離職率の高い会社と低い会社の違い-社員の退職増加を防ぐ対策

コーチング・コミュニケーション

社員の働くことに対する意識が変わり、転職が当たり前になりつつあります。企業としてはせっかく人材育成した人材に簡単に止められてしまうと問題になります。離職率の高い会社と低い会社は何が違うのでしょうか。離職率の増加を防ぐための対策について説明します。

【社員のやる気を引き出すコミュニケーションについて】

【目次】

 

離職率の高い会社と低い会社

コーチング・コミュニケーション

離職率の高い会社と低い会社が存在します。離職率の高い会社と低い会社の特徴について説明します。

 

離職率の高い会社

離職率の高い会社は、「社員の退職理由」から調べてみると良いでしょう。

リクナビネクストのアンケート結果「退職理由の本音ランキング」は以下のようになっています。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

(出典:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/4982/)

職場の人間関係の悪化や、仕事が面白くなかったなどが挙げられています。

 

離職率の低い会社

離職率の低い会社は、「社員の退職理由」の逆に考えると良いでしょう。

・上司、経営者の仕事の仕方が参考になる
・労働時間、環境に満足している
・同僚、先輩、後輩とうまくいっている
・給与が高い
・仕事内容が面白い
・社長が社員から幅広く意見をもとめる
・社風が良い
・会社の経営方針、経営状況が明確である
・キャリアアップできる
・昇進、評価が納得できる

このような要素を満たしているのではないかと思います。仕事にやりがいを感じる、仕事仲間との信頼関係があるという特徴があるのではないでしょうか。

【社員のやる気を引き出すコミュニケーションについて】

 

 

離職率の増加を防ぐ対策

コーチング・コミュニケーション

離職率の増加を防ぐ対策として行うことは、退職理由を解消していく方向性になるでしょう。その中でも「コミュニケーション改善」と「ビジョンを明確化する」が軸になります。

 

コミュニケーション改善

社員が退職する理由は、人間関係の悪化によるものが大きいです。人間関係の悪化は、コミュニケーションの質の低下によって発生します。逆に言えば、コミュニケーションの質を改善することによって、退職理由が小さくなります。コミュニケーションの質を改善し、社員同士の信頼関係を強化することが大切です。

 

ビジョンを明確化する

仕事が面白くない、仕事にやりがいがないという場合、それは仕事に目的を見失っているからです。会社の経営方針やビジョンが見えない場合、将来に不安を感じ、モチベーションが下がり、退職につながります。社員がやりがいを感じて仕事ができる、将来に対して安心がもてるようになるには、ビジョンを明確化することが大切です。

【社員のやる気を引き出すコミュニケーションについて】

 

 

1on1ミーティングでやりがいを与える

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーションの改善や、ビジョンの明確化をサポートする方法として1on1ミーティングという手法があります。1on1ミーティングで部下とのコミュニケーションの改善が進み、部下のやりがいを引き出すことが可能になります。

 

1on1ミーティングとは

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1のミーティングのことをいいます。評価面談との違いは、目的と話の主体と頻度です。目的は、部下の評価ではなく、部下のモチベーションを高め主体性を引き出すことです。そのため、話は指示命令ではなく、部下が主体で何をするのか話す場になります。頻度も週1回~月1回の高頻度で行うことで、コミュニケーションを密に行います。

 

コミュニケーション能力を強化する

部下のやりがいを引き出すのに有効な1on1ミーティングですが、どのような上司が行っても高い効果が得られるわけではありません。上司のコミュニケーション能力に大きく左右されます。1on1ミーティングは、部下の本音を引き出すことが重要ですが、信頼されていない上司は部下に本音を話してもらえません。信頼関係を強化していく必要があります。信頼関係を強化していく手法もコミュニケーション能力の改善にかかっています。

【社員のやる気を引き出すコミュニケーションについて】

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

コーチング

離職率の高さは、会社の競争力を低下させます。これまでかかった採用コスト、教育コストが無駄になります。再度同じレベルの人材に育てるまで、それだけ生産性が落ち込みます。これらを改善するためには1on1ミーティングを取り入れることがオススメです。

しかし、コミュニケーション能力の強化がもとめられます。そこで、コーチング・コミュニケーションを取り入れて、社員全員のコミュニケーション能力強化をオススメします。

【社員のやる気を引き出すコミュニケーションについて】