コーチングセッションを受ける効果と学ぶ効果

コーチング・コミュニケーション

上司と部下、親子関係など、モチベーションを引き出す方法としてコーチングスキルが注目されています。

 

コーチングは、「受ける」メリットがありますが、「学ぶ」もメリットにつながります。

 

とても、汎用性の高いコミュニケーションスキルです。

コーチングセッションを受けるメリット、コーチングを学ぶメリットについて説明します。

 

 

【コラム】コーチングを副業にする~楽して稼げる仕事は無い~

【目次】

 

コーチングスキルが求められる背景

公平理論

人手不足や働き方改革、健康経営など、人事関連の話題が豊富です。

それほど、日本企業では問題になっているといます。

 

生産性改善を優先するあまり、コミュニケーションが希薄化し、社員のモチベーションが低下し、メンタルヘルスの問題も増加しています。

 

そのため、コミュニケーションの質を高めるためにコーチングスキルを活用するケースが増えています。

 

今注目されている1on1ミーティングもコーチングスキルを活かしたコミュニケーションです。

 

 

 

 

 

コーチングとは

コーチングとは、聴くに重点を置いたコミュニケーションスキルです。

 

クライアントの問題の解決、目標の達成をサポートするためのスキルになります。

 

コーチングの語源は「馬車」です。

 

クライアントを目的地に連れて行くというところから来ています。つまり、クライアントが希望する「なりたい姿」に連れていくためのスキルです。

 

コーチングでは、この「なりたい姿」を詳細にまで「具体的に表現する」が大切です。

馬車もそうですが、目的地を正確に言ってくれないと、連れていくことができないからです。

 

そのため、コーチングでは「なりたい姿」を細部まで引き出すことが求められます。

この引き出すために必要なのが「聴く力」です。

 

 

 

 

 

コーチングスキルについて

コーチングスキルは「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されます。

 

「傾聴」で安心して話せる環境をつくり、「質問」「フィードバック」で気づきを引き出します。

「傾聴」は「承認する」も含みます。否定や批判が無いから、相手は安心して話ができるようになります。

 

 

「質問」は潜在意識にアクセスします。

質問により、時間、空間、人の視点を自在にコントロールして、気づきを引き出します。

 

 

「フィードバック」は鏡の役割をします。

人は意外に自分のわかって無い部分が存在します。人に言われて初めて気がつくことも多々あります。そのような気づきを与える効果があります。

 

これら3つのスキルを駆使して、「なりたい姿」を細部まで引き出し、具体化していきます。

 

 

 

【コラム】コーチングは独学でもマスターできる?~効果的な勉強方法~

 

 

 

 

コーチングのメリット

廃業

コーチングにはさまざまな効果があります。

 

その中でもっとも大きいのがコミュニケーション能力の強化でしょう。

 

コミュニケーション能力の強化により、「受けるメリット」「学ぶメリット」が得られます。

 

なぜなら、自己との対話、自分とのコミュニケーションの質が高められるからです。

 

コーチングを「受けるメリット」と「学ぶメリット」について整理します。

 

 

 

 

 

コーチングを受けるメリット

コーチングを受けるメリットとして以下のようなものがあります。

 

・目標、なりたい姿が明確になる
・視野が広がる
・ポジティブな面にも目を向けられる
・自信がつく
・行動が促され、成果につながる
・モチベーションが高まる
・ストレスが減る
・成長スピードが速まる

などがあります。

 

 

人が悩んで行動ができないときは、状況が複雑に絡み合って見えにくい状況になっているからです。

 

わからないという状態が怖いからです。それを見える化し、具体化により、前に進めるようになります。

 

前に進んで成長すれば、さらに前に進めるようになります。「成長が促される」が大きなメリットです。

 

 

 

 

 

コーチングを学ぶメリット

コーチングを学ぶメリットとして、以下のようなものがあります。

 

