人事評価制度の失敗~不満が社員の退職の原因となる~

コーチング・コミュニケーション

役職者は社員のモチベーションアップがもとめられています。そして退職の防止ももとめられています。なぜなら、社員を一丸にまとめるのが生産性の向上につながるからです。

 

社員のモチベーションアップにつなげる目的として、人事評価制度を導入している会社は多く存在します。しかし、人事評価する人のスキルによって逆効果を生む場合があります。

 

評価結果に不満があると、モチベーションが低下し、退職が発生するかもしれません。

 

社員の不満解消も、退職の防止も、重要なポイントは社員を公平に人事評価しているかです。

制度が整っていても、評価面談時のコミュニケーション能力が低い場合、社員のモチベーションは低下します。

 

人事評価制度を失敗させないために大切なポイントを説明します。

 

【コラム】モチベーションに社内表彰制度はいらない?

【目次】

 

人事評価の失敗で発生する問題

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

人事評価制度は社員を公平に評価し、社員の不満を減らしモチベーションアップを目的としています。

しかし、「評価基準があいまい」など、制度運用の失敗によって逆効果、不満を高めるかもしれません。

 

人事評価制度の失敗は、社員のモチベーションを低下し、その結果、会社の業績自体にダメージを与えます。

 

 

 

社員の不満の高まり

人事評価制度は、「どこまでできたら、どのように評価する」のように基準を明確にするものです。しかし、「どこまでできたら」というところを判断するのは上司が行います。

 

そして、上司の性格や、部下との関係性、先入観など評価者としてのスキルが判断に反映されてしまいます。

 

評価者訓練がしっかりできていないと、制度があっても結局は不公平感を生み、社員の不満につながります。最悪、社員の退職が発生します。

 

 

 

退職につながる

上司の評価によって、社員の不満は高まります。

 

・なんでこんな評価なのか
・あの人より評価が低いのは何故なのか?
・どうやったら評価してもらえるのかわからない

 

などが発生すると、社員は「上司に評価してもらえない」と不満を感じるようになります。会社を退職する理由ランキングを検索してみてください。

 

上位に「評価してもらえない」が存在します。給料が低い、成長を感じられない、やりがいを感じない、意見をきいてもらえないも「評価してもらえない」と同じです。

 

上司としても、部下に不満をもたれて退職されるのは避けたいでしょう。

 

【コラム】目標設定面談のためのコミュニケーション能力―魅力的なビジョンを-

 

 

 

人事評価の失敗を避ける

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

人事評価の失敗を避けるには、制度をわかりやすく設計します。また、どんなに制度が完璧でも、評価する人のスキルの影響は避けられません。

 

上司の評価者訓練が必要です。

 

 

 

人事評価制度を整える

人事評価制度が社員の不満になるのは、制度自体に納得がいっていないからです。社員も納得のできる人事評価制度が必要です。

 

そして、一回作ったら完成するわけではありません。毎年、新しい仕事やスキルが生まれてきます。時代に合った人事評価制度に修正するPDCAサイクルが必要です。

 

 

 

人事評価者訓練をする

人事評価制度の中でもっとも重要なのが評価者訓練です。上司が変わると評価が変わるのであれば、制度がないのと同じです。

 

どの上司が評価しても同じように評価されるようでないと、部下の不満に変わります。

 

また、上司のYESマンばかり集まりかねません。部下を公平に評価し、部下のモチベーションを高めるには、上司のコミュニケーション能力が重要です。

 

 

 

 

 

社員とのコミュニケーションが重要

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

人事評価制度の目的は社員の成長です。その社員の成長を加速させるもの、止めてしまうのも上司次第です。

 

いつも怒っていて部下を委縮させる上司、退職させてしまう上司もいれば、部下のモチベーションを引き出すのがうまい上司もいます。

 

人事評価制度が未熟でも上司のコミュニケーション能力で補完できます。上司のコミュニケーション能力が部下のモチベーションアップのカギです。

 

人事評価制度の目的は、社員のモチベーションアップだからです。

 

 

 

人事評価も社員とお互いに納得するように

上述したように、人事評価制度に社員が納得できていない場合、不満、退職が発生します。そのため、社員を巻き込んで制度の設計が必要です。

 

評価面談ではお互いが納得いくまで話し合う必要があります。部下が納得していないのに面談を終わらせてしまうと、部下のモチベーションは低下します。

 

 

信頼関係構築のコミュニケーション

不公平感のある評価結果によって、社員の不満につながってしまうと、上司に対する不信感になります。フィードバックが重要なのです。

 

「こんなに頑張ってるのに評価してくれない」
「何をやったら評価してくれるのかわからない」
「どうして頑張っていないあの人の方が評価が高いのか」

 

これらの疑問に対して適切なフィードバックがないと、社員は何を頑張ったらよいかわからなくなりますし、上司のために頑張ろうとも思えなくなります。

 

評価結果を納得してもらうには、日ごろからのコミュニケーションが大切です。信頼関係の構築が上手くいっているなら、評価結果に納得してくれるようになるでしょう。

 

【コラム】チームワークの一体感を醸成するコミュニケーション方法

 

 

 

 

人事評価者はコミュニケーション能力アップを

コーチング・コミュニケーション

企業が社員のモチベーションをマネジメントする上で人事評価制度は重要です。重要ですが、これが正解という方法は無いです。

 

各企業、人事評価の方法はさまざまです。しかし、必ず必要になるのがコミュニケーション能力です。

 

人事評価者のコミュニケーション能力次第で、社員の不満が高まり、人事評価制度が失敗します。

コミュニケーション能力アップにも、コーチング・コミュニケーションの採用をオススメします。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】