新任管理職研修~コーチングスキルとリーダーシップ~

コーチング・コミュニケーション

新任管理職になると、部下のころとは異なるスキルを身につけなければなりません。

経営的な知識や人事評価のスキルなど。管理職に必要なスキルの中で最も重要なのが、リーダーシップコミュニケーションスキルです。

 

日本では、出世意欲のある社員が減っていると言われています。出世すると、責任が増えて、残業代がつかないなど、しんどいだけで割りが合わないとみられているからです。

 

管理職がしんどくなるかどうかは、部下がどれだけ協力してくれるかにも左右されます。

 

管理職VS部下の構図にするか、チームワークの良い構図をつくれるか、管理職のコミュニケーション能力次第です。部下がついてくるような強力なリーダーシップが必要です。

 

チーム内でスムーズなコミュニケーションが行えるとリーダーシップも発揮しやすくなります。だからコミュニケーションスキルが基盤となります。

 

新任管理職向けに、さまざまな研修が存在しますが、弊社ではコミュニケーション能力強化が最も重要と考えています。コミュニケーション能力強化には、コーチングスキルが望ましいです。

 

新任管理職の発生する課題と対策について説明します。

 

 

【コラム】コーチングに関するビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

【目次】

 

新任管理職に発生する課題

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

新任管理職の役割は、部下の場合と大きく変化します。

部下のころは上司の指示に従っていれば良かったかもしれません。中間管理職は、さらに上の上司の指示と、指示に従わない部下の板挟みになるケースもあります。

 

新任管理職に発生する課題について説明します。

 

 

チームの成果

新任管理職は、自分の成果よりもチームの成果がもとめられます。極端にいえば、自分は仕事しなくても、チームが成果を出せば管理職として仕事をしたとなります。

 

チームの成果も大切ですが、会社の成果への意識が大切です。チームの自分勝手な行動により、他のチームに悪影響を及ぼす可能性があります。

会社の成果を最大化するのに、他のチームとの調整役としての役割も大切になります。

 

 

 

組織づくり

新任管理職の課題は「部下をまとめる」「部下の育成」などが存在します。

 

 

部下をまとめる

新任管理職の不安は「部下をまとめられるのか」です。

「指示して動いてくれるのだろうか」
「反発されたらどうしよう」
「強く指示した方がいいのだろうか」
「優しく指示した方がいいのだろうか」

 

初めて人を使う立場になると不安が多いです。

当然チームをまとめた経験が無ければそうなります。学生時代とは背負う責任の重さも段違いになります。実際「部下の離職」「管理職の働きすぎ」など問題が発生しています。

 

それらはリーダーシップとコミュニケーション能力の不足が原因です。

 

 

部下の育成

新任管理職になってからの悩みは「部下が育てられない」です。実際、部下の育成に困っているという話をよく耳にします。

「部下に任せる不安」や「自分がやった方が早い」によって、権限委譲ができないのが原因です。

 

いつまでもプレーヤーから抜けられない。
プレーヤーから抜けられないから、マネジメントができない。
プレーヤーから抜けられないから、部下が育たない。
チームの生産性が上がらない。

といった悪循環がまわります。

 

部下にまかせるのはリスクがあると、まかせる前から思い込むのが原因です。

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的と効果とメリット・デメリット~

 

 

 

新任管理職が強化しなければならない能力

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

新任管理職が強化しなければならない能力は、リーダーシップ力とコミュニケーション能力です。

 

上司と部下の板挟みになるなどストレスも大きくなり、メンタルヘルスマネジメント能力も必要です。まとめて重要なのが「考える力」です。

 

状況変化に応じて、適切に意思決定がもとめられるようになります。

 

 

リーダーシップ

チームがまとめるにはリーダーシップが必要です。リーダーシップは以下の要素を満たす必要があります。

 

・ビジョンを明確にする
・組織をまとめる
・組織が成果を出せるようにマネジメントする
・成果に対して責任をとる

 

逆になると部下は不安になります。

「このチームの将来が不透明」「リーダーが無責任」などがあれば、部下は上司についていこうと思わないでしょう。

 

まずは明確なジョンが必要です。管理職はチームの成果に責任をもつ必要があります。部下が成果を出さないのもリーダーの責任です。

 

 

 

コミュニケーション能力

新任管理職は、部下のころと異なったコミュニケーション能力がもとめられます。部下のころは、報連相など説明する「話す力」が必要でした。

管理職は、部下の話を聴く、社内の情報を収集する「聴く力」が必要になります。

 

強引に指示命令で部下を動かそうとすると、反発される可能性があります。最悪パワハラになります。部下それぞれ性格が異なります。

部下の個性に合わせてコミュニケーションをとる柔軟性がもとめられます。

 

コミュニケーション能力が必要な理由は、チーム内で情報を共有するためです。部下がそれぞれ何をしているか分からない状態は避けなければなりません。

 

チームをまとめるのに、コミュニケーション能力が必要なのです。

 

 

 

モチベーションとメンタルヘルスマネジメント

新任管理職は、部下のモチベーションマネジメント、メンタルヘルスマネジメントの両方が必要になります。部下のモチベーションを引き出せないと、仕事が思うように進まなくなります。