・コミュニケーション能力が高まる
・視野が広がる
・柔軟になれる
・自分との違いを認められる
・ストレスが減る
・自信がつく
・ポジティブな面に気づきやすくなる
・行動が促される
・成長が促される

などがあります。

 

コーチングを受けるメリットは、ほぼ同じように得られます。

そのメリットを実感しているから、自信もってコーチングセッションができるようになります。

 

一番大きなメリットはコミュニケーション能力の向上です。

 

それは自分とは異なる意見に対しても、認められるようになるからです。

 

受け止められるようになると、意見のぶつかりによる人間関係の悪化が減ります。人間関係の改善をよくする効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーション能力を強化する

コーチングスキル

コーチングを学ぶ大きなメリットはコミュニケーション能力の強化です。

 

労働者に求めるスキルとして、常に上位にあるのがコミュニケーション能力です。それだけコミュニケーション能力の強化が求められているのです。

 

コミュニケーションが希薄化すると、「指示命令がとおらない」「報連相が無い」など仕事がスムーズに進まなくなります。

 

人間関係の悪化により、メンタルヘルスの問題の発生や退職の誘発を起こしてしまいます。コミュニケーションの質が悪化すると、組織の生産性が大幅に低下します。

 

 

 

 

 

コミュニケーションとは

改めて、コミュニケーションとは何でしょうか。会話(カンバセーション)とは何が違うのでしょうか。

 

多くの方が、この違いを気にせず、コミュニケーションをとっていると考えています。

 

コミュニケーションの語源は「共有」です。そしてコミュニケーションは日本語で「通信」です。送り手と受け手が同じ情報をもつことが求められます。

 

メールで説明するとわかりやすいです。

「おはよう」と送ったメールが「さようなら」と相手に届いたら、困りますよね。

 

コミュニケーションは、送ったメッセージがそのまま相手に届く必要があるのです。

 

口頭になると、それが極端に難しくなります。

話し手が発信しているのは、言葉だけではありません。言葉に含まれる「感情」や「意図」まで受け取れないとだめなのです。

 

これができていないと、「そんなつもりで言ったのではないのに」や「期待したレベルをやってくれなかった」が発生します。

 

このようなケースがコミュニケーションの問題を起こす要因になっています。そして、コミュニケーションの問題が発生する要因は「聴く力」の弱さによるところが大きいのです。

 

 

 

 

 

「聴く力」とは

コミュニケーションは「話す力」と「聴く力」で構成されます。

 

コミュニケーションを活発にするというと、多くの方が「話す力」を強化しようとします。

 

プレゼンテーション、スピーチ、教える力、交渉力、営業力、トーク術などを磨きます。

 

そして「聴く力」は?ときくと、教えてもらった経験がありません。強化方法も知りません。

 

コミュニケーションは「話す力」重視で行われます。

その結果、意見、価値観のぶつかり合いになり、勝ち負けをつくり、人間関係が悪化し、コミュニケーションの希薄化を生みます。

 

 

相手の意見や価値観を受け止める力が必要なのです。それが「聴く力」です。

 

受け止めてもらえるので、相手は安心して話しができます。安心して、活発に意見を生み出す空間をつくる力が「聴く力」です。

 

「聴く力」があると、コミュニケーションの質が変わるのです。

 

その「聴く力」を強化する方法がコーチングを学ぶです。コーチングを学ぶ一番のメリットはコミュニケーション能力の強化です。

 

 

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場でメンタル不調者を出さない~

 

 

 

 

コーチング・コミュニケーションを習得しよう

コミュニケーション

コーチングを学ぶことによって、「聴く力」の強化、コミュニケーション能力の強化が得られます。

 

コミュニケーション能力の強化の良いところは、あらゆるシーンで活用できるところです。コミュニケーションは一生必要なスキルです。

 

 

そのため、できるだけ早い段階でコーチングスキルを「学ぶ」をオススメします。コーチングスキルを取り入れたコーチング・コミュニケーションを活用しましょう。