人材育成にコミュニケーションセミナーが欠かせない理由

企業にとって、人材育成は大きな課題です。

社員の能力次第で仕事の生産性が変わるからです。

それは、会社の業績に影響を与えます。

 

だから、企業は人材育成を強化する必要があります。

しかし、人材育成ほど難しい課題はありません。

絶対的な人材育成方法が無いからです。

 

人材育成には柔軟性がもとめられます。

カギとなるのはコミュニケーション能力です。

社員の個性に合わせて、人材育成の方法を合わせる柔軟性は、コミュニケーション能力で生まれます。

 

人材育成を強化するなら、社員、特に管理職のコミュニケーション能力強化が必要です。

 

人材育成とコミュニケーション能力について説明します。

コミュニケーションの基本がわかれば、コミュニケーション企業研修選びのヒントとなります。

 

 

【コラム】コーチングは独学でもマスターできる?~効果的な勉強方法~

 

人材育成が最重要

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

企業では、人材育成が重要視されています。

なぜなら人材育成が会社の業績、成長に直結するからです。

 

 

 

 

職場の生産性を高めるために

人材育成が職場の生産性に直結します。

当たり前ですが、新入社員とベテラン社員では仕事のスピードが異なります。

 

社員の成長レベルでこなせる仕事量が決まります。

企業は持続的成長が重要です。だからこそ、人材育成に力を入れる必要があるのです。

 

 

 

 

 

定着率を高めるために

社員が会社を辞める理由として、「成長が感じられないから」があります。

「社員が成長できない会社」は、社員の定着率が下がるのです。

 

社員が成長しないと生産性があがりません。社員が成長しないと、社員がモチベーションが下がります。

 

社員がモチベーション低い会社は、生産性が落ち込みます。社員が辞める会社も同じです。

人材育成に力を入れない会社は生産性が低くなる可能性が高いのです。

 

 

【コラム】コミュニケーション能力が低いのは上司と部下のどちら?

 

 

 

人材育成にコミュニケーションが必須

コーチング・コミュニケーション

人材育成と気軽に使われる言葉ですが、実際にはそれほど簡単ではありません。

思うように人材育成が進まない企業は多く存在します。

 

 

 

 

 

人材育成はOJTが基本

人材育成の方法として、基本的に行われるのがOJTです。

OJTとは、仕事をしながら上司や先輩が後輩に仕事を教える方法です。

 

仕事をしながら教えられるので、生産を止めないで済む事。その会社独自のスキルを教えられる方法として頻繁に活用されます。

 

しかし、OJTの効果は指導する上司、先輩によってバラツキます。バラツキはコミュニケーションの質によって発生します。

 

 

 

 

モチベーションに左右される

OJTを実施しても、全員が同じように成長してくれるわけではありません。

上司や先輩の教えるスキルによって、社員の成長は左右されます。

 

また、社員のモチベーションによって、習熟スピードが左右されます。教える人と教わる人との人間関係、コミュニケーションの質によって人材育成効果が変わります。

 

コミュニケーション能力は人材育成以外のすべての生産性に大きな影響を与えます。

 

指示命令が伝わらない、問題があっても報連相が行われない、会議でも誰も発言しない。コミュニケーションが無いと、仕事がスムーズに進みません。

 

コミュニケーション能力は離職率に大きな影響を与えます。

いつも上司や先輩が怒っている、否定批判してくる、責任を押し付けてくる。このようなことがあると、社員のモチベーションが大きく低下します。

 

社員のモチベーションが低下すると、人材育成の効果も低下します。

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションの課題

コーチング・コミュニケーション研修
 
「コミュニケーションとは」を理解していない人が多いです。セミナーでも「コミュニケーションって何?」と質問すると、多くの方が戸惑われます。
 
 
 
 
 
 
 

コミュニケーションとは

コミュニケーション能力が強化できない理由は、コミュニケーション能力とはを正しく理解していないからです。
 
曖昧な理解をしてるため、コミュニケーション能力といっても、実際には何をすれば良いのかわかりません。
 
 
コミュニケーションは「話す」と「聴く」の双方向で初めて成立します。
 
 
しかし、多くの方がコミュニケーションは「伝えること」と感じています。
 
話がうまくなることが、コミュニケーション能力の向上と考えている人が多いです。
 
 
コミュニケーションの語源は「共有する」です。
 
 
話し手と聴き手の双方が同じ情報を持ったとき、コミュニケーションができたと言います。電子メールなどはそうですよね。
 
 
 
それでは会話ではどうでしょうか?
 
