OJTのメリット・デメリット~人材育成の効果を高める~

コーチング・コミュニケーション

人材育成の方法といえばOJTとOFF-JTがありますが、コストと時間の関係から多くの場合OJTが基本になります。

 

OJTは、教える人の能力によって人材育成の効果は大きく左右されます。

近年は教える人の能力だけでなく、教わる方の価値観の多様性も人材育成の効果を左右するようになってきました。

 

教える人は、教わる方のタイプに合わせて柔軟に教え方を変えるコミュニケーション能力がもとめられます。

相手に合わせてコミュニケーションを柔軟に変える方法としてコーチングを学ぶ研修セミナーを実施しています。

 

このコラムではOJTにコーチングを活用する方法を説明します。

 

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場からメンタル不調者を出さない取り組み~

【目次】

 

人材育成の方法

コーチング・コミュニケーション

人材育成の方法は、大きくOJTとOFF-JTにわけられます。それぞれのメリット・デメリットを説明します。

 

 

 

 

OJTのメリット・デメリットとは

OJTとは、仕事をしながら、部下や後輩を指導する人材育成方法です。企業での人材育成の基本となります。OJTのメリット・デメリットは次のとおりです。

 

 

【メリット】
・仕事を進めながら教育できる
・自社独自のノウハウを教えられる
・教える側のスキルアップにもつながる
・教えられる側の習熟度に合わせて柔軟に対応できる
・コストが安い

 

 

【デメリット】
・自社の常識を超えた体系的な知識が得られない
・教える上司、先輩の教える力に左右される
・教える側の仕事が止まる

 

 

 

 

OFF-JTのメリット・デメリットとは

OFF-JTとは、仕事を止めて、主に外部の研修講師からセミナー形式で学ぶ人材育成方法です。仕事が止まるので、慎重に行われます。OFF-JTのメリット・デメリットは次のとおりです。

 

 

【メリット】
・自社にない体系的な知識を手に入れられる
・指導になれた講師に教わるので、教える能力のバラつきが小さい

 

 

【デメリット】
・コストが大きい
・仕事が止まる機会損失も発生する
・実務に活かせるかどうかはわからない

 

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

 

 

 

 

OJTの課題

コーチング・コミュニケーション

OFF-JTはコストが高くなりがちで、OJTが企業での人材育成では基本になります。

しかし、OJTもデメリットが存在するので、効果的に行うには、工夫が必要です。OJTの課題を説明します。

 

 

 

 

部下・後輩の価値観の多様化

近年、さまざまなタイプの部下や後輩が存在するので、悩まされるケースが多いようです。

 

昔のように年功序列だったり、目上の人には従うのが当たり前という価値観のころだったら、教える方も楽だったのかもしれません。

 

しかし、現代はさまざまな価値観が存在します。インターネットの普及による影響も大きいと思います。

 

年上の部下というケースも一般的になってきました。そして、今までの当たり前が通用しない社員も増えてきました。

教える側は部下や後輩のタイプに合わせて、教え方を柔軟に変える方法がもとめられてきました。

 

 

 

 

教える側のコミュニケーション能力

教える側が、部下や後輩に合わせて柔軟に教え方を変えるのに、もとめられるのがコミュニケーション能力です。

・相手の理解度の確認
・相手にわかりやすく伝える
・相手が相談しやすい関係性づくり
・褒めると叱るを使い分ける力

このようなコミュニケーション能力が必要になります。

 

コミュニケーション能力が無いと、部下や後輩は、「教えてもらっているけど理解できない」「わからないけど相談しづらい」「怒られてばかりで自信を無くす」などが発生し、人材育成に失敗する可能性があります。

 

OJTの担当者はコミュニケーション能力強化がもとめられます。

 

 

 

 

 

効果的にOJTを行うコーチング

コーチング・コミュニケーション

効果的にOJTを行うには、教える側のコミュニケーション能力がもとめられます。

そのコミュニケーション能力を強化する方法として、コーチングの導入をオススメします。コーチングの説明をします。

 

 

 

 

コーチングとは

コーチングとは、相手の話を聴くに重点をおき、気づきを促す人材育成のスキルです。

 

同じ人材育成のスキル、ティーチングと対比されるケースが多いです。ティーチングとは教える、指導するなど従来の人材育成方法になります。

 

コーチングは、相手が自分で考えて課題を解決していくを促すスキル。

 

「考える」を促す方法として、「傾聴」「質問」「フィードバック」といったスキルを駆使して、相手にたくさん話してもらいます。

 

 

OJTは上述したように次のような課題に対応がもとめられます。

・相手の理解度の確認
・相手にわかりやすく伝える
・相手が相談しやすい関係性づくり
・褒めると叱るを使い分ける力
どれも相手をよく理解しなければできません。

 

コーチングは「本音をたくさん話してもらって相手を理解する」スキルともいえます。

 

 

 

 

コーチングをOJTに活用する方法

コーチングをOJTに活用する方法を説明します。

 

1.学ぶスキルのゴールを共有する

2.そのスキルを習得するスケジュールを一緒に考える。教える側の期待は伝えつつ、スケジュールを決めるのは部下・後輩が主体となる。自己決定が促され、責任感が生まれる。

3.その計画を進める方法は、部下・後輩が決める。スケジュール通りに習得するにはどんな行動が必要かを「質問」して確認する。

4.教わりに来たとき、時間的に余裕が無い時はティーチングで対応し、余裕があるときは、「質問」で考えるをうながす。ただ教えられるより、自ら考えた方が記憶に残りやすい。

5.叱るときは「失敗した出来事」を対象とし、「できない奴だな」など人格否定をしない。コーチングは「認める」が基本。「認める」ができていないと、相談しづらくなり、報連相がなくなる。また、自信を失わせる。

 

 

コーチングは奥が深いので、活用方法のごく一部を参考として紹介しました。部下や後輩が自ら考えながら学ぶ方法の採用によって、さまざまなタイプに対応ができます。

 

 

【コラム】部下が退職を決意する前にモチベーション低下の理由に気づく方法

 

 

 

コーチングを学ぶ研修セミナー

コーチング・コミュニケーション

人材育成方法といえば、OJTが行われるケースが一般的です。

 

しかし、一言でOJTといっても、教える人の能力次第で、効果はさまざまです。

そして、近年は教わる方の価値観もさまざまであるからOJTの効果がさらにバラツク可能性があります。

 

会社は人材が成長しない限り成長しません。OJTに戸惑っていたら、経営にダメージを与えます。OJTの効果を高めるのが重要になります。

 

OJTの効果を高めるには、部下や後輩のタイプに合わせて柔軟に教えられるコミュニケーション能力がもとめられます。

 

そのコミュニケーション能力を強化する方法としてコーチングの習得がオススメです。

 

【コーチング・コミュニケーション研修】