ベテラン社員と若手社員のコミュニケーション不足改善方法

コーチング・コミュニケーション

少子高齢化が進む中、企業も高齢化問題を抱えるところが増えています。後継者不足などで、大量廃業時代が来るとも言われています。

今後大きな問題になってくるのが、優秀な若手人材の確保です。若手人材の確保できるかどうかによって会社の将来性が左右されます。

 

しかし、多くの職場で課題になっているのがベテラン社員と若手社員のコミュニケーション問題。

お互いにコミュニケーションの壁ができると、仕事が思うように進みません。業績にも現れてくる可能性があります。最悪、若手人材が寄り付かなくなり、企業の高齢化がさらに進みます。そして、会社の将来性が不安定になります。

 

ベテラン社員と若手社員のコミュニケーションを改善する方法について説明します。

 

【コラム】中小企業がコロナウイルス感染拡大による不況を乗り切る対応策

【目次】

 

ベテラン社員と若手社員のコミュニケーションが課題

コーチング・コミュニケーション

多くの企業で、ベテラン社員と若手社員のコミュニケーションが課題と聞きます。そのため、多くの課題が上がっています。社内のコミュニケーションがスムーズに進まないと、経営がスムーズに進まないのです。

 

 

技術承継が上手くいかない

ベテラン社員と若手社員のコミュニケーションが上手くいかない時、技術承継の問題が現れます。見て覚える世代のベテラン社員と教えてもらうことが当たり前の若手社員。考え方の違いで、技術承継が進みません。

 

技術承継が進まないまま、社員の高齢化が進んだ会社も多く存在します。技術を持った熟練社員が定年退職すると、事業の存続自体が難しくなります。

 

 

離職率が悪化する

教えてもらうのが当たり前の若手社員にとって、教えてもらえない環境は放置されていると同じになります。人材育成に力を入れてない会社は、この会社にいても成長できないと判断します。そうなると、転職を考えます。

 

若手社員が入ってきても、すぐ辞めるを繰り返され、会社の高齢化が進みます。離職率を改善しない限り、会社の将来性が小さくなってきます。

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場からメンタル不調者を出さない取り組み~

 

 

ベテラン社員と若手社員のコミュニケーションが改善しない理由

コーチング・コミュニケーション

ベテラン社員と若手社員のコミュニケーションの全てが上手くいかないわけでは無いですが、課題を感じている会社は多く存在します。

コミュニケーションに課題が生じる理由について整理します。

 

 

価値観の違い

まずは、価値観の違いです。ベテラン社員が培ってきた価値観と、若手社員が培ってきた価値観は異なります。どちらが間違っているわけではありません。

 

バブル世代の人は、寝ないで仕事を頑張るのが美徳かもしれません。若い人は、いかに効率よく働くが美徳かもしれません。

ベテラン社員は若手社員に「考え方が甘い」と捉え、若手社員はベテラン社員に「考え方が古い」と捉えます。

 

 

認める力不足

実際には、価値観が異なることは問題では無いです。

価値観が同じになるケースはほとんどないからです。違う価値観を認められないことが問題です。

 

同じ考え方以外認めないという考え方自体が、閉塞感をつくります。イノベーションを妨げる要因にもなっています。

日本人全体的に、先進国の中では保守的、閉鎖的といわれています。

 

 

 

 

 

コミュニケーション能力を改善する方法

コーチング・コミュニケーション

ベテラン社員と若手社員のコミュニケーションの改善方法はどうすれば良いのか。それは、ベテラン社員のコミュニケーション能力の改善です。

 

若手社員の方がコミュニケーション能力が低いと感じられるかもしれません。実際に若手社員の方がコミュニケーション能力低いかもしれません。

だからこそ、ベテラン社員が若手社員に合わせる必要があるのです。

 

 

コミュニケーション能力とは

コミュニケーションの基本は、相手のコミュニケーション能力に合わせるのが大切です。子どもとコミュニケーションをとりたいなら、子どもにわかるような言葉づかいでコミュニケーションが必要です。

 

逆はできません。走りの遅い人が速い人に合わせることはできません。だから、会社でもベテラン社員が若手社員に合わせてコミュニケーションをとる必要があるのです。

 

「それは甘いのでは無いか」と感じるかもしれません。しかし、そう言っているうちは、何も改善されません。

会社を将来にわたって持続的に成長させていくために、ベテラン社員がどのように対応するか考える必要があります。

 

 

聴く力の改善方法

相手に合わせてコミュニケーションをとるうえで、大切なのが「聴く力」です。「話す力」が相手に自分の考え方を伝える情報伝達力とするなら、「聴く力」は相手を理解しようとする情報収集力です。

 

相手を理解し、相手にわかる言葉で話すからコミュニケーションが成立するのです。大切な「聴く力」ですが、強化方法をほとんどの方が知りません。トレーニングしてきた経験が無いからです。

 

そのため、コミュニケーション能力が高いと思われているベテラン社員も「聴く力」が低いケースが多いです。「聴く力」の改善方法にコーチング・コミュニケーションの導入をオススメします。

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

チームビルディング

コーチング・コミュニケーションとは「聴く力」に重点をおいたコミュニケーションスキルです。コーチングスキル「傾聴」「質問」「フィードバック」のトレーニングの導入によって「聴く力」を改善します。

 

今後、ますます少子高齢化が進みます。2025年の大量廃業問題も耳にします。技術承継など、会社の若返りは会社の存続問題に関わります。

社内のコミュニケーションを活発にして、活気ある会社にしてください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】