「言った、聞いてない」で争ったりしていないでしょうか。
 
「そのようなつもりで言ったのではない」けど相手を怒らせてしまうことないでしょうか。
 
新人の「難しい」という言葉の、具体的に何が「難しい」のかまで共有できているでしょうか。
 
 
 
 
言葉になると、曖昧な表現が増え、微妙なニュアンスや感情まで伝わらなくなることが多いです。
 
その壁を越えて、「共有」できたとき、はじめてコミュニケーションができたと言います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

話す力と聴く力

コミュニケーション力は「話す力」と「聴く力」の両方があって初めて効果を発揮します。
 
どちらが重要というわけではなく、どちらも重要です。
 
 
多くの方は「聴く力」不足が課題になっています。なぜなら、習ったことが無いからです。
 
 
「聴く力って何?」ときくと多くの方が戸惑われます。
 
 
「話す力」は基本的に持っている方が多いです。管理職まで出世される方は「話す力」は強いです。
 
 
スピーチ、プレゼン、交渉力などなど、話し方はしっかり学んでこられたからです。
 
 
「聴く力」強化がコミュニケーション能力の向上には必要です。しかし、多くの方が「聴く力」の強化方法を知りません。「聴く力」を学んだことが無いからです。
 
 
そこで「聴く力」の強化方法としてオススメするのがコーチング・コミュニケーションです。
 

トレーニングを行うことによって「聴く力」の強化が進みます。

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

コミュニケーション能力が低い理由

コーチング大阪コミュニケーション
 
社員にもとめる能力の上位に「コミュニケーション能力」が挙げられます。
 
 
経営者や管理職の話を聴いていてもコミュニケーションが課題といいます。大企業であれば、必ずと言っていいほどコミュニケーション研修があります。
 
 
外部のコミュニケーション研修も数多くあります。本屋にいってもコミュニケーション強化のための書籍がたくさんあります。
 
 
数多くのコミュニケーション強化サービスがあるのに、永遠に改善しない課題となっています。
 
 
 
 
 
 
 

自分はできている?

周りの人のコミュニケーション能力は低いけど、自分はできていると思っている人が多いのかと感じます。
 
できていると思っていたら、改善しようと行動しません。
 
 
企業研修を受けていても、「そうだそうだ」と聞き流すだけになるかもしれません。
 
改善されないから、職場内のコミュニケーションも改善されない。
 
 
コミュニケーションが課題であり続けているという状態が解消されません。「コミュニケーションとは」を正しく理解する必要があります。
 
 
 
 
 
 
 
 

聴く力の大切さを知らない

自分はできていると思っている人の多くは、「コミュニケーションとは、いかに上手く伝えるか」と考えています。
 
 
管理職まで出世される方は、「伝える力」はとても強いです。周りを説得して、自分の意見を押し通す力によって、出世してきた方も多いのではないでしょうか。
 
 
ただ「伝える力」「話す力」が強すぎると、「周りを黙らせる力」にもなります。「話す力」が強いほど、「話す力」の弱い人を黙らせます。
 
 
そして、「話す力」が弱い人のことをコミュニケーション能力が低いと言います。
 
 
 
相手を黙らせる力は、時として相手のモチベーションを下げます。人間関係が悪化します。
 
 
「話す力」が弱い人をもっと話すようにさせたいなら、「聴く力」の強化が必要です。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

コミュニケーション企業研修の選び方

自己啓発
 
コミュニケーション企業研修も数多くあり、講師によっても品質は様々です。
 
 
よく説明を聞く、もしくは体験講座を受けるなどして見極めることが大切です。
 
人事担当者は、受講後どのようになってほしいのかを明確にすることが重要です。
 
 
 
 
 
 
 

対象を明確にする

管理職に受講させるのか?部下に受講させるのか?によってもとめられるコミュニケーションスキルが変わります。
 
 
部下にもとめられるコミュニケーションスキルは「話す力」が中心になります。報連相、ロジカルプレゼンテーション、営業スキル、交渉術などでしょう。
 
 
 
