成長効果を実感!コミュニケーション企業研修の選び方

人事評価制度

人手不足の影響や生産性向上が求められていることから、コミュニケーション企業研修が活発に行われています。

しかし、コミュニケーション企業研修は以前からも行われていました。もし、コミュニケーション企業研修を受講しているのに、なかなか職場のコミュニケーションが改善しないというのであれば、選び方に問題があるのかもしれません。

コミュニケーションの基本がわかれば、コミュニケーション企業研修の選び方も分かりやすくなります。コミュニケーションの企業研修を選ぶ時のポイントについて説明します。

 
 
 
 
 
 

コミュニケーションの課題

コーチング・コミュニケーション研修
 
コミュニケーション企業研修の話の前に、コミュニケーションそのものを理解していない人が多いです。セミナーでも「コミュニケーションって何?」と質問すると、多くの方が戸惑われます。
 
 
 

コミュニケーションとは

コミュニケーションは「話す」と「聴く」の双方向で初めて成立します。しかし、多くの方がコミュニケーションは「伝えること」と感じています。話がうまくなることが、コミュニケーション能力の向上と考えている人が多いです。
 
コミュニケーションは語源をたどると「共有する」です。話し手と聴き手の双方が同じ情報を持ったとき、コミュニケーションができたと言います。電子メールなどはそうですよね。
 
それでは会話ではどうでしょうか?
 
「言った、聞いてない」で争ったりしていないでしょうか。「そのようなつもりで言ったのではない」けど相手を怒らせてしまうことないでしょうか。新人の「難しい」という言葉の、具体的に何が「難しい」のかまで共有できているでしょうか。
 
言葉になると、曖昧な表現が増え、微妙なニュアンスや感情まで伝わらなくなることが多いです。その壁を越えて、「共有」できたとき、はじめてコミュニケーションができたと言います。
 
コミュニケーションできていますか?
 
 
 
 

話す力と聴く力のどちらが課題

コミュニケーション力は「話す力」と「聴く力」の両方があって初めて効果を発揮します。どちらが重要というわけではなく、どちらも重要です。多くの方は「聴く力」不足が課題になっています。
 
なぜなら、習ったことが無いからです。「聴く力って何?」ときくと多くの方が戸惑われます。「話す力」は基本的に持っている方が多いです。管理職まで出世される方は「話す力」は強いです。
 
スピーチ、プレゼン、交渉力などなど、話し方はしっかり学んでこられたからです。「聴く力」強化がコミュニケーション能力の向上には必要です。
 
 
 
 
 
 

社内のコミュニケーション力が向上しない理由

コーチング大阪コミュニケーション
 
社員に求める能力の上位に「コミュニケーション能力」があります。経営者や管理職の話を聴いていてもコミュニケーションが課題といいます。大企業であれば、必ずと言っていいほどコミュニケーション研修があります。
 
外部のコミュニケーション研修も数多くあります。本屋にいってもコミュニケーション強化のための書籍がたくさんあります。
 
数多くのコミュニケーション強化サービスがあるのに改善しないのはどうしてでしょうか。
 
 

自分はできていると思っている

周りの人のコミュニケーション能力は低いけど、自分はできていると思っている人が多いのかと感じます。できていると思っていたら、改善しようと行動しないですよね。
 
企業研修を受けていても、「そうだそうだ」と聞き流すだけになるかもしれません。改善されないから、職場内のコミュニケーションも改善されない。
 
コミュニケーションが課題であり続けているという状態が解消されません。「コミュニケーションとは」を正しく理解する必要があります。
 
 

聴く力の大切さを知らない

自分はできていると思っている人の多くは、「コミュニケーションとはいかに上手く伝えるか」と考えています。管理職まで出世される方は、「伝える力」はとても強いです。
 
周りを説得して、自分の意見を押し通す力によって、出世してきた方も多いのではないでしょうか。ただ「伝える力」「話す力」が強すぎると、「周りを黙らせる力」にもなります。
 
「話す力」が強いほど、「話す力」の弱い人を黙らせます。そして、「話す力」が弱い人のことをコミュニケーション能力が低いと言います。
 
「話す力」が弱い人をもっと話すようにさせたいなら、「聴く力」の強化も必要です。
 
 
 
 
 

コミュニケーション企業研修の選び方

自己啓発
 
コミュニケーション企業研修も数多くあり、講師によっても品質は様々です。よく説明を聞く、もしくは体験講座を受けるなどして見極めることが大切です。
 
人事担当者は、受講後どのようになってほしいのかを明確にすることが重要です。そうでないと、言いくるめられる可能性が高くなります。
 
 

継続的なトレーニングができる

 
日本語で日常会話ができているので、コミュニケーションは簡単と感じている方が多いです。だから、上に書いたように自分はできていると思っている方も多いです。
 
実際のコミュニケーションは「微妙なニュアンス、感情など」までも共有できるところまでを言います。本当の意味でのコミュニケーション力をつけたいなら、ものすごく奥が深いです。
 
1ヵ月とかでマスターできるものではありません。半年~1年間ぐらい継続的に練習することが大切です。
 
 
 

聴く力を重視している

コミュニケーションについては、教育機関ごとに様々な考え方があるので、しっかり説明を聴いていただければと思います。私たちは、このコラム書いたように「聴く力」を重視しています。
 
「話す力・伝える力」を強くし過ぎると、相手の話す気を失わせることがあるからです。会社という場で、メンバー全員の意見を活発に出してもらうようにするには、「話させる力」が重要です。
 
この「話させる力」=「聴く力」です。そして上に書いたように「聴く力」の強化方法をほとんどの方が習ったことがありません。
 
だから「話す力」よりも「聴く力」の方が伸びしろが大きいのです。
 
 
 
 
 

コーチング・コミュニケーションを学んでみよう

コーチング・コミュニケーション
 
私たちは、「聴く力」を強化する方法として、コーチングスキルを取り入れています。コーチングスキルを取り入れた、コーチング・コミュニケーション研修を開催しています。
 
気軽に受講できる入門セミナーも随時開催していますので、ぜひご活用ください。