2代目経営者がベテラン社員に対してリーダーシップを発揮する方法

コーチング・コミュニケーション

先代から後を継いだ二代目経営者が、事業を進める中でぶつかる大きな壁があります。それは「ベテラン社員が指示に従ってくれない」という問題です。「経営改革を進めたい」と考えているのに、協力してもらうことができないため、まったく進まないといった状況です。

このような問題は、経営者が行うリーダーシップの質を変えるだけで大きく改善します。ベテラン社員に対してどのようなリーダーシップを発揮すれば良いのか、発生する原因と対処法について説明します。

【社員のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】

【目次】

 

ベテラン社員がいるときの問題

コーチング・コミュニケーション

二代目経営者として会社を承継すると「売上・利益の拡大」「業務の効率化」「資金繰り」など、さまざまな問題にぶつかります。その中でも大きな問題のひとつに、「ベテラン社員が指示に従ってくれない」ということがあげられます。ここでは、仕事の効率を低下させるベテラン社員の問題について整理します。

 

ベテラン社員が指示内容に従ってくれない

二代目経営者が承継してまず考えることは「経営状況を改善したい」「自分のやり方を浸透させたい」などでしょう。もし、経営状況が悪ければ悪いほど、その想いは強くなります。しかし、経営改革を進めようとしたとき、ベテラン社員の反発が大きな壁になることがあります。「早く改善をしたい二代目経営者」と「受け入れられないベテラン社員」の主張がぶつかって、何も決められない状態になると問題です。

ベテラン社員が二代目経営者の話を受け入れないのは以下の理由があるからです。
・これまでのやり方がベストと考えている
・過去の成功体験が忘れられない
・現状のままがよいと現状維持バイアスが働いている
・会社の業績に対する危機感が欠如している
・慣れていない新しいやり方に対する恐れがある

 

ベテラン社員に業績が依存している

二代目経営者もベテラン社員の仕事のやり方について問題に感じています。

たとえば、次のような例です。
・独断で値引きを行い、売上は上がるけど利益が下がっている
・顧客からの要望に独断で応じたことにより、取扱商品が増え、在庫も増えている
・顧客との関係を強化するために、交際費の出費が増えている

このような問題を抱えていたとしても「売上を維持していくためには必要である」と言われれば、二代目経営者は何も言い返せないかもしれません。

指示に従わないベテラン社員に対して、二代目経営者は「仕事を任せたい」と思う気持ちがなくなります。とはいえ、二代目経営者はベテラン社員に「売上」「商品開発」「ノウハウ」などの多くを依存しているため、存在を無視することができません。辞められてしまうと、会社の業績に大きな影響があるため、二代目経営者も強く注意することができません。

対して、ベテラン社員も「これまで会社を支えてきた」という自負があるため、簡単には引き下がらないでしょう。

【社員のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】

 

 

ベテラン社員問題が発生する理由

リーダーシップ

ベテラン社員は経験が長いため、会社・業界に対する知恵やノウハウが深いです。そのような貴重な存在を上手に活用することが求められていますが、二代目経営者にとって、非常に難しい問題になっています。問題が発生する要因について解説します。

 

経営者として信用されていない

上述したように、ベテラン社員は会社を成長させてきたというプライドがあります。そのため、自分よりも年下で知識・経験の浅い二代目よりも、「自分の方が正しい」と考えるのでしょう。また、知識や経験も浅い人が自分の上司となることに対する妬みが存在することもあります。粗探しをしては「創業者の方がよかった」と発言することも考えられます。

つまり、「二代目は経営者として部下から信用されていない」という見方ができます。二代目の言っていることが正論であったとしても、ベテラン社員は「二代目経営者」を受け入れたくない感情が勝ってしまうのです。たとえば、明らかにベテラン社員より知識があるMBAを取得した二代目経営者に対しても発生しています。

そのため、二代目経営者はより、「成果を見せて、ベテラン社員を納得させたい」と思っているのです。しかし、実際はベテラン社員が非協力的であり、二代目経営者は思うように成果を出すことができないといったジレンマに陥ります。

 

ベテラン社員に二代目の想いが伝わっていない

二代目経営者とベテラン社員の間でうまくコミュニケーションが取れていないと、次のような感情的な対立が生まれます。
二代目経営者「業績悪化を止められないこれまでのやり方を続けていたら経営が行き詰る」
ベテラン社員「ここまで会社を成長させてきた前経営者の経営方法で大丈夫!そのうち良くなる」
お互い自分が正しいと譲らないため、いつまでも平行線のままです。

