ビジネスコーチング研修セミナーの受講【大阪・神戸・京都】

コーチング・コミュニケーション研修

企業が社員にもとめるスキルとして、「コミュニケーション能力」を挙げています。それは、どんなにIT技術が進化して作業スピードが速くなったとしても、人間同士のコミュニケーションがボトルネックになるからです。問題をすぐ報告するか、隠ぺいするかによって、会社の将来は大きく変化します。そのため、社員のコミュニケーション能力強化がもとめられているのです。

コミュニケーション能力強化の方法の一つとして、コーチングスキルを学ぶ研修セミナーが注目されています。しかし、コーチングといっても種類はさまざまです。コーチングセミナーを選ぶ際の注意点などについて説明します。

弊社もコーチング・コミュニケーション研修セミナーを行っていますので参考にしてください。入門コーチングセミナーでは、コーチングの種類や選び方を説明しています。

ビジネスのためのコーチング・コミュニケーション入門セミナー【大阪・神戸・京都】

【目次】

 

コーチングの基礎知識

コミュニケーション

コーチングセミナーに来られる方の中には、「コーチングとは」をよく知らないで来られる方もおられます。全然それで問題ありません。しかし、事前に基礎知識を押さえておくと「これじゃなかった・・」という失敗が減らせます。そこでコーチングセミナーを受講する前に知っておくと便利な基礎知識を説明します。

 

 

コーチングとは

コーチングとは、クライアントの問題や課題を解決するサポートをするものです。目的自体は、コンサルティングやティーチング、アドバイスと同じです。コーチングの特徴は「原則、アドバイスや提案をしない」というところにあります。そこで疑問が発生します。

「問題や課題は、アドバイスしないで解決するのか?」

もちろん、アドバイスがあった方が解決は早いです。そこで、逆に質問です。

「英会話のアドバイスをすれば、みんな英語で話せるようになるのか?」

同じ先生に同じように教えてもらっても、できる人できない人にわかれます。その差は何が作り出すのかというと、その人のモチベーションです。先生がその人の「モチベーションを引き出せるか」に左右されるのです。

モチベーションが高い人は自ら問題や課題解決に動きます。コーチングはクライアントのモチベーションを高めて問題や課題を解決するアプローチ方法です。そのため、教える仕事をされている方にも有効なスキルといえます。もちろんコーチングスキルは万能ではありません。コンサルティングやティーチングほ補完するものと捉えてください。

 

 

コーチングのスキルとセッション

コーチングセッションとは、コーチとクライアントの対話のことをいいます。一般的に30分~1時間のコーチングセッションを2週間に1回~1ヵ月に1回行います。コーチングセッションは1回で問題や課題が解決するわけではありません。だから定期的に行います。

コーチングセッションはコーチングスキル「傾聴」「質問」「フィードバック」を駆使して行われます。セッションの流れはGROWモデルというフレームワークを活用することが多いです。GROWモデルとは、以下の頭文字をとったものになります。

Goal(ゴール)
Rreality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

この順番で話していくと、クライアントのやるべき行動が明確になります。コーチングセッションで何よりも重要なことは、行動につながることです。行動しない限り、問題や課題は解決しないからです。行動につながるように、モチベーションを引き出すことが大切です。

ビジネスのためのコーチング・コミュニケーション入門セミナー【大阪・神戸・京都】

 

 

コーチングセミナーの種類はどれがいい?

自己啓発

コーチングセミナーで検索すると数多くの種類がでてきます。そしてどれが良いのか迷うかもしれません。結論的にいうと、どれでも良いです。ご自身に合うか合わないかです。ただ、たまに問題になっていますが、強引な営業をするコーチングセミナーもあるので注意が必要です。どのようなコーチングセミナーがあるか参考に紹介します。

 

 

コーチングスクールの種類

コーチングを学ぶ環境もさまざまです。継続的に通うスクールもあれば、単発のスクール、セミナー、企業研修などもあります。ちなみに弊社は、継続的に行う企業研修です。そして学ぶコーチングの内容も少しずつ異なります。

例えばコーチングセミナー、スクールには次のようなものがあります。

・ベーシック系
コーチングの基本スキルとGROWモデルのみを追求するタイプ。

・心理学系
コーチングで扱うスキルに心理学の知識をプラスするタイプ。NLP、アドラー心理学、交流分析、個性心理学など

・カリスマコーチ系
アンソニー・ロビンズ氏、苫米地英人氏、マイケル・ボルダック氏などが提唱しているコーチング

・ツール系
Points of Youなどカードを使ったコーチング

このようにコーチングといっても、種類はさまざまです。

 

 

コーチングのカテゴリー

コーチングを学んだ人がどうなるのかもさまざまです。プロコーチになる場合、ご自身の専門分野とコーチングスキルを組み合わせて活動されることが多いです。コーチングを受けようと、コーチを検索するとさまざまな肩書のコーチが見つかると思います。参考にどのような肩書があるか紹介します。

ライフコーチ:人生全般にかかわる課題を扱うなんでもコーチ

エグゼクティブコーチ:経営者を対象としたコーチ

ビジネスコーチ:仕事全般を対象としたコーチ

メンターコーチ:コーチをサポートするコーチ

その他個別案系を対象としたコーチ
・起業コーチ
・マネーコーチ
・恋愛コーチ
・英語コーチ
など

以上のようにコーチングといっても、さまざまな種類があります。ビジネスコーチングを学ぶ場合も、まずは基本的なコーチングスキルから学びます。ビジネスの知識があるほど、ビジネスに最適な質問を実践することができます。

