ブレインストーミングによるアイデア創出―成果が出ない場合の対処法

コーチング・コミュニケーション

「イノベーションを起こしなさい」と指示されることがあるかもしれません。しかし、「イノベーションの起こし方」について、指示している方もわかっていないことが多いでしょう。ほぼ運任せになっているところが多いです。実際、イノベーションは運任せの要素は大きいです。しかし確率を高めることはできます。

斬新なアイデアを出す方法として、ブレインストーミングが用いられることが多いです。ブレインストーミングも良いアイデアを出すためには工夫が必要です。ブレインストーミングによるアイデア創出で、成果を出す確率を高めるための方法について説明します。

【質問力を高めるコミュニケーションについて】

【目次】

 

ブレインストーミングとは

コーチング・コミュニケーション

ブレインストーミングとは、アイデア発想法の一つです。ブレストと呼ばれることが多いです。必ず用意しなければならないツールがなく、簡単な方法なので、多くの企画会議やアイデア会議で用いられます。ブレインストーミングについて説明します。

 

 

目的と特徴

ブレインストーミングの目的は、斬新なアイデアを発想することです。普通に一人で考えていたら出てこないようなアイデアをグループの力を借りて創発します。

特徴は多様性を利用することです。自分とは異なる考え方、意見に刺激されて新しいアイデアを出します。そのアイデアに刺激されて、また他のメンバーがアイデアを出すという連鎖を生み出します。グループダイナミクス、創発、双発と呼び方をすることもあります。創発の連鎖を起こすことによって、斬新なアイデアが生まれる可能性が高まります。

 

 

メリット・デメリット

ブレインストーミングのメリット・デメリットについて説明します。

〇メリット
・ツールが必要ない(付箋が使われることは多いです)
・いつでもどこでも簡単にできる
・経験のある人が多い
・アイデアの量を出せる
・アイデアの幅が広がりやすい

〇デメリット
・人数が少ないとアイデア量が少なくなる
・人数が多いとアイデアの深さが浅くなる(深めるには時間を要する)
・価値観が同じメンバーではアイデアが広がらない(多様性が必要)
・ファシリテーターの実力に成果が左右される
・奇抜なアイデアは消されやすい

【質問力を高めるコミュニケーションについて】

 

 

ブレインストーミングのやり方

デザイン経営

ブレインストーミングのやり方について説明します。ルールに従ってアイデアを出し合うだけなので簡単です。

 

 

ルール

ブレインストーミングには4原則というルールが存在します。次の4つになります。

1.どんなアイデアでもOK(否定厳禁)
2.質よりも量を出すことを優先
3.結論も後回しにして、とりあえず量
4.人のアイデアに便乗することを歓迎

とりあえず量を優先します。否定や結論など、アイデア創出を妨げるものはどんどん排除します。逆にアイデア創出の量を稼ぐために人のアイデアをパクるなどは大歓迎します。

 

 

進め方

ブレインストーミングの進め方はシンプルです。アイデア会議の目的を明確にして、ディスカッションをスタートします。例えば「テレワークでのコミュニケーション不足を改善する方法についてアイデアを出しましょう」などといったテーマを出してスタートします。

会議がスムーズに進むように、アイデア出す人が偏らないようにファシリテーターを用意することが望ましいです。 ツールは必要ないですが、付箋などを使ってアイデアを見える化することもよくあります。人のアイデアを参考に自分のアイデアを新たに出します。それをメンバー間で繰り返しながらアイデアを膨らませます。

【質問力を高めるコミュニケーションについて】

 

 

ブレインストーミングの問題と対処法

コーチング、コンサルティング

ブレインストーミングはやり方自体は簡単です。しかし、成果を出すことは簡単ではないようです。簡単なので数多くの企業で実施されているでしょう。毎日数えきれないぐらいのブレインストーミングが行われていると考えられます。そう考えると、ブレインストーミングによる斬新なアイデアの創出はそれほど多くないようにみえます。

 

 

効果を妨げる要素

ブレインストーミングを失敗に導く要素は次のようなものがあります。

・価値観が同じメンバーで実施(同じ会社、同じ課のメンバーの価値観は同じになりがち)
・常識にとらわれがち
・権限の強い人、声の強い人の意見に引っ張られがち
・失敗を恐れる

男性ばかりでアイデア創出しても女性視点のアイデアは出てきにくいでしょう。Facebookが出てきたころ日本では実名のSNSは普及しないだろうと指摘されていました。意見を活発に出すようにといっても、結局意見出しても出来レースのようになっている会議も数多く存在するのではないでしょうか。それは、斬新なアイデアを採用して失敗したら責任を取らされるところにあるからでしょう。

 

 

効果を高める対処法

ブレインストーミングの効果を高める方法として、弊社がオススメするのはコーチング・コミュニケーションを取り入れることです。特にファシリテーターが習得することが大切です。会議はコミュニケーションです。そして、アイデア会議では、アイデアを引き出すコミュニケーション能力がもとめられます。

それが「聴く力」です。「聴く力」には、何でも話しやすい否定批判されない場づくりである「傾聴力」、幅広い視点でのアイデアを引き出す「質問力」などが含まれます。本来であれば、多様性を増すために、老若男女、国籍などさまざまなメンバーを参加させることが望ましいです。しかし、現実的には難しいでしょう。あとは失敗を恐れない組織風土をつくることです。

この考え方もコーチングスキルを学ぶことで身につけることができます。実際には、日本全体が失敗を許さない文化なので、難しい面もあると思います。しかし、チャレンジ精神をはぐくむ組織風土をつくることができたら、ブレインストーミングも大きな成果を上げることができるでしょう。

【質問力を高めるコミュニケーションについて】

 

 

ブレインストーミングの質を高めよう

デザインシンキング

企業間の競争は、アイデア発想力の競争とも言えます。アイデア発想力の無い会社は、他社との差別化を行うことができません。その結果、競争に負けてしまうかもしれません。

Amazon,Apple,Facebook,Googleをはじめ、多くの商品、サービスが日本を席捲しています。テレワークで活用が広がったZoomも外国企業です。数年前までは技術立国日本と言われていたのに、外国企業のアイデア発想力に負けている状態が続いています。

アイデア発想力を強化するためにも、まずは社内のコミュニケーションを活性化することをオススメします。ブレインストーミングの質を高めて競争力を強化しましょう。

【質問力を高めるコミュニケーションについて】