1ミーティングは、意外に難しいです。評価しないということが、慣れるまで難しいです。そして、部下も最初は警戒します。また上述したように、部下から苦手と感じられている場合も同様です。

「なんでも話してもいいよ」と言われても警戒します。だからお互い慣れるまでは、1on1ミーティングとして機能しません。上手くいかないからと辞めてしまっても効果がでません。だから信頼関係ができるまで根気よく、頻度を上げて継続することが大切です。

 

 

 

1on1ミーティングとコーチングスキル

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングは、上述したように意外に難しいです。1on1ミーティングのスキルアップの方法として、コーチングスキルをオススメします。

1on1ミーティングの内容は、ほぼコーチングセッションと同じだからです。

 

 

コーチングスキルとは

コーチングスキルとは、「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成され、相手に本音でたくさん話してもらうスキルです。1on1ミーティングと目的は同じです。

コーチングスキルを強化することによって、相手は本音でたくさん話してくれるようになります。コーチングスキルもトレーニングが必要なスキルです。そして、多くの方が上達に苦労します。

 

 

聴く力を強化する

相手に本音でたくさん話してもらう力のことを「聴く力」といいます。「聴く力」を強化するための壁がいくつか存在します。まず日本語ということです。「聴く力」が無くても、「聴けてる気分」になれるからです。

次に「上司は指示、命令、アドバイスが得意」ということです。聴くに徹するよりも、アドバイスしたくなります。その方が早いからです。だから「聴く力」を強化するためには、覚悟を決めてトレーニングを継続する必要があります。

 

 

 

1on1ミーティングで組織力強化

コーチング

1on1ミーティングを続けることにより、上司と部下の信頼関係が構築され、部下は安心して上司に報連相できるようになります。そのため、仕事がスムーズに進むようになり生産性が上がります。組織力がアップするのです。

 

 

組織をワンチームにする

2019年流行語大賞にワンチームが選ばれました。組織に一体感をつくることをいいます。組織の一体感を醸成する場合、組織の3要素を強化する必要があります。

・共通目的
・貢献意欲
・コミュニケーション

コミュニケーションは組織を強化するために必要な要素なのです。問題が発生しても、「報告したら怒られるから止めとこう」となったら、問題が先送りにされてしまいます。問題が発生したとき、すぐに報告できる関係性が築かれているかどうかで生産性が大きく変わるのです。

 

 

聴く力コミュニケーションの重要性

1on1ミーティング、コーチングセッションを継続することで強化されるのが聴く力です。

報連相をしてもらえる力です。上司と部下の信頼関係ができていなければ、部下は報連相しないでしょう。良いアイデアがあっても、自分の中で押し殺すでしょう。そしてイノベーションも生まれない、生産性の低いチームができます。

組織を生産性の高いワンチームにするには聴く力コミュニケーションが重要なのです。コーチングスキルを取り入れたコミュニケーション力を強化することが大切です。

 

 

 

コミュニケーション能力を強化する

コーチングスキル

コミュニケーションは、通信です。「送信」と「受信」があって、初めて成り立ちます。つまり「話す力」と「聴く力」です。多くの方は「聴く力」が低いです。逆に言えば、「聴く力」を強化することによって、大幅にコミュニケーション能力が高まります。

コーチング・コミュニケーションをマスターして、1on1ミーティングを効果的に行うコミュニケーション能力を高めましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】