人材育成のための社内教育制度の構築方法

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

企業は優秀な人材を囲い込もうと必死です。お金のある企業なら良いですが、経営資源の少ない企業には人材獲得競争は不利になります。そのため、社員を優秀な人材に成長させる社内教育制度を整備することが大切です。人材育成に社内教育制度が必要なことについて説明します。

【コラム】アフターコロナのビジネスチャンス-世界経済と仕事の変化に対応する

【目次】

 

会社は人材育成が重要

コーチング・コミュニケーション

会社は人材育成が重要です。社内教育制度を整備することが大切です。企業活動において人材育成が重要な理由について説明します。

 

人材の成長が会社の成長につながる

人材育成が重要な理由は、まずは生産性改善です。人材の成長が会社の成長に相関します。1時間に1個しかできないよりも、1時間に10個できるまで成長した方が生産性がかわります。社員が成長するほど生産性が良くなるのです。社員の成長を促進すればするほど、会社の生産性がよくなります。

 

社員のモチベーションにつながる

社員は成長を実感できるようになると、モチベーションがアップします。自分の成果が大きくなっていることがわかると、やりがいを大きく感じるようになります。やりがいを感じるようになると会社への帰属意識が高まります。離職率が改善すると長期的に人材育成できることになり、生産性改善効果が高まります。

 

技術承継

近年問題になっているのが、技術承継の問題です。若手社員に技術承継が進まず、廃業に追い込まれる会社も出てきています。人材育成に力を入れなかった企業は、技術者の高齢化が進み待ったなしの状態になっています。会社を存続させるためにも、若手社員の人材育成は必須の課題になります。

【コラム】モチベーションアップに社内表彰制度はいらない?

 

 

人材育成方法が進まない理由

コーチング・コミュニケーション

企業において、人材育成が重要です。人材育成方法自体はさまざま存在します。しかし実践は進んでいない場合、次のような問題を抱えています。

 

人材育成の大切さを感じていない

人材育成が実践されない理由について、そもそも人材育成の大切さを感じていない場合があります。会社での人材育成は上司や先輩による教育OJTが基本になります。上司や先輩の教える力によって人材育成効果が大きく左右されます。上司や先輩が人材育成を大切と考えていない場合、社内教育制度が進みません。

 

人材育成の時間を確保できない

人材育成の大切さを理解していない場合、人材育成の時間を確保していないことがあります。人材育成の時間よりも、売上拡大、生産拡大の方を優先すると、社内教育が後回しになります。例えば工場の場合、毎週6日間フルに生産をしていたら、社員の人材育成の時間がありません。そのため、現在の仕事以上の発展性が小さくなり、会社の成長期待が小さくなります。

 

若手社員の責任にする

人材育成が進まない理由を若手社員の責任にする場合も目にします。最近の若い人はモチベーションが低いなどといって、育たない責任を若手社員にもってきます。おそらく、その考えをしている限りは、人材育成が進まないでしょう。必ずといっていいほど、世代間の価値観のギャップは生まれます。

若手社員の変化に合わせて、育てる側も意識を変えていく必要があります。環境変化に対応できないまま、高齢化が進む中小企業も多く存在します。

 

社内教育制度を整えるために

コーチング・コミュニケーション

社内教育制度を整えるための説明します。トップダウンで行わないと実現できないでしょう。

 

人事戦略を明確にする

人材育成は、戦略に沿う必要があります。会社の戦略が明確であると、戦略に沿って必要な人材が変化していきます。その戦略に沿って必要な人材を確保する人事戦略を明確にします。人材は経営資源の中でもっとも入手しづらい資源です。レベルの高い人材ほどコストが高くなりがちです。そのため、社内で教育することが基本になります。

 

社内教育の大切さを全社で共有する

社内教育が大切だということを教える上司や先輩が自覚している必要があります。上司や先輩自身が教える力を磨く必要があるのです。特に技術系の会社で部下が育ってくれないという悩みを聴くことがあります。上司や先輩から、部下が自ら学ぼうと意欲がないと愚痴を聴きます。

部下から、上司や先輩がぜんぜん教えてくれないと愚痴を聴きます。そして、やりがいを感じず退職されて、いつまでたっても社員が育たないまま高齢化が進んだ会社が多く存在します。全社的に社内教育制度を整備することが大切です。

 

コミュニケーションの機会を増やす

人材育成の前提として、モチベーションがとても重要になります。若手社員のモチベーションを高められるかどうかで、人材育成の効果が変わります。上司のコミュニケーション能力によって左右されます。

若手社員のタイプにもよりますが、褒められて伸びるタイプ、叱られて伸びるタイプなどさまざまです。若手社員のタイプに合わせて、コミュニケーションの取り方を柔軟に変えることが望ましいでしょう。そのためには、若手社員のタイプを知る必要があります。コミュニケーションの機会を増やすことで、若手社員のタイプを知ることができます。

 

人材育成のためのバッファをつくる

中小企業の人材育成が進まない理由に、そもそも人材育成のための時間が取れないということもあります。まずは人材育成するための余裕が必要です。そのためにも、生産性を改善し、余裕をつくります。時間が無いから人材育成ができない→人材育成ができないから収益性が上がらない→収益性が上がらないから時間が無くなる→・・このような負の循環を避けることが大切です。

【コラム】メンタルヘルスとは~職場からメンタル不調者を出さない取り組み~

 

 

社内教育制度で人材育成の効率化を

人事評価制度

企業の業績は、社員の成長によって変化します。しかし、社員の成長は勝手に行われるものではありません。社内教育制度を整備し、人材育成の効率化を進めることが大切です。そして、社員全員に人材育成の大切さを共有することが大切です。そのためには、社内でのコミュニケーションを活発に行いましょう。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】