ビジネスコミュニケーション力強化研修セミナー【大阪・神戸・京都】

コーチング・コミュニケーション

会社が社員にもとめるビジネススキルの上位にコミュニケーション能力を挙げています。なぜなら、ビジネスにおいてチームで仕事をすることが多いからです。人と人のコミュニケーションに問題があれば、思うように仕事が進みません。ビジネスコミュニケーションが生産性向上に欠かせません。

また、社員のメンタルヘルスの問題、社員の離職率の問題の原因として、人間関係が挙げられることも多くあります。人間関係、つまりコミュニケーション不足がさまざまな問題を引き起こします。ビジネスの世界では、コミュニケーション能力アップが欠かせないのです。

そのため、ビジネスコミュニケーションの研修セミナーが増えていますが、改善が進んでいないのが現状です。まずビジネスコミュニケーションに必要なポイントを理解した上で、研修やセミナーを選ぶことが大切です。

※ビジネスコミュニケーション研修セミナー【大阪・神戸・京都】

【目次】

 

ビジネスコミュニケーション能力が求められる背景

コーチング・コミュニケーション

会社が社員に求めるスキルとして「コミュニケーション能力」が求められています。中途採用の社員に求めるスキルも「コミュニケーション能力」です。

どうして「コミュニケーション能力」が必要とされているのか説明します。

 

仕事の生産性を高める

組織で仕事を行う場合、仕事の生産性は「個人のスキル×コミュニケーション能力」で表されます。どんなに個人のスキルが高くても、ビジネスコミュニケーション能力が低ければ仕事が進みません。

どんなにIT技術が進化して、通信速度が速くなっても、人間同士のコミュニケーションがブレーキになることがあります。報連相が無い、会議で発言しない、反論ができない空気があるなどがあれば、仕事に発展性が無くなります。生産性を高めるために、社員のビジネスコミュニケーション能力が必要なのです。

 

社員の離職と休職を防止する

社員が離職したり、休職したりした場合も会社の生産性は落ち込みます。社員が退職する理由、社員がメンタルヘルスの問題で休職する理由は、人間関係が大きな要因となっています。

人間関係の悪化は、コミュニケーションの質の悪化によって引き起こされます。パワハラ、セクハラ、否定、批判、無視など、さまざまな悪いコミュニケーションにより人間関係が悪化し、社員を離職や休職に追い込みます。

職場の人間関係を改善するためにもビジネスコミュニケーション能力の強化がもとめられます。

※ビジネスコミュニケーション研修セミナー【大阪・神戸・京都】

 

 

ビジネスコミュニケーションの研修セミナーの種類

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーション能力の強化が、多くの会社の課題であるため、数多くの企業研修やセミナーがあります。一言で、ビジネスコミュニケーション研修セミナーといってもさまざまです。

コミュニケーションとは、大きく分けると「話す力」と「聴く力」にわかれます。

 

話す力を強化する研修セミナー

話す力を強化する研修セミナーは「スピーチ」「プレゼンテーション」「ディスカッション」「交渉力」「指示命令の仕方」などが存在します。多くの方が、コミュニケーション能力を高めるというと、「話す力」を強化したいと言います。

小さい頃から、人前で自己紹介したり、面接練習をしたりとして、「話す」トレーニングを重ねてきた方は多くいます。そのため、多くの方は「話す力」があります。しかし、「話す力」をつけた方がビジネスコミュニケーション能力が高まるという思い込みが強いです。

 

 

聴く力を強化する研修セミナー

ビジネスコミュニケーションで忘れられがちなのが、「聴く力」の強化です。「聴く力」が大切と言っている人も、具体的に強化する方法を知らない場合も多くあります。

「集中して耳を澄ますこと」ぐらいにしかとらえられていない場合も多いです。実際、「聴く力」を強化するセミナーは少ないです。本気で強化するなら、「カウンセリング」か「コーチング」の研修セミナーをオススメします。

