職場のメンタルヘルスを改善する部下との接し方

コーチング・コミュニケーション

働く環境の変化が激しいこと。そして、世代間の価値観が大きく異なるようになってきたことから、働く人のメンタルヘルスが大きな課題になっています。とくに、会社の将来を考えるなら、若手社員のメンタルヘルス改善は大きな課題です。若手社員のメンタルヘルス改善には、もっとも関わりのある上司のコミュニケーション能力が大切です。メンタルヘルス改善方法について説明します。

【部下のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】

【目次】

 

部下のメンタルヘルス改善が課題

ストレスケア

部下のメンタルヘルス改善が課題の職場あります。働く環境が激変していることからか、精神疾患による労災申請が増えつづけています。部下のメンタルヘルス改善を進めるべき理由について説明します。

 

生産性の改善

部下のメンタルヘルスは生産性に影響します。疲れている、やる気がでないといったモチベーションの低い状態で仕事をされると生産性が落ち込みます。生産性が落ち込むと、業績が悪化し、職場の雰囲気が暗くなります。さらにメンタルヘルスに悪影響を及ぼすといった悪循環を生みます。

 

離職率の改善

ストレスが高くなり、モチベーションが下がりきると退職につながります。退職につながると、生産性の悪化につながります。誰かが退職すると、その仕事のしわ寄せが、残った人にきます。そのため、残っている人のメンタルヘルスが悪化する可能性があります。

【部下のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】

 

 

部下のメンタルヘルスを悪化させる上司

メンタルヘルス

職場のストレス要因、社員が会社を退職する理由のランキングで常に上位がきているのが上司との人間関係です。部下のメンタルヘルスを悪化させる原因となっているのが上司である可能性があります。具体的な理由について見てみます。

 

評価しない

退職理由の中に、「評価してもらえない」といったものがあります。雑用や単純な仕事しかさせてもらえない。給料が低い。といったことも、「評価してもらえない」に含まれると考えられます。やる気がある社員ほど、ストレスを感じるようになります。

 

粗探しをする

評価しないに近いところですが、粗探しする、否定、批判、いつも怒っているような上司もいます。いつも否定されていたら、ストレスを感じるでしょう。怒られてばかりいたら、怒られないようにビクビクしながら仕事することになるでしょう。評価しないに加えて、粗探しばかりする上司は部下のメンタルヘルスを悪化させます。

【部下のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】

 

 

上司が部下のメンタルヘルスを改善する方法

コーチング・コミュニケーション

部下のメンタルヘルスを改善するには、上司の関わり方が重要です。部下のメンタルヘルスを改善し、モチベーションを高めるための上司の関わり方について説明します。

 

部下を認める

部下を評価しないことが、ストレス要因になっていることから逆をするということです。

部下の成果を認める。

部下のやりたいことを認める。

部下の失敗してもプロセスを認める。

こだわりが強すぎる、自分に厳しい上司にとっては難しく感じるかもしれません。そのためには、上司もコミュニケーション能力の強化が必要です。

 

コミュニケーション能力を強化する

上司になる人は基本的にコミュニケーション能力が高いです。しかし、「話す力」だけです。相手を論破する力は強い人が多いです。一方で、「聴く力」がまだ弱い人も多いです。部下を認めることがしんどいと感じる方は「聴く力」が弱いです。「聴く力」を強化するために、コーチング・コミュニケーションを学ぶことをオススメします。

【部下のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】

 

 

1on1ミーティングなど取り入れる

コーチング・コミュニケーション

部下のメンタルヘルスを改善することは、多くの企業で求められています。そのためには、上司のコミュニケーション能力改善が欠かせません。大企業を中心に1on1ミーティングなどを取り入れて、部下のモチベーションを高めようと取り組みします。1on1ミーティングも上司のコミュニケーション能力が欠かせません。ぜひコミュニケーション能力強化に取り組んでください。

【部下のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】