ビジネスのためのコーチング・コミュニケーション入門セミナー【大阪・神戸・京都】

 

 

コーチングセミナー受講理由を明確にする

コーチング・コミュニケーション

どのコーチングセミナーが良いのか迷うかもしれません。まず受講目的を明確にすることが大切です。ただ「コーチングとは」を知りたいだけなら、コーチングセミナーの種類はあまり考えなくても良いかもしれません。もし「コーチングスキルを活かして何かをしたい」と考えているのであれば、その何かを明確にしておくことをオススメします。

コーチングセミナーを受講される目的は大きく2つにわかれます。

・スキルを活かして、仕事に活かしたい
・スキルを活かして、自分を変えたい

どちらの場合も、ある程度目的を明確にしておいた方が、学ぶ効果が高まります。

 

 

資格取得、ビジネスのため

コーチングの資格を取得したい、資格をとってプロコーチとして活動したいという目的の場合。まずあなたが、コーチングを頼むならどこの資格を持っている人にお願いしますか?で答えが出るなら、そこのスクールに通うと良いでしょう。多くの場合、コーチングを受ける人はコーチングの資格を知らないです。その資格の価値がどれぐらいかも。

コーチングスキルを学ぶ環境はさまざまで、費用も高額になりがちです。だから慎重に選んでください。高額なスクールに通ってもコーチングができない人もいますし、低価格のスクールに通ってもコーチングができる人もいます。上述した英会話の例と同じです。

どこのコーチングスクールに通おうが、学ぶ本人の本気度に左右されます。料金と効果には関係が無いと感じますが、学ぶ本人の本気度が料金に現れることが多いです。無料のセミナーよりも、有料のセミナーの方が受講生の本気度が違うと感じます。そのため、何のために学ぶのかを明確にすることをオススメします。

 

 

セルフコーチングのため

自分を変えるためにコーチングを学ぶ方もおられます。自分を変えるというと、自己啓発系のように感じるかもしれませんが、広義でとらえれば、すべてのセミナーは自分を変えるために受講されます。コーチングは「受ける効果」と「学ぶ効果」があります。この「学ぶ効果」を得るために受講するメリットも大きいです。

学ぶ効果の例
・視野が広くなる
・ポジティブな面に焦点を当てられる
・考え方が柔軟になる
・コミュニケーション能力強化
・人間関係改善
・行動力アップ
・人生、仕事などの目標が明確になる
など

たとえ、セルフコーチングであっても、内容はスクールごとにさまざまなので、目的を明確にしてご自身に合うものを探すことをオススメします。

ビジネスのためのコーチング・コミュニケーション入門セミナー【大阪・神戸・京都】

 

 

コーチングスキルを学ぶ大きな効果

コーチング・コミュニケーション

コーチングスキルは「受ける効果」「学ぶ効果」さまざま存在します。その中でも一番のおすすめはコミュニケーション能力強化でしょう。

コーチングは意外に難しいものです。難しいため、プロコーチになることを挫折される方は多いです。しかし、コミュニケーション能力という観点で見ると、確実にコミュニケーション能力は向上します。コミュニケーション能力強化という目的で受講されることに大きな価値をがあります。

 

 

聴く力・コミュニケーション能力が強化される

コーチングスキルを学ぶことにより、「聴く力」が強化されます。「聴く力」とは、相手が本音でたくさん話してくれる力です。もし部下が報連相をしてこないという悩みがあるなら、必ず強化しなければならない能力です。

コミュニケーションは、よく勘違いされますが、「話す力」だけではありません。「話す力」「聴く力」の両方が存在して、初めて成り立ちます。多くの管理職が「論破する力」「話す力」の強さで出世しています。そのため、「聴く力」が忘れられていることが多いのです。そもそも、私たちは「聴く力」を学校で習ったことがありません。だからこそ、コーチングを学んで聴く力コミュニケーション能力強化する必要があるのです。

 

 

すべてはコミュニケーション能力

心理学者アドラーは、「すべての問題は人間関係に起因する」と述べています。全てではないにしろ、思い当たる節があるのではないでしょうか。仕事が思うように進まない問題も、「指示が上手く理解してもらえない」「上司に意見が聴いてもらえない」などにより発生します。

仕事に生産性は「仕事のスキル×コミュニケーション」で決まります。どんなに仕事のレベルが高くても、「頼まれた仕事をなかなか聞き取れない」や「仕事の成果を上手く伝えられない」ということがあれば、それだけ仕事の生産性が落ち込みます。

すべてのことをスムーズに進めたければ、コミュニケーション能力を強化しなければならないのです。そして、コミュニケーション能力を強化したければ、聴く力を強化しなければなりません。「聴く力」を強化する方法としてコーチング・コミュニケーションがオススメです。

ビジネスのためのコーチング・コミュニケーション入門セミナー【大阪・神戸・京都】

 

 

コーチングセミナーを受講しよう

コーチング・コミュニケーション

コーチングセミナーは種類も多く、高額になることが多いため、まず体験的なセミナーを準備しているところが多いです。だからまず、気軽に受講してみてください。ただ上述したように、強引な営業には注意してください。

弊社が行っているセミナーは、コーチングスキルというよりも聴く力強化、コミュニケーション能力強化を目的としています。ぜひ弊社のコーチングセミナーにもお気軽にご参加ください。

ビジネスのためのコーチング・コミュニケーション入門セミナー【大阪・神戸・京都】