ハドルミーティングとは~コミュニケーションを密に~

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

IT技術が進化してインターネットの通信速度が速くなっているにも関わらず、職場のコミュニケーション不足が問題になっています。

 

コミュニケーション不足の発生要因は、コミュニケーションの質が悪くなっているからです。

 

職場のコミュニケーション不足の解消方法として、ハドルミーティングが注目されています。

 

大切な注意点、ハドルミーティング含めて、各スキルを採用しても、すぐには効果が現れません。

 

コミュニケーション不足の解消は時間を要すので、PDCAサイクルを回しながら継続がもとめられます。

 

ハドルミーティングについて、効果的に行うのに重要なポイントも含めて説明します。

 

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的とメリット・デメリット~

【目次】

 

ハドルミーティングが注目される理由

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ハドルミーティングと呼ばれるミーティング方法が注目されています。

 

 

 

 

 

ハドルミーティングとは

ハドルミーティングとは、BizHintで次のように紹介されています。

 

 

ハドルミーティングとは、もともとはアメリカンフットボールの選手たちが試合中に行うフィールド上の作戦会議を指す用語で、ビジネスシーンでは必要に応じて開催する短時間の会議スタイルを指します。
(出典:BizHint「ハドルミーティング」:https://bizhint.jp/keyword/291177)

 

 

チームスポーツで、タイムをとって全員で行う短時間のミーティングの様子からとったものです。

仕事の合間に、全員集まって、短時間で情報共有を行うミーティングをハドルミーティングと呼びます。

 

 

特徴は次の通りです。

・1日数回以上、頻度を高め
・必要なメンバー全員が参加
・業務を妨げない程度の短時間で修了
・情報共有が目的

 

アジャイル経営で行われるミーティングの形に似ています。

 

 

 

 

 

 

 

効果・メリット

ハドルミーティングの効果・メリットは次の通りです。

 

・報連相のきっかけとなる
・情報共有が迅速になる
・軌道修正が早くなる
・一人で悩む時間が短くなる

などの効果があります。

 

 

PDCAサイクルを高頻度で回転させて、生産性を高めます。

 

 

 

【コラム】一体感の醸成方法~チームワークとコミュニケーション~

 

 

 

 

ハドルミーティングの導入

コーチング・コミュニケーション

ハドルミーティングの導入方法について説明します。大切なポイントは、お互い協力しあおうとの意識です。

 

 

 

 

ハドルミーティングの方法

ハドルミーティングの方法に絶対的なルールはありません。自社に合ったやり方を追求姿勢が大切です。

 

ハドルミーティングの実施タイミングは大きく分けて2つです。

①開催時刻を決めておく(例えば11時と15時)
②必要に応じて臨時開催(必要を感じたメンバーの呼びかけ)

 

 

①開催時刻を決めておく
ハドルミーティングは仕事の途中の情報共有を目的としています。

タイミングを決めておけば、メンバーの仕事は、急に止められません。

 

話し合う内容は次のようになります。

・現在の仕事の進捗状況
・抱えている課題についての情報

 

 

 

②必要に応じて臨時開催
例えば、調査結果により、戦略を見直さなければならなくなったとき。

定刻まで待つ時間がもったいない場合は、臨時招集して話し合います。

 

 

 

 

 

 

ハドルミーティングの注意点

ハドルミーティングの効果を高めるのに必要なのは、職場のコミュニケーションの質の改善人間関係強化です。

 

せっかく定時にミーティングしているのに、相談が怖い、問題を伝えるとメンバーに迷惑がかかってしまうと考えてしまうと、情報共有が行われなくなります。

 

また、臨時に人を集める場合も、声をかけづらい雰囲気があれば、臨時開催が行われません。

 

ハドルミーティングの位置づけを明確にして、効果的に行うには強力なリーダーシップが必要です。

 

日ごろから、相談しやすい雰囲気づくりをしましょう。

 

 

 

 

 

 

ハドルミーティングの効果を高める方法

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ハドルミーティングの効果を高めるには、なんでも発言し合える関係づくりです。

 

スポーツでハドルミーティングの効果が得られるのは、チームワークを強化が日ごろからはかられているからです。

チームワークの強化には、コミュニケーション能力の強化がもとめられます。

 

 

 

 

 

コミュニケーション能力の強化

ハドルミーティングの効果を高めるには、コミュニケーションが活発に行われる組織が必要です。

コミュニケーション能力の強化の方向性について、「話す力」と「聴く力」の2つの方向性があります。

 

コミュニケーション能力の強化というと、「報連相」や「話す力」と捉える傾向にあるように感じます。

 

ハドルミーティングでは、報連相などよりも、「報連相しやすい雰囲気をつくる力」がもとめられます。

 

聴く力」の強化が重要です。

 

 

 

 

 

コーチング・コミュニケーションの導入

「聴く力」の強化方法として、おすすめはコーチング・コミュニケーションの導入です。

 

コーチング・コミュニケーションとは、コーチングスキルを取り入れたコミュニケーションスキルです。

 

コーチングスキルは、「傾聴」「質問」「フィードバック」のスキルで構成され、トレーニングにより「聴く力」が強化されます

 

コーチングでいう「聴く力」は、「相手に本音でたくさん話してもらう力」です。

 

ハドルミーティングで重要な、なんでも話せる職場づくりにつながるスキルです。

 

コーチング・コミュニケーションのトレーニングの継続によって、ハドルミーティングが効果的に行えるようになります。

 

 

 

【コラム】バーナード組織の3要素~共通目的・協働意欲・コミュニケーション

 

 

 

 

ハドルミーティングを実践してみよう

コーチング・コミュニケーション

職場内のコミュニケーション不足が課題になっています。

コミュニケーション不足により、仕事が思うように進まず非効率になります

 

働き方改革が進む中、生産性の向上がもとめられています。生産性向上をはかには、コミュニケーションの活性化が欠かせません。そのハドルミーティングが注目されています。

 

重要なポイント、1回では効果が現れません。

 

最低1年ぐらい毎日継続してください。

もちろん改善点があれば、PDCAサイクルを回してブラッシュアップが大切です。

 

まずはハドルミーティングを実践してみてください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】