ビジネスコーチング研修を受ける

人事評価制度
ビジネスコーチング研修について
 
「コーチング・コミュニケーション研修」という形で提供させていただいております。
 
 
 
 
ビジネスコーチングとは、ビジネスの課題を対象としたコーチングです。
基本はコーチングと同じですが、テーマがビジネスに特化したものです。
 
子育てに特化したものを子育てコーチング
人生に範囲を広げたものをライフコーチングと呼びます。
 
 
ビジネスコーチングとして似たものに、エグゼクティブコーチングというものがあります。
 
エグゼクティブコーチングは経営者向けに特化したものです。
 
 
ビジネスコーチングの考え方も様々です。
弊社のビジネスコーチングは「コーチング・コミュニケーション研修」の名前のとおり、コミュニケーション能力の強化を目的としております。
 
 
受講する目的は「部下とのコミュニケーションを改善したい」というものが主になります。
 
管理職は部下とのコミュニケーションの良さで仕事の成果が変わります。
またチームをまとめることもコミュニケーションが必要です。
 
ビジネスコーチングは、管理職だけでなく全社員に学んでほしいスキルです。
 
なぜなら、会社での問題は人間関係により発生することが多いからです。
退職の理由の上位に来るのは人間関係
職場でのストレスの上位に来るのは人間関係
つまり人間関係を改善したら、会社の多くの問題が改善します。
 
人間関係つまりコミュニケーション力です。
 
「コーチング・コミュニケーション研修」はコミュニケーション力強化につながります。
 
 

ビジネスコーチング研修のメリット・デメリット

企業でビジネスコーチング研修を行うメリット・デメリットは何でしょうか?
 
コーチング・コミュニケーション研修

 

メリット

・一人当たりのコストがスクールに通う場合に比べ相対的に安い。
 
・会社のスケジュールに合わせやすい
 
・コーチングに対する理解者が増えるため、社内に浸透しやすいかも
 
・受講生にとっては費用が会社負担のため受講しやすい
 

デメリット

・講師が関われる一人当たりの時間が薄くなる。
 
・複数人数が同時に研修を受けると、業務がストップする。
 
・知ってるもの同士だからこそ本音で話せないときがある
  
・練習環境が整備しにくい。会社の強力が必要。
 
 
 

まとめ

ビジネスコーチングはコミュニケーション力強化につながります。
 
企業研修で行う場合、メリット・デメリットが存在します。
 
とても重要なことは、コーチングはとてもトレーニングが必要ということです。
 
研修を受けただけではできるようになりません。
 
研修後の練習回数が重要になります。
 
もし社員にビジネスコーチング研修を受講させる場合は、トレーニング時間の協力もご検討ください。
 
ビジネスコーチングの入門セミナー「コーチング・コミュニケーション入門セミナー」を随時開催しています。
 
ぜひご参加ください。