管理職にもとめられるコミュニケーションスキルは「聴く力」が中心となります。人材育成能力が必要だからです。
 
 
コーチング、1on1ミーティング、評価面談、モチベーション、メンタルヘルス、ストレスマネジメント、ファシリテーションなどでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

継続的なトレーニングができる

日本語で日常会話ができているので、コミュニケーションは簡単と感じている方が多いです。
 
だから、自分はできていると思っている方も多いです。
 
 
実際のコミュニケーションは「微妙なニュアンス、感情など」までも共有できるところまでを言います。
 
本当の意味でのコミュニケーション力をつけたいなら、ものすごく奥が深いです。
 
 
1ヵ月程度でマスターできるものではありません。半年~1年間ぐらい継続的トレーニングが必要です。
 
 
 
 
 
 
 
 

聴く力を重視している

コミュニケーションについては、教育機関ごとに様々な考え方があるので、しっかり説明を聴いていただければと思います。
 
 
弊社では、このコラム書いているように「聴く力」を重視しています。
 
 
「話す力・伝える力」を強くし過ぎると、相手の話す気を失わせることがあるからです。
 
社員全員の意見を活発に出してもらうようにするには、「話させる力」が重要です。
 
 
 
「話させる力」=「聴く力」です。
 
 
「聴く力」の強化方法をほとんどの方が習ったことがありません。
 
だから「話す力」よりも「聴く力」の方が伸びしろが大きいのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

人材育成とコーチング・コミュニケーション

コーチング・コミュニケーション

人材育成の効果は、教える側、教わる側との人間関係によって左右されます。嫌いな上司や先輩、怖い上司や先輩からは教わるのはしんどいのです。コミュニケーションの質を改善するために、コーチング・コミュニケーションをおすすめします。

 

 

 

 

 

コーチング・コミュニケーションとは

コーチング・コミュニケーションとは、聴くに重点をおいたコミュニケーションスキルです。

 

コミュニケーションの質を改善するためには、「話す力」だけでなく「聴く力」が重要です。

「聴く力」がもとめられるのは、聴く耳を持たない上司や先輩は、社員にとってしんどいからです。

 

自分の意見を聴かずに指示命令など意見を押し付けてくる上司や先輩に対して、不信感をもちます。

不信感が人間関係の悪化につながり、その結果、人材育成の効果を低下させるのです。

 

 

コーチング・コミュニケーションとは、「聴く力」に重点をおいたコミュニケーションスキルです。

コーチングスキルを取り入れたコミュニケーション手法です。

 

コーチングスキルとは、「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるスキルです。これらをトレーニングすることによって「聴く力」が強化されます。

 

 

 

 

 

1on1ミーティングの活用がひろがっている

人材育成の方法として、1on1ミーティングの活用が広がっています。

 

1on1ミーティングとは、上司が部下の話に耳を傾けて、部下のやりたいことなどモチベーションの種を引き出す面談のことです。

 

1on1ミーティングでは、原則、指示命令や評価などを行いません。じっと聴くに集中します。そのため「聴く力」が重要です。

 

しかし、「聴く力」のトレーニングをしたことの無い上司が多いので、1on1ミーティングの効果が低くなりがちです。

 

「聴く力」のトレーニングをするためにもコーチング・コミュニケーションを取り入れることが大切です。

 

 

 

 

 

聴く力の強化に重点を

上述したようにコミュニケーション能力は、「話す力」と「聴く力」で構成されます。

 

多くの場合、「話す力」に偏りすぎて、「聴く力」は忘れられがちです。

 

もし、職場で報連相が行われない、誰も発言しないなどがあれば、「聴く力」が足りない可能性があります。

「話す力」が強ければ強いほど、相手を論破し「黙らせる力」になる可能性があるからです。

 

コミュニケーションが活発な職場にするためには、「聴く力」の強化に重点を置いてください。

 

 

 

 

 

 
 

人材育成の効果を高めよう

コーチング・コミュニケーション
 
弊社では、「聴く力」を強化する方法として、コーチングスキルを取り入れています。
 
コーチングスキルを取り入れた、コーチング・コミュニケーション研修を開催しています。