※ビジネスコミュニケーション研修セミナー【大阪・神戸・京都】

 

 

ビジネスコミュニケーション研修セミナーの効果を持続させるために

デザイン思考

コミュニケーション能力が大切と言われ続けながら、ビジネスの世界で改善しない大きな要因は次の2つです。

・「話す力」に重点が置かれ、「聴く力」を忘れている
・自分はコミュニケーション能力があると思い込んでいる

「話す力」ばかりに偏ると、お互い相手を説得しようとするので、口論になります。会議であれば、話が平行線になります。そのため、コミュニケーションが上手くいかず、生産性が悪くなります。最悪、人間関係が悪くなります。

コミュニケーション能力があると思い込んでいる人は、コミュニケーションについて学ぶ意欲が発生しないため、能力が強化されません。

 

 

トレーニングを継続する

上述したように、多くの方は「話す力」のトレーニングをしてきました。そして、「聴く力」のトレーニングを忘れています。

「話す力」も上達するには、トレーニングが必要ですが、「聴く力」も上達するにはトレーニングが必要なのです。「聴く力」をトレーニングするためには、「聴く力」を正しく理解する必要があります。そうでなければ、正しいトレーニング方法が分からないからです。

 

 

聴く力に重点を置く

「聴く力」とはなんでしょう?「ちゃんと聴いてたのか?」という言葉を耳にすることがあります。ちゃんと聴いていれば、どんなに難しい話も理解できるのでしょうか?

多くの方が、「聴く力」の定義をわかっているようでわかっていません。だからこそ、放置されてきました。逆に言えば、トレーニングを積み重ねてきた「話す力」よりも「聴く力」の方が伸びしろがあります。「聴く力」を強化した方が、コミュニケーション能力強化に大きな効果が期待できます。

※ビジネスコミュニケーション研修セミナー【大阪・神戸・京都】

 

 

コーチング・コミュニケーション研修を実施中

弊社では、ビジネスコミュニケーション能力アップを目的として、コーチング・コミュニケーション研修を行っています。

ビジネスコミュニケーションのカギは「聴く力」強化にあります。

 

コーチング・コミュニケーションとは

コーチング・コミュニケーションとは、コーチングを取り入れたコミュニケーションスキルです。コーチングもコミュニケーションスキルですが、目的を「普段づかい」としています。ちなみに、コーチングの目的は、「クライアントの成長サポート」になります。

コーチングとは、相手から答えを引き出すスキルです。ティーチングやコンサルティングのように、相手に答えを与えるスキルの反対です。相手から答えを引き出すために、コーチングスキルを駆使します。このコーチングスキルを強化することによって、「聴く力」が強化されるのです。

 

 

コーチングスキルとは

コーチングスキルとは、「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるものです。

【傾聴】相手が安心して本音でたくさん話せる環境をつくる

【質問】相手の視点をコントロールし、気づきを引き出す

【フィードバック】コーチが感じたことをそのまま相手に伝え、気づきを引き出す

この3つを駆使し、相手から答えを引き出します。要するに、「相手に本音でたくさん話してもらえるようになる」スキルです。これを強化することによって、報連相や会議での発言が活発に行われるようになります。

※ビジネスコミュニケーション研修セミナー【大阪・神戸・京都】

 

 

ビジネスコミュニケーション研修セミナー受講し生産性を高めよう

人事評価制度

日本企業は、外国企業に比べて生産性が低いといわれています。ビジネスの生産性を高めるには、組織力が重要です。そして、組織力を強化するためには、コミュニケーション能力を強化する必要があります。

ビジネスコミュニケーション研修セミナーも数多くあります。目的にあった研修セミナーを受講することが大切です。多くの方が「聴く力」の強化が必要です。なぜなら、習ったことが無いからです。ビジネスコミュニケーション研修セミナーを活用して、「聴く力」の強化に取り組んでください。

※ビジネスコミュニケーション研修セミナー【大阪・神戸・京都】