離職率を下げる改善策~チームワークの良い職場の作り方~

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

働き方改革、終身雇用制度の崩壊、就活ルールの廃止など、仕事に対する価値観が大きく変わろうとしています。転職が当たり前と人材の流動化がが予想されます。

 

そのような中、優秀な人材の囲い込みが企業にはもとめられます。今後、労働生産人口の減少が見込まれているからです。

優秀な人材がいる会社ほど、競争力が高くなる傾向がますます高まると考えられます。

 

離職率が高い状況に陥っている場合、離職率の改善がもとめられます。高い離職率を下げる改善策はチームワークの良い職場づくりです。

 

「離職率の高い会社=チームワークの悪い会社」と捉え、離職率の改善策がチームワークの良い職場づくりにつながると考えます。

 

 

【コラム】部下が退職を決意する前にモチベーション低下の理由に気づく方法

【目次】

 

離職率が高いなら下げる

コーチング・コミュニケーション

離職率が高いなら下げる施策の実施が重要です。離職率の高さは、さまざまな問題につながるからです。

 

 

 

生産性を改善しなければならない

企業が目指すのは生産性の最大化です。

離職率が高いのは、社員を採用して、せっかく育成したにもかかわらず辞められてしまうを意味します。

 

社員のレベルが成長しないは、生産性が高まらないと同じです。

 

また、採用や育成にかかったコストが無駄になり、再度必要になります。コストが増加傾向になる要因も生産性低下につながります。

 

 

 

離職率が高いのは職場のストレスが大きいから

離職率が高いのは、社員が会社に対する不満が多い、職場のストレスが大きいからと考えられます。離職につながらないまでも、メンタルヘルスに大きな影響を与える可能性があります。

 

休職につながってしまうと、もっと状態が悪くなります。また、離職につながらないまでも、「辞めようかな」ぐらいモチベーションが下がっている可能性が高いです。

 

モチベーションが低い状態は、会社の生産性を大きく低下させます。

 

【コラム】部下のモチベーションを下げるタイプの上司にならない

 

 

 

 

離職率改善=定着率向上=組織力向上

コーチング・コミュニケーション

離職率を改善するは、定着率を向上させると同じです。定着率の向上は、チームの結束力を高める組織力の向上を目指す必要があります。

 

 

 

組織力、チームワークの良い組織とは

離職率を改善するには、組織力、チームワークの良い組織を目指す必要があります。組織力、チームワークの良い組織とは、「メンバーがチームに協力したい」気持ちが強い組織です。

 

その気持ちは、協働意欲、貢献意欲とも言います。チームに貢献するモチベーションとも呼べるでしょう。

チームに協力するモチベーションを引き出すには、リーダーシップとコミュニケーションが必要です。

 

 

 

リーダーシップとコミュニケーション

組織力、チームワークを良くするには、「バーナードの組織の3要素を意識する」が大切です。バーナードの組織の3要素とは次の3つです。

 

・共通目的
・協働意欲
・コミュニケーション

 

協働意欲を引き出すのが、共通目的とコミュニケーションです。この3つが強化されると組織の一体感が醸成されます。

 

リーダーは共通目的を示し、メンバーをまとめあげなければなりません。メンバーをまとめる、メンバー間の情報共有を進めるにはコミュニケーションが必要です。

 

つまり、離職率を下げるには、リーダーシップとコミュニケーションが必要です。

 

 

 

 

 

 

離職率を下げるにはコミュニケーションを改善

コーチング・コミュニケーション

離職率を下げるにはコミュニケーションの改善が基本になります。リーダーシップを発揮するにも、メンバー間の情報共有にもコミュニケーションが必要です。

 

離職につながる主な理由は、人間関係の悪化によるものが多いです。コミュニケーションの違いによって離職率が変わります。

 

 

 

離職率を高めるコミュニケーション

離職率を高めるコミュニケーションとはどのようなものでしょう。それは人間関係を悪化させるコミュニケーションです。リーダーのコミュニケーションに大きく左右されます。

 

・いつもイライラしている
・すぐ否定批判をしてくる
・すぐに怒る
・部下の意見は聴かず、命令だけをおしつけてくる
・会社の将来性を期待させられない

 

これらのコミュニケーションによって職場の雰囲気が悪くなる。

 

 

 

離職率を下げるコミュニケーション

離職率を下げるコミュニケーションとはどのようなものでしょう。

 

それは、離職率を高めるコミュニケーションと逆のコミュニケーションです。人間関係をよくするコミュニケーションです。

 

お互いの話をよく聴こうとする、お互い認め合えるコミュニケーションです。発言しやすい風土づくりによって、お互い協力し合えるチームづくりができます。

 

【コラム】傾聴力・質問力とは~コーチングスキルを活用したトレーニング方法

 

 

 

 

チームワークの良い職場をつくろう

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

人材の流動化が進めば進むほど、離職率の改善策が必要になります。優秀な人材の囲い込みが重要だからです。

 

優秀な社員をきちんと定着させるには、チームワークの良い職場づくりがもとめられます。チームワークの良い職場は発言しやすい組織風土づくりが大切です。

 

発言しやすい組織風土をつくるには、聴く力のコミュニケーション能力の強化がもとめられます。聴く力を強化するためのコミュニケーション研修セミナーを実施しています。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】