従業員エンゲージメントとモチベーションアップ方法

人事評価制度

働き方改革、終身雇用制度の崩壊、就活ルールの廃止など、働く人の仕事への価値観の変化が大きくなっています。その中で、定年まで同じ会社でという意識は小さくなっていく傾向にあるでしょう。せっかく採用コスト、育成コストをかけた人材が辞められてしまうと、会社に与える影響は大きなものになります。そのため、近年、従業員エンゲージメント(帰属意識)が強く意識されています。

従業員エンゲージメント(帰属意識)を高める方法について説明します。

【コラム】コーチングを副業にする~楽して稼げる仕事は無い~

【目次】

 

従業員エンゲージメントがもとめられている

コーチング・コミュニケーション

従業員エンゲージメント(帰属意識)とは、「この会社に所属していたい」という気持ちの強さです。近年、人手不足の問題などもあり、従業員エンゲージメントがもとめられています。従業員エンゲージメントがもとめられる理由について説明します。

 

生産性を高める

従業員エンゲージメントが高まると、生産性も高まります。「この会社に所属していたい=この会社に貢献し続けたい」となり、仕事に対するモチベーションが変わります。「この会社を辞めたい」と思っている社員よりは、はるかに生産性が高くなります。経験年数が長いほど、スキル、技術力も向上します。スキルが向上することにより、さらに生産性が高くなります。

 

離職率を改善する

帰属意識が下がりきってしまうと、会社を辞めてしまう可能性が高まります。もし優秀な人材が辞めてしまうと大変です。その人材を採用して、育成して、その人材がいることが前提で計画してきたことが全て無駄になってしまいます。時間とコストが無駄になります。また、同じレベルの人材を再度、準備するためには時間とコストが必要になります。帰属意識が下がって離職率が高まってしまうと、会社に対して大きなダメージを与えることになります。

【コラム】コミュニケーション能力の評価基準と目標設定方法

 

 

従業員エンゲージメントが高まらない理由

コーチング・コミュニケーション

従業員エンゲージメントを上げようとしても、そう簡単には高まりません。給料など、お金で引き上げようとしても、上には上がいます。他に良い給料の会社があれば、従業員エンゲージメントが下がるでしょう。

 

価値観の変化

従業員エンゲージメントが高まらない大きな要因は、価値観の変化でしょう。昔は、一つ会社に入ったら、定年までその会社にいる終身雇用制度が一般的でした。いまは、転職することが当たり前になってきました。そのような社員たちの従業員エンゲージメントを高めるためには工夫が必要です。

 

会社への不満、ストレスが大きい

社員が帰属意識が下がる理由は、会社への不満や職場のストレスが大きいことによります。会社への不満や職場のストレスの要因として次のようなものがあります。

・仕事の質、量
・会社の将来性
・職場の人間関係
・給料の低さ
・評価されない

以上のようなストレス要因があります。給料以外は、人間関係による原因とも言えます。仕事の質や量も、上司の説明の仕方で感じ方が異なります。

 

コミュニケーション能力不足

従業員エンゲージメントを高められない要因として、会社側のコミュニケーション能力不足が挙げられます。会社を辞めてしまう(従業員エンゲージメントがゼロになる)理由は、人間関係であることが多いです。

人間関係といえば、コミュニケーションの質によって変化します。評価されない、会社の将来性を感じないという理由も見られますが、それもコミュニケーション不足により発生します。社員がやりがいを感じるように、コミュニケーションをとる必要があります。

 

従業員エンゲージメントの強化方法

コーチング・コミュニケーション

従業員エンゲージメントの強化方法について説明します。まず大切なのが給料など、お金で引き上げようと考えないことです。「この会社にいるのはお金のためじゃない」と言ってもらえることが大切です。

 

チームワークの良い職場

チームワークの良い職場にするには、コミュニケーションの質を改善することが大切です。メンバー間で喧嘩や無視などの質の悪いコミュニケーションが発生していると、ギスギスした職場になります。

コミュニケーションの質を改善するためには、メンバー間の信頼関係が必要です。メンバー間の信頼関係がないと、コミュニケーションがスムーズに行われません。帰属意識を高めるには、メンバー間の信頼関係を構築し、コミュニケーションを改善することが重要です。

 

将来に期待を持てる職場

帰属意識が下がって、会社を辞める理由として、会社の将来性に不安を感じたからということがあります。経営者や上司が、社員に対して会社の将来性を期待させるように伝えていないことが原因です。

社員とコミュニケーションをしっかりとり、会社の将来性をしっかり信用してもらう必要があります。コミュニケーションが大事ですが、行動も大切です。口では大きなことを言うけど、実績が伴っていない場合、社員に不信感が膨らみます。帰属意識を高めるには、社員に信頼されるようなコミュニケーションが重要です。

 

信頼関係を構築

従業員エンゲージメントを高めるためには、「この会社はやりがいがある」と感じてもらう必要があります。「この会社にいて大丈夫なのだろうか?」という不信感をもたれると、従業員エンゲージメントは低くなります。つまり、信頼関係を構築することが大切です。「会社は社員の将来のことをしっかり考えている」と感じてもらう必要があります。そのために必要なのがコミュニケーション能力です。

 

コミュニケーション能力強化

コミュニケーション能力というと、指示命令など、部下を説得する技術と感じるかもしれません。しかし、それに偏ると、「仕事を押し付けられている」と感じるようになります。

「なぜその仕事をさせられているのか?」に納得できなくなってくると、従業員エンゲージメントが低下します。それを防ぐには、「社員がどのようなことにやりがいを感じるのか」を聴き出さなければなりません。つまり「聴く力」が求められます。コミュニケーション能力は「話す力」に偏り過ぎ、「聴く力」が忘れられがちです。「聴く力」を強化する必要があります。

【コラム】メンタルヘルスとは~職場からメンタル不調者を出さない取り組み~

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

コーチング・コミュニケーション

従業員エンゲージメント(帰属意識)を高めることが、会社の生産性を高めることにつながります。そして、社員の価値観の変化により、従業員エンゲージメントが低下しているかもしれません。

従業員エンゲージメントを強化するためには、従業員との信頼関係を強化する必要があります。そのためには、コミュニケーション能力の強化が欠かせません。その中でも「聴く力」を強化することが大切です。「聴く力」を強化する方法として、オススメがコーチング・コミュニケーションを取り入れることです。

【社員のモチベーションを引き出すコーチングスキルについて】