モチベーションをマネジメントする人材育成方法

モチベーション

会社ではつねに人材の悩みが付きまといます。社員によって仕事の生産性が変わるからです。

 

業績アップには、優秀な人材の囲い込みが必要になってきます。しかし、労働生産人口が減少傾向にあり、優秀な人材を新規に採用は難しくなってきます。

 

社内での人材育成に力をいれる施策がもとめれらています。人材育成を力を入れたからといって、人材育成の効果は企業ごとにばらつきます。

 

さらには人材育成を担当する人材にも左右されます。

 

社員のモチベーションが成長に影響を与えるので、上司が部下のモチベーションを高められるかどうかが人材育成に大きな影響を与えます。

 

人材育成とモチベーションの関係を説明します。

 

 

 
 
 

人材育成方法

人材育成
 
社員の人材育成をする方法として、まず思い浮かぶ人材育成手法がOJTとOff-JTではないでしょうか。
 
 
 
 

OJTとは

職場で先輩社員から、仕事をしながら仕事を教えてもらうという人材育成方法です。現場ならではのスキルなど実務を通してしか学べないものは、OJTが必要です。
 
 
 
OJTのメリット
・学んだ内容がそのまま仕事に活かせるので、習得が早い
・相対的に教育訓練費が安い
 
 
 
OJTのデメリット
・見て覚えろの先輩につくと、技術承継が進まない可能性
・先輩の教える能力によって、後輩のモチベーションを下げる
・先輩の仕事が止まるので、会社としては負担が大きい
・社内の情報に限定され、社外の最新の情報が得られない
 
 
 
 
 

Off-JTとは

実務とは違う場で受講する人材育成研修です。マナー研修やCADの使い方講座など、一般的には社外の講師が行います。
 
 
 
Off-JTのメリット
・体系的な知識が手に入る
・社内に無い新しい知識が手に入る。
 
 
 
Off-JTのデメリット
・仕事が止まるので機会損失が発生
・研修費が高額なケースが多い
・直後から役に立つわけでは無いので、効果が無い場合も多い
・研修機関によって、受講後の効果に差が生まれる
 
 
 
 
 
 
 
 

社員のモチベーション

デザイン思考
 
OJT、Off-JT関わらず、社員のモチベーションが低ければ、せっかく教育訓練費を使っても人材育成の効果は低くなります。
 
人材育成に対して、社員がモチベーション高くなる時と、下がる時、どのような差があるのでしょう。
 
 
 
 

モチベーションが上がる時

人材育成に対してモチベーションが上がる時。
 
 
スキルを身につけて
・できる仕事が増える
・出世できる
・給料が増える
・仕事の効率が上がる
・資格がもらえる
・自慢できる
など
 
 
 
 
 

モチベーションが下がる時

人材育成に対してモチベーションが下がる時。
 
 
スキルを身につけて
・何も変わらない
・余計な仕事が増える
・研修時間中に仕事がたまる
・まったく興味がない
など
 
 
 
 

 
 
 
 
 

コーチング・コミュニケーション

コーチングスキル
 
人材育成、社員教育の問題があります。OJT、Off-JTどちらであっても、「教えるだけでいいのか?」です。
 
 
小学校の頃から、大人になってからも、いろいろな先生に教わってきたと思います。同じように教わってきたのに、成長に差が出るのはどうしてでしょうか?
 
 
企業研修とかやってるけど、効果無い社員もたくさんいるのでは?と感じます。
 
 
企業研修など人材育成で、重要なポイントは受講者のモチベーションです。会社が無理やり受けさせているような企業研修は人材育成の効果が出にくいでしょう。
 
 
そこで、上司に身に着けてほしいスキルがコーチング・コミュニケーションです。
 
 
 
 
 

コーチングとは

コーチングとは「教える」とは逆のスキルです。与えるのではなく「引き出す」スキルです。モチベーションを「引き出す」スキルです。
 
 
人材育成するなら、本人がどうなりたいかを「引き出す」必要があります。引き出すスキルがコーチングです。
 
 
上司という立場上、指導する、説得するをメインに訓練されてきた人は多いですが、「聴く」「質問する」「フィードバック」を訓練してきた人は少ないです。
 
 
人は、「あーしろこーしろ」と指示されるだけではモチベーションが下がります。
 
 
 
 
 
 

コミュニケーションとは

「コミュニケーションとは」を答えられない方も多いです。「コミュニケーションができている」とは、情報を共有できたときに初めて言えます。
 
 
「言ったよな!」と怒っている人は「言ったつもりになっているだけ」でコミュニケーションができていません。
 
「部下が報告・連絡・相談に来ない」という人もコミュニケーションができていません。
 
 
コミュニケーション力が強い上司には、部下は喜んで相談します。コミュニケーションは「話す力」と「聴く力」があって、初めて成り立ちます。
 
 
「話す力」はレベルが高いのに、「聴く力」のレベルが低い管理職が多いです。この「聴く力」を強化したものがコーチング・コミュニケーションです。
 
 

【コラム】部下のモチベーションを下げるタイプの上司にならない

 

 

 

 
 

人材育成の前に社員のモチベーションをアップする

品質問題
 
せっかくお金と時間をかけて人材育成をするなら、人材育成の前に社員のモチベーションをアップしてください。
 
 
社員のモチベーションをアップするには、上司のコミュニケーション力が欠かせません。
 
上司のコミュニケーション力をアップさせるのにコーチング・コミュニケーションを取り入れてください。
 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】