このような対立は、会社のビジョンや危機感が共有できていないために発生します。つまりコミュニケーションの問題です。お互い相手が間違っている前提でコミュニケーションしようとしているため、対立が生まれるのです。

両者とも「会社を良くしたい」という同じ思いを持っています。だからこそ、考え方の違いや価値観を認めながらコミュニケーションをとることが大切です。なぜなら対立が解消しない限り二代目の想いは伝わらないからです。

【社員のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】

 

 

ベテラン社員に対してリーダーシップを発揮する

リーダーシップ

一言でリーダーシップといっても、さまざまな種類があります。命令して従わせることだけがリーダーシップではありません。

参考にアメリカの心理学者レヴィンが提唱したリーダーシップのタイプを以下に紹介します。
・専制型:リーダーが全て決めて指示する。
・放任型:部下が全て決めて実行する。リーダーは関わらない。
・民主型:リーダーの援助のもとメンバーで討議して決めて実行する。

実験の結果、民主型リーダーシップが最も生産性が高いとなっています。ベテラン社員と一緒に経営を考えていくという方法もあるのです。以下で詳しく見ていきましょう。

 

ベテラン社員から教えてもらおう

社内で会社・業界について、最も詳しいのはベテラン社員です。そのため、ベテラン社員から、多くの情報を教えてもらうとよいでしょう。二代目経営者自身も、「わからないことはわからないと認める」ことが大切です。

当然、二代目経営者がベテラン社員に対して「あなたは間違っている」前提で関われば、反発されるでしょう。対して、ベテラン社員に対して尊敬と感謝を示せば、快く教えてくれることが期待できます。そのとき、二代目経営者はベテラン社員に対して、「教えてくれたのはいいけど、やっぱり間違っている」と感じるときもあるでしょう。

気になる点がある場合は「〇〇のような問題が発生したときは、どのように対応すれば良いか?」を尋ねてみてください。ベテラン社員は深く追及されることで、曖昧な返事をする場合もあるでしょう。その場合も、二代目社長はベテラン社員に対して、責めることなく「会社を良くしていくために、逃げずに考えよう」という意識を共有してください。突き詰めていけば、お互い納得できる答えが出せるでしょう。ベテラン社員の存在価値を認めれば、自尊心とともにモチベーションが向上していきます。

 

 

コミュニケーションの機会を仕組みで増やす

二代目経営者とベテラン社員のコミュニケーションが上手くいかない理由に、お互い相手が間違っていると思い込んでいるところにあります。
・二代目経営者:「業績が悪いのは、ベテラン社員たちのやり方に問題がある」
・ベテラン社員:「二代目経営者は会社のことも、業界のこともわかっていない」

このような考え方で関わると、互いにぶつかり関係性が悪化します。なぜなら二代目経営者の「会社をこうしていきたい」に対して、ベテラン社員は「あなたのやり方は間違っている」と攻撃されているように感じるのです。 二代目は「こんな会社にしていきたい。そのためにはベテラン社員の助けが必要」という気持ちをもって、ベテラン社員と関わっていくことが大切です。

このようなときは、二代目経営者は理想としている会社の形を全社員に伝えて「そのためにはベテラン社員の助けが必要」という気持ちを持ちながら、関わっていくことが大切です。

ベテラン社員とコミュニケーションをとることに対して、二代目経営者は気を使うことが多いとききます。そのような場合は、「定例ミーティング」や「昼食を一緒にする」など仕組みとして機会をつくると良いでしょう。お互いの理解を深めるためには、コミュニケーションの量を確保することが大切です。

【社員のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】

 

 

認められるリーダーになる前に社員を認められるようになろう

コーチング・コミュニケーション

多くの人が、自分のことに認めてくれない人の指示には反発したくなります。二代目経営者が、自分の想いをベテラン社員に認めてもらいたいと思うなら、先に「ベテラン社員の想い」を認めてあげましょう。

二代目経営者がリーダーシップを発揮できるかどうかは、ベテラン社員を含めた全社員が二代目の想いを認めてくれるかにかかっています。お互いに認めあえるような関係構築のために、コミュニケーションの機会を増やしていくようにしましょう。

【社員のモチベーションを引き出すコミュニケーションスキル】