 

部下のメンタルヘルスが悪化し、休職者や退職者が発生しても仕事が進まなくなります。部下がダウンすると、管理職の役割を果たせなくなります。

 

また管理職は自分自身のメンタルヘルスマネジメントが重要です。なぜなら、仕事が思うように進まないとき管理職のストレスはとても大きくなるからです。

 

上司から成果を出せとプレッシャーをかけられ、部下が思うように仕事をしてくれないときどうしますか?管理職が部下の分まで仕事をして成果を出すという状況を続けていると管理職自身がストレスでダウンしてしまうかもしれません。

 

自分を犠牲にしてまで仕事をする管理職は、部下にも同じように仕事をするようにをもとめがちです。その場合、部下を追い詰める恐れがあります。

 

部下のモチベーションを高める、仕事の配分コントロール、他部署との調整など、ストレスを減らすにもコミュニケーション能力が必要な場面は多いです。

 

 

 

 

 

新任管理職研修選びの課題

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

新任管理職研修を探すとさまざまな種類が見つかります。

 

どの研修を受講させるかによって、効果が異なります。それぞれに課題が存在します。研修を選ぶ企業は、留意点を把握した上での選択が大切です。

 

弊社では、新任管理職にはコミュニケーション能力がもっとも重要と考えています。

コーチング・コミュニケーション研修セミナーを実施しています。

 

 

新任管理職研修で避けたいこと

新任管理職研修で避けたいのは、受講させたのに効果がなかったという状況です。

 

学生生活で経験しているように、同じ先生に同じように習ったからといって、受講生が同じような成績をとるとは限りません。

効果の得られなかった新任管理職のフォローをどうするか考えなければいけません。

 

また、新任管理職のためのノウハウ本を読ませたのと効果が変わらないという状況も避けたいです。

 

企業研修はノウハウ本よりも高額になりがちです。もっとも大切なのが、どのような管理職になってほしいか?です。

 

 

新任管理職に何をもとめるか?

新任管理職に何をもとめるか?が重要です。

 

「新しい仕事にチャレンジしてくれる管理職になってほしい」という言葉をよく聞きます。

 

その割には、管理職研修が型にはめるものが多いように感じます。

管理職としてのルールを守らなければならない研修になればなるほど、考える力が低下し、「ルールを守る」が仕事になる保守的な管理職ができあがります。

 

管理職は、外部環境の変化にあわせて、柔軟に素早く意思決定できる力がもとめられます。

ルールは大切ですが、ルールが時代に合っているか、客観的視点で考える力が管理職にはもとめられます。

 

【コラム】部下のモチベーションを下げるタイプの上司にならないため大切なこと

 

 

 

新任管理職にもとめられるコーチング・コミュニケーション

コーチング・コミュニケーション

新任管理職の能力を強化する方法を一つだけ選べといわれたらコミュニケーション能力強化です。コミュニケーション能力の有無があらゆる場面で効いてきます。

管理職になったらもとめられるコミュニケーション能力は聴く力です。

 

多くの方が「聴く力」を強化するのにどのようなトレーニングをしてきたか?という質問に答えられません。なぜなら、教えてもらったことが無いからです。

 

「聴く力」の強化方法として、コーチング・コミュニケーションの習得をオススメしています。

 

 

 

コーチング・コミュニケーションとは

コーチング・コミュニケーションとは、コーチングスキルを活用したコミュニケーションスキルです。

 

コーチングとは、相手の話を徹底して聴くによって、気づきを引き出し行動を促すスキルです。つまり、「聴く力」に重点をおいたコミュニケーションスキルです。

 

コーチングスキルは、「傾聴」「質問」「フィードバック」のスキルにより構成され、トレーニングにより「聴く力」が強化されます。

「聴く力」を強化で、さまざまなメリットが得られます。

 

 

 

コーチング・コミュニケーションのメリット

「聴く力」強化の目的は、相手にたくさん本音で話してもらうです。

 

管理職は部下から報連相など、多くの情報を引き出さなければなりません。また自部署だけでなく、他部署との調整など、多くの情報を収集しなければなりません。

 

情報が少ないと意思決定を間違える可能性があるからです。

 

「聴く力」の強化により情報収集力が強化されます。コミュニケーションが活発に行われると、チームの生産性が向上するのです。

 

また、部下の話を聴くのは、部下のモチベーションアップやメンタルヘルスにも効果的です。

 

【コラム】バーナード組織の3要素~共通目的・協働意欲・コミュニケーション

 

 

 

管理職研修にコーチング・コミュニケーションを

コーチング・コミュニケーション

管理職は、部下のころと全く異なったスキルがもとめられます。その中で最も大切なのがコミュニケーション力です。

 

基本的に管理職になる方は、コミュニケーション能力があります。ただし、それは「話す力」に偏りがちです。なぜなら「聴く力」のトレーニングを行った経験のある方が少ないからです。

 

管理職の役割はチームをまとめるです。チームをまとめるには、部下の話を「聴く」が欠かせません。

 

管理職になったら、まずは「聴く力」の強化に取り掛かってください。弊社ではコーチング・コミュニケーションの研修セミナーを実施しています。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】